• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

更新日:2018年6月28日

ここから本文です。

高齢者福祉サービス

生活援助事業利用助成金の交付

骨折、退院直後などで一時的に日常動作が困難な状態にある人が、亀岡市社会福祉協議会の「くらしのサポートサービス」を利用された場合に、利用料の2分の1を助成します。

対象者

1.70歳以上の一人暮らしの高齢者

2.骨折や退院直後などで、一時的に日常生活動作が困難な状態の人

3.介護保険の要支援、要介護認定を受けていない人

助成金額

利用料に対する2分の1の額

利用時間など

1週間に3時間以内(利用期間は6カ月以内)

寝具洗濯乾燥消毒サービス

寝たきり状態や尿失禁により、寝具の衛生管理が困難な人が日常生活を快適に遅れるよう寝具(普通サイズ上下1組)の洗濯・乾燥・消毒処理をします。

対象者

1.70歳以上の一人暮らしの人、または70歳以上の人のみで構成された世帯の人

2.介護保険の要支援、要介護認定を受けている人

利用者負担額

1回あたり

乾燥・消毒…………1回あたり250円

洗濯・乾燥・消毒…1回あたり500円

利用回数

月1回以内(年12回以内)

緊急通報装置の設置

高齢者の急病や災害などの緊急事態に、すばやく適切な対応ができるように、緊急通報装置を設置します。

対象者

1.70歳以上の一人暮らしの人

2.扶養義務者が4キロ以内に居住していないこと

3.電話回線を所有していること

利用者負担額

・月額1,000円(平成30年7月から)

・生活保護世帯は無料

※通話料は別途利用者の負担となります

その他

・アパートや借家にお住いの人は家屋の所有者の同意が必要となります

・緊急時の対応を行うために鍵(2個)を預かります

設置する主な機器の例

本体、ペンダント型の緊急ボタン、ライフ監視用センサー・カード、

屋外フラッシュライト、熱感知器、煙感知器など

福祉電話の設置

緊急時の連絡手段や安否確認のために、電話をお持ちでない人に電話機を貸与します。

対象者

1.70歳以上の重度身体障害者(身体障害者手帳1,2級)

2.70歳以上のひとり暮らしの人などで3、4に該当する人

(同一居住区域内に扶養義務者がいる人を除く)

3.世帯の人全員が市府民税非課税であること

4.安否確認、日常生活に対する助言や相談、その他電話による連絡が必要と認められる人

利用者負担額

無料(毎月300円を超える通話料は利用者の負担となります)

※設置台数には限りがあります。

※電話(携帯電話を含む)をお持ちの方は対象となりません。

安心長寿の福祉助成金交付事業

上・下水道基本料金の一部を補助します。

(申請期間などについては、別途キラリ☆亀岡おしらせに掲載します。)

対象者

1.70歳以上の一人暮らしの人(平成30年11月1日現在)

2.市府民税が非課税であること

3.生活保護を受けていない人

内容

上下水道基本料金の4分の1(平成29年度第5期・6期および平成30年度1期~4期)

介護予防拠点活動支援事業

日常動作訓練や教養講座、作品づくりなど、介護予防につながる様々な事業を実施します。

対象者

1.亀岡市内に住所を有し、在宅で生活する65歳以上の高齢者

2.介護保険の要支援、要介護認定を受けていない人

3.他の者に感染させるおそれのある感染症疾患のない人

4.疾病などにより医療機関に入院して治療を受ける必要のない人

利用者負担額 無料(食事代などの実費相当分は利用者の負担となります)

利用回数

週1回程度(1回あたり2~4時間程度)※施設によって異なります。

(施設については、お問い合わせください。)

介護用品の支給

在宅で、高齢者を介護している家族の経済的な負担を軽減するため、介護用品(紙おむつ・尿とりパットなど)を支給します。

対象者

1.亀岡市内に住所を有し、在宅で生活している65歳以上の高齢者を介護している人

2.高齢者および介護者が属する世帯の人全員が市町村税非課税であること

3.高齢者が、介護保険の要介護4または5の認定を受けていること

4.介護者は、要介護高齢者と同居もしくは常時介護している配偶者および3親等内の親族であること

5.生活保護を受けていない人

支給内容

介護用品(月額6,250円を限度)を指定業者が配達します。

限度を超えた分は利用者の実費負担となります。

徘徊(はいかい)高齢者家族介護者安心事業

徘徊高齢者を在宅で介護している人に対して、位置情報端末機により所在の確認ができる機器を貸与します。

対象者

亀岡市内に住所を有し、在宅で生活している65歳以上の常時徘徊が見られる認知症などの高齢者

支援内容 位置情報端末機の貸与

利用者負担額

無料(以下の機器維持費などは利用者の負担となります)

