• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 広報 > 報道発表 > 定例記者会見 平成27年10月7日

更新日:2016年3月31日

ここから本文です。

定例記者会見 平成27年10月7日

会見内容

(1)市制60周年記念 亀岡市自治振興式典の開催について

(2)亀岡市・スティルウォーター市姉妹都市盟約30周年記念事業及び亀岡市制60周年記念姉妹都市・友好交流都市訪問団招へい事業について

(3)「ひかる」まちなみプロジェクト実施事業について

1 市制60周年記念 亀岡市自治振興式典の開催について

1.開催趣旨  市制60周年の記念すべき節目の年にあたり、市政にご功労いただいた方々や市に対して篤志をいただいた方々を表彰し、市民とともに感謝の意を表し、併せて市政の更なる 発展を期して、姉妹友好都市の方々をお招きするなど、規模を拡大し開催する。

 

2.日 時   平成27年11月23日(月・祝) 勤労感謝の日

午前10時~午後0時20分(予定)

(受付は午前9時から)

 

3.場 所   ガレリアかめおか 1階 コンベンションホール

 

4.参加予定者数  約600名

(受賞者61組、自治功労者、市議会議員、各種団体長等)

 

5.受賞者数(61組)内訳

・篤志者  5組

・市政功労者(行政分野)      34組

・市政功労者(福祉・医療分野)    4組

・市政功労者(文化・スポーツ分野)  2組

・市政功労者(経済産業分野)     3組

・市政功労者(環境保全分野)     1組

・感謝状  12組

6.受賞者記念品 

・篤志者・市政功労者・・・表彰状・楯

・感謝状贈呈者・・・感謝状・額縁

7.その他の催し〈参考〉

・華道協会による華道展(2階大広間〉

・茶席(市役所茶道部)(1階ロビーギャラリー)

2 亀岡市・スティルウォーター市姉妹都市盟約30周年記念事業及び亀岡市制60周年記念姉妹都市・友好交流都市訪問団招へい事業について

■亀岡市・スティルウォーター市姉妹都市盟約30周年記念 亀岡市訪問団

 亀岡市は、4カ国の都市と姉妹都市・友好交流都市盟約を締結しています。これらの都市とは、これまでも盟約締結の周年には訪問団を派遣・招へいする等の相互交流を行い、友好を深めてきました。

姉妹都市の一つであるアメリカ合衆国スティルウォーター市は、昭和60年11月に姉妹都市盟約を締結し30周年の記念の年を迎えます。今回、スティルウォーター市より訪問団の招へいを受け、亀岡市より訪問団を派遣します。

 

1 訪問期間  平成27年10月22日(木)~10月28日(水)7日間

         

2 訪問団員   勝見 彰       亀岡市副市長

              西口 純生      亀岡市議会議長

              ミシェル リオング  亀岡市国際交流員    計3名

 

3 日  程 10月22日(木) 関西空港を出発

          10月23日(金) 市内施設視察

          10月24日(土) オクラホマ州立大学ホームカミング祭

行事出席

          10月25日(日) 姉妹都市盟約締結30周年記念式典出席 

          10月26日(月) 市役所訪問、市議会出席

 

■亀岡市制60周年記念姉妹都市・友好交流都市訪問団招へい事業

 平成27年度は、市制60周年の記念の年であり、4カ国の姉妹都市・友好交流都市訪問団を招へいし、市制60周年を共に祝い、未来に向かってさらなる友好の絆を深める機会としたいと考えています。

訪問団滞在中は、亀岡国際交流協会主催による交流事業、市内施設訪問や、市民参加の事業を実施し、姉妹都市・友好交流都市を身近に感じていただくと共に、国際理解や平和への意識の高揚を図ります。

 

1 招へい期間  平成27年11月21日(土)~26日(木) 6日間

※蘇州市は11月22日(日)~24日(火)のみ滞在

 

2 招へい人数  クニッテルフェルト市(オーストリア)5名、ジャンヂーラ市(ブラジル)1名、スティルウォーター市(米国)5名、蘇州市(中国)6名 

計17名

3 日 程    11月21日(土)  到着

11月22日(日)  歓迎レセプション

11月23日(月・祝)市制60周年記念式典、市民交流事業出席

11月24日(火)  市内施設訪問、国際交流関係者との交流

11月25日(水)  亀岡市、京都市内視察、さよならパーティー

11月26日(木)  帰国

 

