• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 平成29年度亀岡市国民健康保険料算出方法

更新日:2017年7月5日

ここから本文です。

平成29年度亀岡市国民健康保険料算出方法

平成29年度の国民健康保険料率は、前年度(平成28年度)と同率で据え置きました。
国民健康保険は、皆さんからの保険料で支えられています。国民健康保険事業の安定した運営のため、ご理解とご協力をお願いします。

区分

医療分(医療給付費分)

支援分(後期高齢者支援金分)

介護分(介護納付金分)

所得割額

基準総所得額(基礎控除後の総所得金額等)※の8.60%

基準総所得額(基礎控除後の総所得金額等)※の2.70%

基準総所得額(基礎控除後の総所得金額等)※の3.00%

均等割額

被保険者1人につき26,500円

被保険者1人につき8,500円

被保険者1人につき10,000円

平等割額

1世帯につき23,500円

1世帯につき7,500円

1世帯につき6,000円

賦課限度額

(年間上限額)

540,000円

190,000円

160,000円

※基準総所得額(基礎控除後の総所得金額等):被保険者の総所得金額等(地方税法上の総所得金額(収入から必要経費を引いた額。社会保険料控除などの各種所得控除前。)のほか、山林所得、土地・建物の譲渡所得(特別控除後)、確定申告または住民税申告をした株式譲渡所得、配当所得など(退職所得は除く。)を合算したもの)から、33万円(地方税法上の基礎控除)を控除し、世帯で合算した額。

 

【保険料=所得割額+均等割額+平等割額】

 

保険料には、医療分(医療給付費分)・支援分(後期高齢者支援金分)・介護分(介護納付金分)の3つの区分があり、それぞれの区分ごとに算出し合計したものが1年間の保険料となります。介護分は40歳以上65歳未満の人が対象となります。

 

●医療分(医療給付費分)について
国保加入者の医療給付費(診療代)などに充てられる財源となります。

●支援分(後期高齢者支援金分)について
75歳以上の人の医療制度である後期高齢者医療制度にかかる医療費は、75歳以上の人が納める保険料と、国民健康保険や社会保険などに加入している75歳未満の人からの支援金などでまかなわれています。このため、国民健康保険に加入している人についても、支援分として保険料を負担いただきます。

●介護分(介護納付金分)について
40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)は、各医療保険者を通じて介護保険料を納付することになっており、国保料に介護分保険料が含まれています。
・年度途中に40歳になる人:40歳になった月から月割りで算定した額を、その月から分割して納付いただきます。
・年度途中に65歳になる人:65歳になる月の前月までの介護分保険料を当初より月割で算定し、年間納付回数で分割して納付いただきます。
※65歳以上の人(第1号被保険者)は65歳になった月から月割で介護保険料を算定し、国保料とは別に介護保険料を納めていただきます(国保料に介護分は含まれません)。

 

 

 

保険料計算例

加入者

世帯主(41歳)
*介護保険第2号被保険者

妻(38歳)

子(14歳)

父(63歳)
*介護保険者第2号被保険者

総所得金額等

(給与収入)4,000,000円

⇒(給与所得)2,660,000円

0円

0円

(年金収入)1,200,000円

⇒(年金所得)500,000円

基準総所得額

(総所得金額等-33万円)

2,330,000円

0円

0円

170,000円

※この世帯の基準総所得額は、世帯主の2,330,000円と父の170,000円を合計して、2,500,000円になります。この金額をもとに保険料を算出します。

 

【医療分(医療給付費分)

  1. 所得割額 2,500,000円×8.60%=215,000円
  2. 均等割額 加入者数4人×26,500円=106,000円
  3. 平等割額 1世帯=23,500円

年額(1+2+3)=344,500円・・・(A)

【支援分(後期高齢者支援金分)

  1. 所得割額 2,500,000円×2.70%=67,500円
  2. 均等割額 加入者数4人×8,500円=34,000円
  3. 平等割額 1世帯=7,500円

年額(1+2+3)=109,000円・・・(B)

【介護分(介護納付金分)】…世帯主と父の2人分がかかります。

  1. 所得割額 2,500,000円×3.00%=75,000円
  2. 均等割額 第2号被保険者数2人×10,000円=20,000円
  3. 平等割額 1世帯=6,000円

年額(1+2+3)=101,000円・・・(C)

 

[保険料合計(年間保険料)](A)+(B)+(C)=554,500円

 

 

 

保険料を試算してみましょう

1.下のエクセルデータ「平成29年度保険料仮計算書」をダウンロードしてください。

2.ダウンロードした「平成29年度保険料仮計算書」の入力シートに、加入者の数、加入者それぞれの総所得金額等および年齢を入力することにより、国民健康保険料を試算することができます。

※試算結果については、世帯の状況により実際の保険料額と異なる場合があります。

 

平成29年度保険料仮計算書

 平成29年度保険料仮計算書(エクセル:163KB)

 

 

 

所得の申告を忘れずにしましょう

国民健康保険料は、所得や加入状況に応じて保険料が決まり、また所得に応じて医療費の自己負担割合や保険料の減額割合などが決まります。
所得が一定基準以下であっても所得の申告ができていないと、これらの適用などが受けられません。
国民健康保険に加入している人は、所得の有無にかかわらず必ず申告をしましょう。

 

 

 

お問い合わせ

環境市民部保険医療課国保料係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5025

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る