• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 人権 > 人権啓発だより「きずな」 > 人権啓発だより「きずな」第56号

更新日:2018年8月8日

ここから本文です。

人権啓発だより「きずな」第56号

人権啓発だより「きずな」第56号(平成30年7月17日発行)

 

PDF版1面(ヒューマンシネマ2018)

(ファイル名:P1.pdf)(PDF:2,092KB)

PDF版2面(インターネット上の人権侵害が過去最多に!あなたは大丈夫?

(ファイル名:P2.pdf)(PDF:2,389KB)

PDF版3面(世界人権宣言70周年、亀岡地区人権啓発推進協議会総会・研修会)

(ファイル名:P3.pdf)(PDF:2,510KB)

PDF版4面(まなびのページ~ 自分も相手も大切にするコミュニケーション方法「アサーション」~)

(ファイル名:P4.pdf)(PDF:1,836KB)

1面

平成30年(2018年)7月17日発行きずな第56号(1)

亀岡市人権啓発だより「きずな」第56号
編集/発行:亀岡市生涯学習部人権啓発課
〒621-8501亀岡市安町野々神8番地
TEL25-5018
E-mail:jinken-keihatsu@city.kameoka.lg.jp

平和祭協賛~生涯学習都市宣言30周年記念事業~ ヒューマンシネマ2018

亀岡市は8月を平和月間とし、京都府は人権強調月間としています。
すべての人が、お互いに認め合い、幸せを感じながら生きることができる平和な社会は、みんなの願いです。命の尊さ、平和の大切さをあらためて考える機会として映画上映会を行います。ご友人やご家族などとお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時:8月11日(土・祝)
午前9時30分開場
場所:ガレリアかめおか響ホール
入場無料(当日受け付け)

午前の部 9時30分開場 10時上映開始

「よっちゃんの不思議なクレヨン」【22分】
おばあちゃんからもらった不思議なクレヨンが、やさしい心、反省の心、感謝の心などいろいろな心を教えてくれます。
よっちゃんと森の動物たちがつむぐ温かい生命(いのち)のアニメーション映画です。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」【90分】
「怪盗グルー」シリーズの最新作。ミニオンたちの個性があふれ、笑いあり、せつなさあり、ダンスあり、家族愛あり、子どもも大人も爽快な気分になれる作品です。

 

午後の部 1時30分開場  2時上映開始

「この世界の片隅に」【129分】
第2次世界大戦下の広島、呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中でも、家族の毎日の食事を作るため、工夫を凝らしていた。
しかし、次第に呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。
大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女の環境を取り巻く人々の日常を生き生きと描き、時を超えるメッセージが胸に迫る物語です。

 

主催/亀岡市・亀岡市人権啓発推進協議会

問い合わせ先/亀岡市人権啓発課TEL25-5018

2面

(2)平成30年(2018年)7月17日発行きずな第56号

インターネット上の人権侵害が過去最多に! あなたは大丈夫?
ちょっと待った!! SNSのその書き込み

昨年度、全国の法務局・地方法務局が新規に救済手続きを開始した「人権侵犯事件」は19,533件(対前年度比0.5%増加)でしたが、このうち、インターネット上の人権侵害情報に関する事件数は年々増加しており、2,217件(対前年度比16.1%増加)と過去最高件数を記録しました。

インターネットを利用した人権侵犯事件の推移 (件)

平成23年 636
平成24年 671
平成25年 957
平成26年 1,429
平成27年 1,736
平成28年 1,909
平成29年 2,217

事 例

差別表現、誹謗中傷、個人情報の流出、プライバシー写真・動画の掲載、嫌がらせメール、ネットいじめ、リベンジポルノなど

インターネット上に掲載されると、世界中から閲覧可能となり、次々にコピー・転載されると短期間に大量のデータが広がることもあります。また、いったんデータが拡散されると、完全に削除することは難しく、削除されない情報は半永久的に掲載され、被害を出し続けます。

SNS などへの何気ない書き込みが相手を傷つけ、取り返しのつかない事態を引き起こしかねません。顔が見えないからこそ、相手の人権を尊重することを忘れず、配慮をもってインターネットを利用しましょう。


相手のことを考えて!

◆他人の悪口や差別的な内容は書き込まない!
◆根拠のないうわさ話は、載せない!
◆知り合いのアドレスや住所など個人情報を無断で載せない!
◆雑誌や書籍に載っているマンガ、写真、記事などを勝手に掲載しない!
◆チェーンメールは転送しない!
◆使用する言葉に注意!暴力的な言葉はゼッタイNG!
◆他人の書き込みを“あおる”書き込みをしない!
◆人が写っている写真や動画は勝手に掲載しない!

※写真によっては位置情報を悪用される場合もあるので掲載注意。
※GPS機能も含め、複数の情報をつなぎ合わせると個人を特定できる場合があるので要注意。

(出典:法務省「あなたは大丈夫?考えよう!インターネットと人権」)

 インターネット上で他人の人権を侵害するとどうなるの?