リース料……1月あたり540円

検索料………1回あたり216円(24時間対応)

現場急行料…1回1時間あたり10,800円

在宅高齢者介護激励金の支給(要介護3)

在宅で高齢者を介護している人で、1年間介護保険のサービスを利用していない場合に年1回3万円の激励金を支給します。

対象者

1.介護保険の要介護3の認定を受けている65歳以上の高齢者(介護保険の第2号被保険者を含む)を在宅で介護している人

2.高齢者および介護者が属する世帯の人全員が市町村民税非課税であること

3.高齢者が、介護保険施設その他の社会福祉施設に入所していないこと、または申請日以前1年の間に病院などに通算して3ケ月を超えて入院もしくは入所していないこと

4.要介護認定を受けてから1年以上継続しており、申請日前1年間、介護保険のサービス(1週間程度のショートステイの利用を除く。)を利用していないこと

5.介護者は、高齢者と同居もしくは常時介護している配偶者または3親等内の親族であること

6.当該年度に家族介護者激励金の支給を受けていない人(前年度の申請の月から12ケ月経過しなければ申請できません。)

申請期間 4月1日~3月31日(土・日・祝日・年末年始を除く)
支給金額 年額3万円

家族介護者慰労金の支給(要介護4または5)

在宅で高齢者を介護している人で、1年間介護保険のサービスを利用していない場合に年1回10万円の慰労金を支給します。

対象者

1.介護保険の要介護4または5の認定を受けている65歳以上の高齢者(介護保険の第2号被保険者を含む)を在宅で介護している人

2.高齢者および介護者が属する世帯の人全員が市町村民税非課税であること

3.高齢者が、介護保険施設その他の社会福祉施設に入所していないこと、または申請日以前1年の間に病院などに通算して3ケ月を超えて入院もしくは入所していないこと

4.要介護認定を受けてから1年以上継続しており、申請日前1年間、介護保険のサービス(1週間程度のショートステイの利用を除く。)を利用していないこと

5.介護者は、高齢者と同居もしくは常時介護している配偶者または3親等内の親族であること

6.当該年度に家族介護者慰労金の支給を受けていない人(前年度の申請の月から12ケ月経過しなければ申請できません。)

申請期間 4月1日~3月31日(土・日・祝日・年末年始を除く)
支給金額 年額10万円

 

『命のカプセル(救急医療情報キット)』を配布しています。

趣旨・目的

『命のカプセル』とは、自宅で具合が悪くなり救急車を呼ぶ「もしも・・・」のときの安全と安心を守る取り組みです。救急時(119番出動)に必要な情報を専用のカプセルの中に入れて家庭の冷蔵庫に保管していただきます。救急時に本人などが症状などを説明することができない場合に、救急隊員がカプセルに保管された情報を確認することで、適切で素早い救急活動に役立てます。

1.『命のカプセル』に保管するもの

  1. 救急医療情報シート(かかりつけ医療機関」「服薬内容」「病歴」「緊急連絡先」などを記入してください。)
  2. 薬剤情報提供書・健康保険証や診察券のコピーなど必要な情報

*命のカプセル表示シートには名前を記入して、名前が見えるように丸めてカプセルに入れてください。

*救急医療情報シートには必要事項を記入して、カプセルに入れてください。

2.配布対象者

一人暮らしおよび高齢世帯の70歳以上の人が対象となります。(その他、身体的に不安を抱える高齢者の人にもお配りしています)

3.保管場所など

冷蔵庫の中のドアポケットなど分かりやすい場所に保管してください。冷蔵庫はほとんどのご家庭の台所にあるので、かけつけた救急隊員がすぐに『命のカプセル』を探し出すことができます。また、カプセルがあることを救急隊員に知らせる目印として、冷蔵庫の正面と玄関ドアの内側にステッカーを貼ってください。

4.保管情報の更新など

適切な処置が受けられるように、カプセルに保管する情報などは最新のものに更新してください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢福祉課高齢者係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5032

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る