• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 広報 > 報道発表 > 定例記者会見 平成27年8月31日

更新日:2016年3月31日

ここから本文です。

定例記者会見 平成27年8月31日

会見内容

(1)平成27年9月亀岡市議会定例会の議案について

(2)亀岡市行財政改革プラン2010‐2014 平成26年度実施計画取組結果及び5年間の主な取組成果について

(3)京都サンガF.C.西京極ホームゲーム「亀岡市応援デー」について

(4)「亀岡サッカーデー~京都サンガフェスタ」について

(5)インターナショナル セーフスクール(ISS)認証式及びシンポジウムについて

(6)亀岡市防犯カメラ設置事業補助金交付要綱の創設について

(7)こども医療費助成制度の改正について

1 平成27年9月亀岡市議会定例会の議案について

 

1 議  案

 

(予算関係)

(1)平成27年度亀岡市一般会計補正予算(第2号)

(2)平成27年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

(3)平成27年度亀岡市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 

(条例制定関係)

(1)議会の議員及び非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

(2)亀岡市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について

 

(決算認定関係)

(1)平成26年度亀岡市一般会計及び各事業特別会計決算認定について

(2)平成26年度亀岡市上水道事業会計決算認定について

(3)平成26年度亀岡市下水道事業会計決算認定について

(4)平成26年度亀岡市病院事業会計資本金の額の減少及び決算認定について

(5)平成26年度亀岡市亀岡財産区ほか29財産区特別会計決算認定について

 

(契約関係)

(1)亀岡市立川東小学校・高田中学校改築工事(建築)(Ⅲ期)請負契約の締結について

 

(その他)

(1)市道路線の認定及び廃止について

 

2 報  告

 

(予算関係)

(1)平成26年度亀岡市一般会計予算の継続費精算報告について

 

(地方自治法第180条関係)

(1)起訴前の和解について

(2)起訴前の和解について

(3)起訴前の和解について

 

2 亀岡市行財政改革プラン2010‐2014(行財政健全化プログラム) 平成26年度実施計画取組結果及び5年間の主な取組成果について

 

1 概 要

 平成22年3月に策定した『亀岡市行財政改革プラン2010-2014(行財政健全化プログラム)』と平成22年度から26年度までの実施計画に基づき、様々な行財政改革に取り組んできましたが、本計画も平成26年度で終了となりました。 

 つきましては、平成26年度実施計画の年間取組結果がまとまりましたので5年間の主な取組結果とあわせて公表します。

  本プランは、「3つの柱」と「6つの推進項目」を基に改革に取り組んできました。

 

2 取組結果

 平成26年度は同プランに基づき57項目に取り組み、48項目(84.2%)が目標以上の進捗率となりました。

 今回、目標を達成することができなかった取組事項については、目標達成に向けて、今後も職員一丸となって取り組みます。

   

平成26年度進捗状況一覧 

大分類

(3つの柱)

中分類

(6つの推進項目)

計画進捗率未満となっている

取組事項数

計画進捗率どおり進んでいる

取組事項数

計画進捗率よりも進んでいる

取組事項数

合計

取組事項数

1

1

0

4

0

4

2

0

2

0

2

2

1

0

11

0

11

2

8

14

4

26

3

1

1

8

0

9

2

0

4

1

5

合計取組事項数

9

43

5

57

割合(%)

15.8

75.4

8.8

100

 

84.2%

 

 

 

 【5年間の主な取組結果の概要】

 (1) 市民参加と協働のまちづくり

様々な活動を展開していただくための市民活動団体への支援制度において、平成22年度から25年度の4年間で目標以上の交付件数となりました。

市民参画による事務事業分析(協働事業)の導入においては、課題解決の成果が得られる協働を支援するため、具体的な施策および行動計画を定めた「第2次亀岡市まちづくり協働推進実施計画」が策定されました。

セーフコミュニティの推進では、世界基準の安全安心を獲得するため、インターナショナル・セーフスクール(ISS)取り組み開始の宣言を行った小学校・保育所(園)との協働による活動を進めています。

(2) 健全で効率的な行財政運営の推進

市民から信頼される効率的な組織運営及び多様化するニーズに対応するため、各外郭団体の「財団法人から公益財団法人化」への見直しを行いました。、また、スポーツを通じて、まちの活性化を図るため、元旦ロードレースの見直しを行い、新たに「京都亀岡ハーフマラソン」として、開催が決定しました。

普通財産の活用・処分では、未利用地の売却による収入確保が進み、売却額は平成22年度:4億1,900万円、平成23年度:5億4,000万円、平成24年度:3億4,000万円、平成25年度:1億6,200万円、平成26年度:2億5,500万円、合計で17億1,600万円となりました。 