皆さんのパソコンや、携帯電話・スマートフォンには識別番号があります。インターネットに接続すると記録されるので、捜査機関は発信者を特定することができます。匿名の書き込みでも、責任が生じ、悪質なものについては罪に問われることがあることを覚えておきましょう。
(参考:京都府「知っておきたいインターネットと人権の話」)

3面

平成30年(2018年)7月17日発行きずな第56号(3)

70周年 世界人権宣言 ~人権のために立ち上がろう~
#STANDUP4HUMANRIGHTS

世界人権宣言ってなに?

世界人権宣言は、世界中のすべての人は、誰もが基本的人権を持っているということを、初めて公式に認めた宣言です。1948年12月、第3回国際連合総会で「すべての人と国が達成しなければならない共通の基準」として採択されました。

世界人権宣言の内容

【自由権・参政権】
身体の自由、思想や表現の自由拷問及び非人道的な取扱いの禁止 など
【社会権】
教育を受ける権利、労働者の権利人間らしい生活をする権利 など
【人権保障一般】
世界人権宣言にうたわれた権利と自由を実現させる社会にするための権利 など

世界人権宣言にうたわれている様々な権利は、私たちが幸せに生きていくために欠かすことができないものです。このような人権が尊重される社会を作るためには、私たち一人ひとりが「人権」をもっと身近なものとして捉え、人権の視点を日常生活の中に取り入れていくことが大切です。

地域がかわり こどもがかわり 未来がかわる
~亀岡地区人権啓発推進協議会総会・研修会~

亀岡市では、人権問題の解決や人権意識の普及のため、市内を7つの地域に分けて人権啓発・同和教育推進協議会が結成されており、5月から6月にかけて各協議会の総会・研修会が行われ、参加者が学びを深める機会となりました。

6月9日(土曜日)には、亀岡地区人権啓発推進協議会総会が亀岡小学校で開催され、総会後、京都府更生保護女性連盟会長の齋藤常子さんをお迎えし、講演が行われました。
講演では、ご自身が保護司として長年活動され、罪を犯した少年少女と関わってこられた経験から、犯した罪だけを見るのではなく、そこに至る背景に目を向けてほしいと話され、現状をよく知ること、その上で一人ひとりが自分にできることを考えてほしいと訴えられました。

4面

(4)平成30年(2018年)7月17日発行きずな第56号

まなびのページ ちょっと考えてみませんかシリーズNo.19

~自分も相手も大切にするコミュニケーション方法「アサーション」~

メンバー数人で待ち合わせをしましたが、いつも時間を守らないクセがある人がいて困っています。

相手にどう伝えますか?


①一方的にイライラを伝えて相手を責める

「遅すぎる!もうあなたみたいな非常識な人と約束するのはやめるわ!!」


②心配しイライラした気持ちをおさえて、何も言わずに我慢する
「・・・・ 。」


③素直に「私」を主語にして、心配した気持ちを丁寧に伝え、相手の話も聞く

「遅れると、何かあったのかと心配だわ。何かあったの?次からは時間を守ってほしいし、遅れるときは、

連絡してね。」


あなたは、どれにあてはまったでしょうか。①のような「あなたが悪い」という攻撃的な言い方では、非難メッセージとして相手に届き、②のように、相手に遠慮して自分の思いを伝えないと、自分の中にイライラや嫌な気持ちが残り、理由を聞くことも出来ません。③のように言えば、相手も素直に「ごめんなさい」と応じ、「・・・に巻き込まれて、しかも・・」と、事情を話してくれるかもしれません。
③のように、自分の思いや考えを伝えるけれど、相手の気持ちも尊重するコミュニケーション方法を「アサーション」といいます。
よりよい人間関係を築くために、相手の気持ちを尊重しながら、自分の思いを伝える「アサーション」を、日常の会話の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


◆◆参考図書のご案内◆◆

【よくわかるアサーション自分の気持ちの伝え方】
平木典子 監修(主婦の友社)

【マンガでやさしくわかるアサーション】
平木典子 著(JMAM)
日本にアサーションを紹介し、多くの指導とカウンセリングにあたることで幅広い支持を集める平木典子さんの監修です。
日常の具体的な事例を紹介しながら、自分も相手も大切にするコミュニケーション方法がわかりやすく解説されています。


【夫婦・カップルのためのアサーション】
野末武義 著(金子書房)
他人同士でありながら、何十年と人生を共にする「夫婦」とは?二人の関係を見つめなおし、少し前向きにパートナーとのコミュニケーションに取り組む一歩になれる1冊です。


【イラスト版 子どものアサーション自分の気持ちがきちんと言える38の話し方】
園田雅代 監修・編著(合同出版)
自尊感情を高め、自己表現できる子になるトレーニング事例を、子どもが理解できるように、表情豊かなイラストを交えてわかりやすく紹介されています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課啓発振興係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5018

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る