• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 広報 > 報道発表 > 定例記者会見 平成27年7月7日

更新日:2016年3月31日

ここから本文です。

 

定例記者会見 平成27年7月7日

会見内容

(1)亀岡市職員採用試験(平成28年度採用)の概要について

(2)平和の取り組みについて

(3)平成27年度亀岡市総合防災訓練について

 

1 亀岡市職員採用試験(平成28年度採用)の概要について

 

1 受験申込受付期間

  平成27年7月1日(水)から8月7日(金)まで

 

2 試験実施予定日

区分

時期

会場

1次試験

9月20日(日)

ガレリアかめおか

発表(1次)

10月上旬

2次試験

10月上旬

亀岡市内

3次試験

11月下旬

亀岡市内

最終合格発表

12月中旬

 

3 採用予定人数

試験区分

採用予定人数

受験資格年齢

行政

事務Ⅰ(上級)

25人程度

22~26歳
事務Ⅱ(民間経験) 30歳まで(民間経験5年以上)
事務Ⅲ(初級) 18~21歳
学芸員Ⅰ(上級)※

若干名

35歳まで(有資格者)
学芸員Ⅱ(上級)※ 30歳まで(有資格者)
土木Ⅰ(上級)

若干名

22~26歳
土木Ⅱ(民間経験) 35歳まで(民間経験3年以上)
土木Ⅲ(初級) 18~21歳

保育士

若干名

20~24歳(有資格者・取得見込者)
(職務経験2年以上の者は35歳まで)

保健師

1名

36歳まで(有資格者・取得見込者)

※1 埋蔵文化財関係

※2 博物館等の歴史分野の調査等

 

4 求める人物像

  (全般) 亀岡を愛する人

             勇気・元気・やる気を持って自らチャレンジできる人

            幅広い知識と柔軟な感性を持った人

            市民と協働してまちづくりを進められる人

(経験者)民間企業での経験を生かして即戦力として活躍できる人

 

5 昨年度との変更点

 【プレゼンテーション試験の実施】

  本年度から、集団面接試験(専門職・行政(学芸員)を除く)に替えて、行政現場で求められる説明力・説得力・表現力・考察力等の評価に主眼を置いたプレゼンテーション試験を導入し、より人物・能力重視の採用に努めます。

   【専門試験の廃止】

  技術職員(行政土木Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)の募集については、近年、応募が減少していることから、受験者が受験しやすい試験内容とするため、本年度から専門試験に替えて教養試験を実施します。

 

2 平和の取り組みについて

【趣旨】

 亀岡市は、日本国憲法の平和の精神に基づき、昭和30年、市制発足の年に、全国の諸都市にさきがけ、「世界連邦平和都市」を宣言し、平成22年には、「核兵器廃絶」の趣旨を込めた「世界連邦・非核平和都市」を新たに宣言。毎年8月を「平和月間」と位置付け、平和の取り組みを進めてきました。

 本年は、本市においては市制60周年であり、また我が国においては戦後・被爆70年という節目の年にあたります。今あらためて、今日平和であることに感謝し、本市が目指す都市像である「安全・安心笑顔と絆の しあわせ実感都市 かめおか」となることを願うとともに、「安全・安心」のまちづくりの根幹をなす世界恒久平和の実現を願うこととします。

 

【平成27年度主な事業内容】

◎平和祈念式典 

*開催日時 8月7日(金)午前11時40分~

  ・ 広島で被爆した樹木「アオギリ」の苗木の植樹。

   ・「世界連邦・非核平和都市宣言」の宣言文を式典参加者全員で唱和。

   ・平和の歌「うつくしもの」を式典参加者全員で合唱。

   ・平和の誓い 「“ヒロシマ”に学ぶ親子平和の旅」参加親子による平和の誓いの朗読。

 ◎“ヒロシマ”に学ぶ親子平和の旅

  ・ 市内小学生親子が広島を訪れ、平和記念資料館の見学や被爆体験の講話を通じて平和学習を行う。(今年で第13回目)

*実施期間 7月26日(日)~27日(月)

*事前学習会 7月17日(金)

◎「世界連邦・非核平和都市宣言」の周知・啓発

 ・被爆ピアノ平和コンサートの開催(8月29日(土))

 ・平和月間の8月を中心に「世界連邦・非核平和都市宣言」、「平和の標語」の懸垂幕を市庁舎懸垂幕塔に提出するなど市民にPR。(提出予定:8月)

◎平和のコスモス園事業

 ・平和の歌「うつくしもの」を通じて、岡山市内の中学校と交流があった本市中学校(詳徳中学校)の生徒が、7月上旬にコスモスの種を市内の農地に蒔き、平和をPR。今年度は詳徳小学校と合同で実施。

3 平成27年度亀岡市総合防災訓練について

  ≪基本方針≫

【目 的】

  亀岡市総合防災訓練は、大規模災害発生時において円滑な防災活動が実施できるよう、防災関係機関相互及び市民との協力体制の確立に重点を置くとともに、近年においては東日本大震災により原子力災害が発生したことから「多様な災害への対応」と「市民が自ら考え、自らが行動する」ことを目的に加え実施してきた。

  しかし、平成25年9月には台風第18号の襲来により、昭和47年以来40年ぶりの大規模な水害を経験するとともに、局地的豪雨とそれに伴う土砂災害の不安が高まり、加えて東海沖から四国沖にかけての「南海トラフ」を震源とする巨大地震や活断層を震源とする内陸型地震の発生も危惧される状況にある。

  このため、平成27年度亀岡市総合防災訓練は、これまで以上に市民をはじめ多数の主体が積極的に参加・連携できる訓練とし、地域住民が地域の特性に応じ、自らが必要と考える防災知識と技術をさらに習得・習熟し、自らが参加・行動し築きあげるより実践的、効果的な総合防災訓練をめざす。

 

【訓練の主眼】

(1)いかに備えるかを考える訓練に

(2)自らが参加し、行動する訓練に

(3)より実践的、効果的な訓練を

 

【主 催】 亀岡市防災会議

 

【日 時】 平成27年9月5日(土)

      午前6時30分から正午まで

 

【会 場】 大堰川緑地東公園周辺及び各地域拠点会場

 

【訓練項目】

(1)風水害対応訓練

(2)土砂災害対応訓練

(3)地震対応訓練

 

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る