• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > イベントカレンダー > 【中止】大京都2019 in 亀岡:移動する有体

更新日:2020年3月31日

ここから本文です。

【中止】大京都2019 in 亀岡:移動する有体

※新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、中止といたします。

地域の魅力をアートの視点から引き出す、アーティスト・イン・レジデンス事業展覧会『大京都 2019 in 亀岡』を開催します。若手アーティストとゲストアーティスト目[mé]が亀岡で約2ヶ月間の滞在制作をおこない、その成果を発表します。


○京都:Re-Searchとは
 京都府内では交流人口の拡大、地域の活性化へ繋げるさまざまな取組を行っています。 その一つとして、アーティストが一定期間滞在し、地域で制作を行うアーティスト・イン・レジデンス事業※「京都:Re-Search」を実施し、 地域が本来持ち得ているポテンシャルやその魅力をアートの視点から引き出すことを試みています。

○アーティスト・イン・レジデンスとは
・芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながら作品制作を行うチャンスを提供する事業のこと。
・(日本国内では)アーティストの育成や支援だけでなく、空き家・商店街の空店舗を活用した地域振興や人の交流による地域活性化の手段としても用いられている。

○京都:Re-Search
 京都府内外で活動するアーティストはもちろん、工芸家、デザイナー、建築家など、クリエイティブな分野で活動している人が府内市町村に短期滞在しながら、 各自が設定したテーマに沿って、地域の風土や歴史等を調査し、そこでの発見を活かしたアートプロジェクトや作品プランの構想を作成し次年度の実現を目指します。

○大京都
 京都府内各地で行われたリサーチをもとに、地域の新しいアートドキュメント(=記録)作品を制作・発表します。 約2ヶ月間におよぶ滞在制作と、そのプロセスを実施市町村内の各所で公開し発表、広く住民が文化芸術に触れる機会を創出し、住民の新たな文化芸術創造につなげる拠点を構築します。

 「京都:Re-Search」と「大京都」によって作成されたアートの視点による新たなアートドキュメント(=記録)をデジタルアーカイブ化し、 公開することで、自由にアクセスし、地域の文化芸術活動への活用や愛着を持たせる継続的な活動とするとともに、世界に対しても再発見された魅力、新たな作品・記録を公開し文化発信拠点として広めていきます。

開催日時

  • 2020年3月7日(土曜日)~2020年3月22日(日曜日)

※展示場所により会期、時間が異なりますのでご注意ください。詳細は公式サイトkyoto-research.comにてご確認ください。

場所

名称

保津川下り乗船場/トロッコ保津峡駅/亀岡市文化資料館/南郷池ほか

主催者

京都:Re-Search実行委員会

お問い合わせ

電話番号:075-414-4279

京都:Re-Search実行委員会 事務局
(京都府文化スポーツ部文化芸術課内)
Eメール bungei@pref.kyoto.lg.jp

ページの先頭へ戻る