麒麟のまち亀岡のシンボル、明智光秀公像建立

更新日:2019年6月19日

ここから本文です。

麒麟のまち亀岡のシンボル、明智光秀公像建立

 明智光秀公像、建立

亀山城主として、亀岡のまちの礎を築いた智将・明智光秀公像を顕彰し、ゆかりの地である亀岡の新たなシンボルにしようと「明智光秀公像」を建立し、令和元年5月3日、「第47回亀岡光秀まつり」の中で、像が立つ南郷公園において除幕式を行いました。

この像は、市内団体が中心になって結成された「明智光秀像建立実行委員会」により建立されました。また、建立費用については、ふるさと納税を通じ市内外から2,800万円を超える寄附をいただいています。

mituhidekouzou001

 

mitsuhidekouzou003

 

麒麟のまち亀岡のシンボルとして

明智光秀公像の制作は、亀岡市内在住の彫刻家であるとーじ・まサトシ(田路雅敏)さんの手によるもので、本徳寺所蔵の肖像画を基にデザインされ、戦国武将としての猛々しさよりも智将・文化人としての光秀公を表現したものになっています。また、像の足元には、亀岡市特有の「朝霧」が配置されています。

mituhidekouzou004

制作者であるとーじさんは「光秀公の人物像を知るため、専門家に話を聞くなど研究を重ねました。その上で、武人、また知識人として多様な側面のある謎多き武将を表現しました」と話されています。

toujimasatoshisan

 

丹波亀山城跡を背に、亀岡の玄関口であるJR亀岡駅を見据える明智光秀公像。

光秀公を偲ぶ人たちの想いがつまったこの像が、亀岡の歴史や文化を未来につないでいくシンボルとして、まちの発展を見守ります。

 

 

 

お問い合わせ

市長公室秘書広報課

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5001

FAX:0771-25-0600

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?