各税・料金などの収納率の向上においては、京都地方税機構への移管、収納方法の拡大を行い、収納率の向上と効率化に努めています。

 

(3)組織・マネジメントの改革と職員の意識改革

組織・機構を再編し、効率的な事務執行を図るとともに、当初予算編成での上限額制の実施や経常経費の削減、管理職手当の減額を行いました。

 

能力開発等の充実・拡大においては、職員の資質向上と能力開発のための研修機会の充実を図り、より一層の市民サービスの向上に努めています。

 

平成22年度から26年度の取組成果(実績効果額) 

これまでの取り組みの成果(実績効果額)は、平成22年度から26年度までの5年間で、収納率の維持・向上、外郭団体の見直しとして財団法人から公益財団法人化、公有財産の有効活用などを中心に、約29億1,200万円の成果となりました。平成24年度からの効果額の減少は、未利用地の土地売却を早期に進めたことが大きく影響しています。

 

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

合計

実 績

効果額

(千円)

946,000

972,000

370,000

323,000

301,000

2,912,000

 

 今後も、行財政改革を進めるため、平成27年度から31年度までの5カ年を計画期間とする「亀岡市行財政改革大綱2015-2019」及び実施計画に基づき、市民の皆さんの信頼を得ながら、将来にわたり「持続可能な行財政運営」を行っていくため、市民と行政が目標を共有し、総意工夫によって行財政改革を推進してまいります。

 

3 京都サンガF.C.西京極ホームゲーム「亀岡市応援デー」について

 

平成27年9月23日の京都サンガF.C.西京極ホームゲームはホームタウン亀岡市の「亀岡市応援デー」として開催されます。

当日は、たくさんの亀岡市民と一緒に京都サンガF.C.を応援します。

また、サンガフレンズスクエア内でも亀岡市のブースを出店し、ホームタウンとして京都サンガF.Cの試合を盛り上げていきます。

 

○サンガフレンズスクエア内で亀岡市ブース出展

・午後2時~午後5時まで 

・亀岡物産品の販売(あられや黒豆菓子)や観光PR等。明智かめまるも登場します。

 

○市民観戦事業の実施(バス無料)

(申込)9月2日(水)~16日(水)の間に市体育協会まで

 15時 亀岡市役所出発

 

○亀岡市民観戦ご招待

・「キラリ☆亀岡おしらせ」8月15日号掲載記事

 50組100名様 ご招待(9月11日締切・申込み先:京都パープルサンガ)

 

○亀岡市民観戦チケット特別優待

・「キラリ☆亀岡おしらせ」9月1日号掲載記事 

・亀岡市応援デー観戦チケット優待チラシ

(各小・中学校、亀岡市立幼稚園、各公・私立保育園配布)

上記をサンガフレンズスクエア内チケット総合センター④窓口に提示いただくと観戦チケットが優待価格で購入いただけます。

SB自由席大人当日2,570円→1,280円、小中高校生当日1,280円→640円 

 

○栗山市長花束贈呈

当日開催される京都サンガF.C. vs ファジアーノ岡山の試合で栗山市長がサンガの選手に花束を贈呈します。

 

○エスコートキッズ募集

スタメンの選手と手をつないでピッチに入場するエスコートキッズに亀岡市民招待

・「キラリ☆亀岡おしらせ」9月1日号掲載記事 5名募集(9月14日締切)

 

4 2015亀岡サッカーデー~京都サンガフェスタ~について

 

 「京都サンガF.C.」のホームタウンであります本市は、両者が協力し合い積極的にスポーツの普及や、青少年の健全育成、地域の活性化などを推進するため、その一つの取り組みとして、今回で第3回目となる「2015亀岡サッカーデー~京都サンガフェスタ~」を開催します。

市民と、京都サンガF.C.とのコミュニケーションの輪を大きく広げ、より豊かで活力ある地域社会の実現に向けて、今後もスポーツによる賑わいのあるまちづくりを推進してまいります。

 

〇とき   9月26日(土) 午前8時45分~午後4時20分(予定)

〇ところ  亀岡運動公園競技場

〇主な内容   ①幼児から高校生までを対象とした、サンガ選手が指導する「サッカー体験教室」(250名の参加を予定)

②市内のグラウンド・ゴルフ愛好者とサンガスタッフと一緒になって楽しむ「サンガカップ第3回グラウンドゴルフ大会」

③「京都サンガF.C.選手サイン会」

 

〇主催    亀岡市、(公財)亀岡市体育協会、(株)京都パープルサンガ

 

5 インターナショナル セーフスクール(ISS)認証式及びシンポジウムについて

 

  主 旨

亀岡市は、「セーフコミュニティかめおか」の新たな取り組みとして、平成25年9月から「インターナショナル セーフスクール」の認証取得を目指した活動を、市内の小学校と保育所(園)、10カ所で取り組んできました。

