• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2018年5月16日

ここから本文です。

市長への手紙(福祉・健康について)

福祉・健康
手紙の内容(要旨) 返事(要旨) 担当課
障害者就労支援サービスの個人負担について
就労支援サービス事業所を利用するにあたり、個人負担に違いがあるのはなぜか。
女性
国により、利用料の原則1割を利用者の自己負担とすることが定められていますが、重い負担とならないよう、所得に応じて月額の負担上限額が決定され、月内に利用したサービス料が上限を超えた場合でも、上限額以上の負担は生じません。所得区分により国の基準に従い、利用者負担を定めています。障害福祉サービスについては、障害福祉課障害者給付係に、気軽に御質問・御相談ください。
障害福祉課
敬老会に参加して
とても楽しみましたので今後も継続してほしい。
80代女性
毎年の敬老事業を楽しみにしていただいており、今年の敬老事業についても大いに楽しまれた御様子で、大変嬉しく思います。敬老事業はこれまで通り各自治会様の主催により開催いただくこととなり、今後も市民の皆様が、健康でいきいきとした生活を送ることができるよう、市政の運営に努めてまいります。 高齢福祉課
まちづくりへの提案について
ドゥーラ(奈良県で取り組まれている子育て相談や家事援助に携わる資格取得援助)を導入してはどうか。「ブランド課」をつくるなど機構改革の案を参考にしてほしい。ワークショップを開催してほしい。運動公園体育館に空調を。
20代男性
亀岡市では「産前・産後ケア専門員」や「産前・産後訪問支援員」等の養成が無料で行われ、ほぼ同様の機能を持つ人材が養成されいます。御提案の機構は来年度の行政組織・機構を考える上で参考にさせていただきます。ワークショップは必要に応じて開催していますが、より市民の皆様の意見が反映できるよう考えてまいります。空調は設備投資が多額となり設置には至っていませんが、ホストタウンとして今後検討が必要と考えています。御提案いただいたアイデアも参考にしながら、活力あるにぎわいのまちづくりを進めてまいります。 こども未来課、企画調整課、文化・スポーツ課
戦没者祈念式典に参加して
初めて式典に参加し、戦死した伯父に祈り75年ぶりの悲願が叶い、うれしい。
80代女性
御参列いただき、厚く御礼申し上げます。戦争の悲惨さ、苦しみを風化させることなく、次世代へと語り継いでいくことが、私たちに課せられた使命であり、今後も更なる平和な社会への実現に向けて取り組みを進めてまいります。 地域福祉課
火葬場建設用地について
神藏寺の奥の山を新しい火葬場選定用地に検討してほしい。
60代男性
現在審議会で検討していただいており、その答申を基に整備を進めて行くこととなります。貴重な御意見につきましても今後の検討材料とさせていただきたいと存じます。「市民の終焉の場」に相応しい整備を推進して参りますので、今後とも進捗状況を見守っていただければ幸いです。 環境政策課
職員の健康管理について
不確定な情報だが、ストレス過多で体調不良の職員がいると疑われるがどのように対応されるのか。
50代男性
そのような事象を把握した際には、市の規定に基づき適切な対応を行うこととしております。そして、当該職員の職場環境も含めた改善につながるよう、組織としての対応を行うこととしておりますので、御理解をお願いします。 人事課
東北支援について
チャリティイベントをして、東北からお喜びの声が届いた。
80代女性
イベント活動などを通して、東日本の復興支援をしておられることに感銘を受け、各所での活動に敬意を表します。これからも、素晴らしい取り組みやイベントの成功を心よりお祈り申し上げます。 秘書広報課
戦争体験と東北支援について
戦争の体験を文章にする活動を続けている。来年もチャリティイベントをして、東北へ届けたい。
80代女性
かつての悲劇の記憶を風化させずに次世代へ「伝える」ことは、二度と戦争をしない決意を受け継いでいくためにもとても大切なことです。世界連邦・非核平和都市宣言を掲げる亀岡市は、今後も平和への取り組みを続けていきます。そして、東北支援を今も続け、御活躍されているのを大変嬉しく思い、各所での継続した活動に敬意を表します。これからも、素晴らしい取り組みやイベントの成功を心よりお祈り申し上げます。 秘書広報課
東北支援と保津川下りについて
応援の手紙の返信がうれしい。東北復興と、保津川下りが世界遺産になる願いが実現してほしい。
80代女性
これまで継続されているチャリティ活動などに敬意を表します。これからも、素晴らしい取り組みやイベントの成功を心よりお祈り申し上げます。保津川下りの技術やかたちを今後も長く残していくため、保津川や保津峡を貴重な地域資源として地域の活性化につなげられるよう、今後も取り組んでまいります。 秘書広報課

 

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る