• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 広報 > 報道発表 > 定例記者会見 平成26年5月23日

更新日:2016年3月31日

ここから本文です。

定例記者会見 平成26年5月23日

会見内容

(1)平成26年6月亀岡市議会定例会の議案について

(2)京都サンガF.C.西京極ホームゲーム『亀岡市応援デー』について

(3)「亀岡生き物大学」の研究員募集について

 

1 平成26年6月亀岡市議会定例会の議案について

 

1 議 案

 

(予算関係)

(1)平成26年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)

(2)平成26年度亀岡市病院事業会計補正予算(第1号)

 

(条例制定関係)

(1)亀岡市庁舎使用料条例の一部を改正する条例の制定について

(2)亀岡市税条例などの一部を改正する条例の制定について

(3)亀岡市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について

(4)亀岡市いじめ防止対策推進委員会条例の制定について

(5)亀岡市いじめ調査委員会条例の制定について

(6)亀岡市消防団員退職報償金条例の一部を改正する条例の制定について

 

(その他)

(1)亀岡市南つつじケ丘コミュニティセンターに係る指定管理者の指定について

(2)町の区域および名称の変更について

(3)旧慣による財産区有財産の使用権の変更について

(4)和解に係る損害賠償額の決定について

(5)市道路線の認定および廃止について

 

2 報 告

 

(予算関係)

(1)平成25年度亀岡市一般会計予算継続費の逓次繰越しについて

(2)平成25年度亀岡市一般会計予算の繰越明許費について

(3)平成25年度亀岡市地域下水道事業特別会計予算の繰越明許費について

(4)平成25年度亀岡市上水道事業会計予算の繰越しについて

(5)平成25年度亀岡市下水道事業会計予算の繰越しについて

(6)平成25年度亀岡市病院事業会計予算の繰越しについて

 

 (地方自治法第179条関係)

(1)亀岡市税条例の一部を改正する条例の制定について

 

(地方自治法第180条関係)

(1)損害賠償額の決定について

(2)損害賠償額の決定について

(3)亀岡市立亀岡小学校耐震補強・大規模改修工事(③棟)建築請負契約の変更について

 

2 京都サンガF.C.西京極ホームゲーム『亀岡市応援デー』について

平成26年5月24日の京都サンガF.C.西京極ホームゲームは「亀岡市応援デー」として開催されます。

当日は、たくさんの亀岡市民と一緒に京都サンガF.C.を応援します。

また、サンガフレンズスクエア内でも亀岡市のブースを出展し、ホームタウンとして京都サンガF.Cの試合を盛り上げていきます。

 

〇サンガフレンズスクエア内で亀岡市ブース出展

・午前11時~午後2時まで 

・亀岡物産品の販売(あられや黒豆菓子)や観光PRなど。明智かめまるも登場します。

 

〇市民観戦事業の実施

 無料市民観戦事業:バス2台 亀岡市民81名(定員80名)

 ※「亀岡市役所京都サンガF.C.応援隊」(亀岡市役所職員有志による応援クラブ)も、別のバスで応援に行く予定です。

 

〇亀岡市民の観戦チケット特別優待

次の1.または2.をサンガフレンズスクエア内チケット総合センター4番窓口に提示いただくと観戦チケットが優待価格で購入いただけます。

1.「キラリ☆亀岡おしらせ」5月1日号掲載記事 

2.亀岡市応援デー観戦チケット優待チラシ

(各小・中学校、亀岡市立幼稚園、各公・私立保育園配布)

優待価格:SB自由席大人当日2,570円→1,280円、

小中高校生当日1,280円→640円 

 

〇栗山市長キックイン

当日開催される京都サンガF.C. vs ザスパクサツ群馬の試合は栗山市長がキックインされた試合球で行われます。

 

〇ウェルカムハイタッチ、エスコートキッズ

バスから降りて控え室に向かうサンガ選手たちを激励するウェルカムハイタッチや

スタメンの選手と手をつないでピッチに入場するエスコートキッズに亀岡市民を招待します。

 

3 「亀岡生き物大学」の研究員募集について

 【主旨・目的】

亀岡は豊かな自然の中で人間と多くの生き物達が関連しながら暮らす共生の自然文化が宿っています。これは、日本の貴重な財産であります。

この素晴らしい亀岡の宝物を次世代に引き継いで行くことが、亀岡の自然環境の保全につながると思います。

それには、まず亀岡の自然環境の素晴らしさを子どもや大人が共に少し専門的なことも含めて学び、語らい、五感を通して亀岡の素晴らしさを再発見することです。 

そして、地球環境に優しい、人と生き物の共生社会を夢見て、環境保全に向けて少しずつ行動につなげて行きたいと考えます。その機会ときっかけづくりとして「亀岡生き物大学」を創設しました。

 

【事業概要】

少し専門的に学ぶ必要があるので、大学やNPOなどの専門家の助言・指導を得ながら魅力的で質の高い環境学習プログラムを提供します。

◆年間11回開催予定

7月12日(土曜日)・・・開校式

7月~12月の間に亀岡の山や川などに出かけて体験・体感を通じて色々な環境問題などを学ぶ

12月20日(土曜日)・・・閉校式

 ◆募集内容

1.募集期間 6月20日(金曜日)まで

2.参加対象および人数

 ◆子どもと保護者あわせて50~80人程度

 初級コース:小学1年生~中学3年生とその保護者(中学生の場合は本人のみ)・・・50人程度

 中級コース:平成25年度生き物大学初級修了者の子どもとその保護者・・・20人程度

 上級コース:平成25年度生き物大学上級修了者の子どもとその保護者・・・10人程度

 マスターコース:平成25年度生き物大学上級修了者の子どもとその保護者・・・若干名

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る