明智越

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

明智越

明智光秀が本能寺の変の直前に、亀山城から愛宕山の愛宕神社に参詣した時に通ったとされる道。途中、「大見晴し」と呼ばれる展望が利く場所があり、光秀がたびたび往還した際、南桑平野を眺望していたといわれている。余部城の福井氏が光秀と戦った際、先に落ち延びた福井氏の子どもたちが、この場所から余部城の落城を見て、互いに自害したともいわれている。
また、明智越の頂上から水尾に向けて進む途中、「土用の冷泉」と呼ばれる窪みがある。夏の暑い土用にも水が涸れることがなかった泉があり、馬の水飲み場として使われたといわれている。
現在、ハイキングコースであるが、台風などの影響により、一部、道が荒れている所がある。

 005_akechigoe

詳細情報

所在地

亀岡市保津町~京都市右京区

 

エリア

馬路町・旭町・千歳町・河原林町・保津町・京都市

 

関連人物

明智光秀

関連資料

「明智軍記」、「信長公記」

 

案内板

あり

問合せ先

亀岡市観光協会 電話番号: 0771(22)0691

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?