数掛山城跡

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

数掛山城跡

 天文19(1550)年ごろは、八上城を拠点に覇権を振るった波多野氏の一族で、当地上村の代官職を務めていた波多野与兵衛尉秀親の居城。天文22(1553)年9月に、丹波守護職であった細川氏の被官、三好長慶の祐筆として活躍した松永弾正久秀に攻められたが三好政勝、香西元成の援軍を得て退けた。しかし、天正年間に明智光秀の丹波攻略の進軍により落城した。南東に位置した千軒寺もともに焼失した、と伝わる。
現在、土塁や虎口の一部が残存する。

014kazukakeyamajyou

詳細情報

所在地

亀岡市本梅町平松・西加舎

 

エリア

西別院町・東別院町・本梅町・宮前町・畑野町・東本梅町

 

関連人物

明智光秀、波多野秀親、松永久秀、三好政勝、香西元成、織田信長

 

関連資料

波多野秀治書状

 

案内板

なし

問合せ先

亀岡市文化資料館 電話番号: 0771(22)0599

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?