第47回亀岡光秀まつり、ありがとうございました

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

第47回亀岡光秀まつり、ありがとうございました

亀岡の礎を築いた明智光秀公をたたえる、亀岡最大の春祭り「亀岡光秀まつり」の第47回を、令和元年5月3日に行いました。午前中は光秀公首塚がある谷性寺における「光秀公追善供養」に続いて、宗教法人大本本部で「光秀公慰霊祭」が行われ、光秀公の遺徳を偲びます。一方、丹波亀山城跡に隣接する南郷公園では、「かめまるフェスタ」が開催され、すでに多くの人が訪れています。tuizenkuyoukamemarufesta午後、初夏を思わせる陽気に包まれる中、いよいよ明智光秀公武者行列が出発します。亀岡市役所前での出発式では、まず丹波亀山鉄炮隊が古式火縄銃による演武を披露。2020年大河ドラマ「麒麟がくる」で、光秀公の叔父・光安を演じられる俳優の西村まさ彦さんが「いざ、出陣!」と号令をかけ、太鼓の音が響く中、総勢500人にも及ぶ武者行列が動き出しました。豪華絢爛な武者行列は城下町を練り歩き、丹波亀山城跡のある大本本部へ到着。再び出発し、JR亀岡駅前からゴールである南郷公園を目指します。沿道を埋め尽くした4万5千人の観客は、歴史絵巻さながらの勇壮な姿に見入り、声援を送っていました。mitsuhidematsuiri002mitsuhidematsuri003mitsuhidematsuri004mitsuhidematsuri005mitsuhidematsuri006mitsuhidematsuri008mitsuhidematsuri009mitsuhidematsuri010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?