4 訪問団員

姉妹都市:クニッテルフェルト市(昭和39年4月14日盟約) 5名

1.Gerald SCHMID(ジェラルド・シュミッド) クニッテルフェルト市長      男性

2.Rene JÄGER(レネ・イェーガー)     クニッテルフェルト市議会議員  男性

3.Jürgen ZOPPER (ユルゲン・ツォッパー) クニッテルフェルト市議会議員   男性

4.Franz MOHARITSCH(フランツ・モハリッチュ) クニッテルフェルト市議会議員 男性

5.Petra TRUNKL(ペトラ・トランクル)     クニッテルフェルト市担当者      女性

 

姉妹都市:ジャンヂーラ市(昭和60年11月3日盟約) 1名

1.Walter Eduardo Martins(ワルテル・エドゥアルド・マルティンス)

ジャンヂーラ市工商業部長 男性

姉妹都市:スティルウォーター市(昭和60年11月3日盟約) 5名

1.Gina Noble(ジナ・ノベル)     スティルウォーター市長         女性

2.Pat Darlington(ペト・ダリングトン)スティルウォーター市副市長     女性

3.Larry Jones(ラリー・ジョーンズ)  市姉妹都市委員会委員長           男性

4.Kayo Jones(カヨ・ジョーンズ)    ラリー・ジョーンズ夫人          女性

5.Pam Evans(パム・エバンス)     ジナ・ノベル市長の母            女性

 

友好交流都市:蘇州市(平成8年12月31日盟約) 6名

1. 兪 峰(ゆ ほう)       蘇州市人民政府外事弁公室 副主任             女性

2. 張菊娥(ちょう きくが) 蘇州市人民代表大会常務委員会 副秘書長       女性

3. 戴玲芬(だい れいふん) 蘇州市人民代表大会常務委員会人事代表連絡工作委員会 主任  女性

4. 張 鳴(ちょう めい)  蘇州市人民政府対外友好協会 秘書長           男性

5. 戚永左 (せき えいさ) 蘇州市総工会生活保障部 主任                 男性

6. 庄 泓 (そう おう)  蘇州市人民政府外事弁公室科員、通訳           女性

 

 

3 「ひかる」まちなみプロジェクト実施事業について

 

「ひかる」まちなみプロジェクトは2011年の国民文化祭の継承事業として平成25年度から実施しています。

大学生との協働で、山鉾町を照らす「オリジナルあんどん」を製作するプロジェクトと、能や狂言の演目を題材にした仮装を行い、人々を楽しませた練り物を再現する「亀岡祭り解体新書プロジェクト」を実施します。

 

と き  平成27年10月23日(金)・24日(土) 午後6時~9時頃

ところ  【あんどん披露】 北町・紺屋町・塩屋町一帯(23日・24日)

【舞台発表】   京町天満宮会場 (24日)

主 催  「ひかる」まちなみプロジェクト実行委員会

 

■オリジナルあんどん披露

平成25年度から山鉾町オリジナルあんどんを製作してきました。

これまで、羽衣山(西竪町)、八幡山(西町)、浦島山(呉服町)のあんどんを製作し、今年度は鍬山(北町)、武内山(紺屋町)、蛭子山(塩屋町)のあんどんを南丹市にある京都美術工芸大学の学生との協働で製作し、披露します。

亀岡祭の山鉾町のオリジナルあんどんは、「亀岡祭 あんどんの路」として、山鉾町10町のあんどんが出揃います。

亀岡駅観光協会ショーケースでは、各山鉾町のオリジナルあんどん10基を10月10日~25日まで展示します。

 

 

■「京町天満宮」会場

 

特設舞台を設置し、亀岡祭にちなんだ仮装やパフォーマンスなどを披露します。

10月24日(土) 午後7時~9時

・風流仮装コンテスト

※亀岡にゆかりのある人物や亀岡にちなむ事柄に扮した仮装を披露します。

・あんどん披露

※京都美術工芸大学学生によるあんどん披露

・舞台発表 

※音楽やダンスの発表

・大抽選会

 

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る