丹波国分寺跡

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

丹波国分寺跡

奈良時代、聖武天皇の発願によって全国に建立された国分寺の一つ。出土した瓦などから9世紀初頭までに伽藍が整えられたと考えられている。
戦国時代、明智光秀の進軍の兵火により焼失。山門は亀山城の雷門に、また毘沙門天は亀山城内に鎮守されたと伝わる。

現存する本堂は安永3(1774)年に再建されたものといわれている。

018tanbakokubunji

詳細情報

所在地

亀岡市千歳町国分

エリア

馬路町・旭町・千歳町・河原林町・保津町・京都市

関連人物

明智光秀、丹羽長秀、織田信長、荒木氏

関連資料

「桑下漫録」、「盥之魚」、引原茂治「丹波における明智光秀の「善政」について」、「京都府埋蔵文化財論集 第7集」

 

案内板

あり

問合せ先

亀岡市文化資料館 電話番号:0771(22)0599

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?