聖隣寺

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

聖隣寺

明智光秀が亀山城を築城した際、亀岡市千歳町毘沙門に祀られていた毘沙門天立像を城の鎮守のために城内に移し、その後、羽柴秀俊(小早川秀秋)が城主となったときにこの聖隣寺に毘沙門堂を建立し像を安置し、城下の鎮守とした。

また、織田信長の供養塔が残されている。これは、信長の四男であり、羽柴秀吉の養子となった羽柴秀勝が亀山城主となった際、本能寺の変で命と落とした実父信長を弔うために建てたといわれている。

008seirinji

詳細情報

所在地

亀岡市東竪町

 

エリア

亀岡地区

関連人物

明智光秀、小早川秀秋、織田信長、羽柴秀吉

 

関連資料

「桑下漫録」、「盥之魚」

 

案内板

あり

問合せ先

電話番号:0771(22)2546

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?