その中、6月30日から7月3日にかけて、WHO協働センターの国際認証審査員による審査を受けた結果、小学校と保育所(園)は高い評価を受け、認証取得の内示を受けたところです。

ついては10月3日、ISS国際認証審査員と学校・保育所、保護者、地域等関係者が一堂に会して、認証式典を開催します。

 

日 程  平成27年10月3日(土)

 

対象校等 亀岡市立曽我部小学校 ・ 社会福祉法人 倣襄会 亀岡あゆみ保育園

亀岡市立8保育所(本梅・東本梅・川東・中部・東部・第六・別院・保津)

         

開催場所 曽我部小学校 及び ガレリアかめおか

 

内  容

 午前 ①曽我部小学校認証式(曽我部小学校体育館):午前9時30分~11時

    ・開式のことば

    ・セーフスクール合意書署名式

    ・認証報告(審査員)及び認証盾・旗授与

    ・地域代表、児童代表等あいさつ

    ・閉会

 

 午後 ②亀岡あゆみ保育園及び市立保育所 認証式及びシンポジウム

(ガレリアかめおかコンベンションホール):午後1時15分~3時45分

   認証式

        ・ビデオ放映

    ・市長あいさつ

    ・セーフスクール合意書署名式及び認証盾・旗授与

    ・認証報告(審査員)

    ・所長あいさつ及び認証経過報告(取組保育所代表所長)

    ・祝辞及び来賓紹介

    ・閉会

シンポジウム(コンベンションホール)

     ・取組報告

        ・保育所園児による活動発表

 

6 亀岡市防犯カメラ設置事業補助金交付要綱の創設について

 

防犯カメラは、全国的にも犯罪捜査に活用され、事件の解決に重要な役割を果たしているほか、防犯という観点から、犯罪そのものの抑止にも大きな効果を発揮しています。

亀岡市では、これまでに、市内のJR4駅周辺や都市公園などに防犯カメラを設置し、防犯対策を進めるとともに、周辺住民のみなさんにアンケート調査を実施してきました。結果、多くの方々に安心感を持っていただいており、さらに今後も補助制度の創設による各地域での設置を含め、防犯カメラの設置を望む声が多く寄せられていました。

そこで、地域との連携による街頭犯罪の防止を目指し、自治会等が行う地域防犯活動の一環として、防犯カメラを設置する事業を支援する「亀岡市防犯カメラ設置事業補助金交付要綱」を創設しました。

 

施行日  平成27年8月4日(告示第167号)

補助対象団体  自治会・区をはじめ一定の地域を基盤に活動を行う防犯組織

             ※次の要件を満たす組織

             ①一定の地域を基盤とし、地域に根ざした活動をしていること。

             ②活動を行う地域の多数の世帯・住民で構成されていること。

             ③活動を行う地域の世帯・住民が自由に加入できること。

             ④規約及び代表者を定めていること。

補助対象経費      ①映像撮影機器(カメラ)、映像表示機器(モニター)、映像記録機器(ハードディスクレコーダー等)又はその他の防犯カメラシステムを構成する機器の購入に要する経費

                ②機器の取付け又は設置工事に要する経費

             ※維持管理経費は補助対象になりません。

補助金額等            ◆補助対象経費の1/2

                ◆1台当たりの限度額は50,000円

                ◆同一の団体が一の年度に受けることができる補助金は、3台分を限度とします。

 カメラの管理/運用  ◆ 防犯カメラ管理運用規程の作成

                京都府の「防犯カメラの管理・運用に関するガイドライン」に基づく規程を作成しておく必要があります。

 

7 こども医療費助成制度の改正について

 

 

子育て支援策として、保護者の皆さまの医療費負担の軽減と医療費助成制度の利便性の向上を図るため、通院費に係る医療費の助成を原則、償還払い(※1)から現物給付(※2)に変更します。

 

 

実施時期  平成27年9月1日(火)以降の診療分から

 

対象者   小学生・中学生(の通院費)

 

助成内容   小学生・中学生の通院医療費について、1医療機関のみ受診される場合、1カ月1医療機関3,000円を超えた額を現物給付(※2)により助成します。

なお、通院について、複数の医療機関を受診し、1カ月の医療保険自己負担額が合算して3,000円を超える場合は、従来どおり償還払い(※1)により医療費助成を行います。

 

 

※1 償還払い 医療機関窓口で医療保険の自己負担額(原則3割)を支払った後、市役所窓口での申請手続を行ったうえで、負担した医療費の返還を受ける方法

 

※2 現物給付 医療機関窓口で受給者証と健康保険証を提示することで、定められた自己負担額(1医療機関3,000円)を除いて、医療保険の自己負担額(原則3割)を負担することなく、医療受診できる方法

 

 

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る