八木城(神前北山城)跡

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

八木城(神前北山城)跡

丹波三大山城の一つ。当初は、守護代内藤氏の臨時的拠点であったものを内藤宗勝が拡張して、山城として整備したと考えられる。
天正7(1579)年に明智光秀の進軍により落城し、丹波亀山から西へと攻める際の拠点となった。
現在でも石垣などの遺構が残存しており、戦国期の山城の様子が窺える。

 015yagijyou

詳細情報

所在地

亀岡市宮前町神前

 

エリア

西別院町・東別院町・本梅町・宮前町・畑野町・東本梅町

 

関連人物

明智光秀、内藤氏、宇津氏

 

関連資料

明智光秀書状

 

案内板

あり

問合せ先

亀岡市文化資料館 電話番号:0771(22)0599

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?