• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2011年10月3日

ここから本文です。

人権啓発だより「きずな」第23号

人権啓発だより「きずな」第23号(平成19年7月17日発行)

1面

平成19年(2007年)7月17日発行きずな第23号(1)
きずな亀岡市人権啓発だより
第23号
編集/発行:亀岡市生涯学習部人権啓発課
〒621-8501 Tel25-5018
人権文化の息づくまち・かめおかをめざして E-mail:jinken-keihatsu@city.kameoka.kyoto.jp

8月は人権・平和月間

亀岡市は8月を平和月間として、また京都府は人権強調月間として取り組んでいます。戦争は人の命を奪う最も大きな人権侵害です。戦争の悲惨さ、平和の大切さを感じていただくため次のとおり映画を上映します。皆さんぜひ参加してください。

8月4日(土曜日)

ガレリアかめおか 1階 響ホール

日本語字幕付

  • <1回目上映>午前10時30分~11時50分
  • <2回目上映>午後2時~3時20分

定員

各200人(申し込み多数の場合は抽選となりますのでご了承ください)
入場無料・申し込み必要

《申し込み方法》

往復はがきに(1)住所(2)氏名(3)電話番号(4)観覧希望時間(別の回での観覧希望の有無)(5)希望人数(4人まで)を記入の上、〒621-8501(住所不要)亀岡市役所人権啓発課あてに申し込んでください。

締め切り日

7月30日(月曜日)必着
※返信先住所・氏名の記入をお願いします。

STORY(おはなし)

1945年、美しいアンゼラスの鐘が時を告げる浦上天主堂の近くに建つ浦上第一病院は、市民にとって頼りになる存在でした。病院に赴任してきた若き医師秋月辰一郎は、誠実な人柄で患者や地域の人々の敬愛を得てゆきます。
8月9日11時2分、長崎上空で閃光がきらめき、一瞬にして人々は原爆に焼かれ、爆風に吹き飛ばされて犠牲となります。アンゼラスの鐘も吹き飛び、瓦礫に埋もれます。奇跡的に助かった秋月と病院の人々は、助け合い、広がる不可解な病魔とたたかいながら、必死の救護活動を続けるのでした・・・
※アンゼラスの鐘は長崎市の浦上天主堂にあり時を告げる鐘である(上映時間:約80分)

2面

平成19年(2007年)7月17日発行きずな第23号(2)

職場体験学習をとおして学ぼう!-東輝中学校2年生が園児とのふれあい-

6月13日(水曜日)から15日(金曜日)の3日間、東輝中学校2年生216人が勤労体験、福祉体験、保育体験を通じて社会に参加する事の大切さを学び、自らの進路について考えました。
その中の保育体験では、東部保育所や亀岡幼稚園などで、乳児から5歳児までの子どもたちと一日を過ごしました。

園児たちと接して、自らの成長の過程でいろんな人との関わりがあって生きていること、職員の方々の仕事の重大さ、園児たちの気持ちや接し方、そして人と人のつながりの中で命の大切さなど、多くのことを学びました。

いい明日は仕事と暮らしのハーモニー

男女共同参画週間(6月23日~29日)~街頭啓発を実施~

国の男女共同参画推進本部では、毎年6月23日から29日までを「男女共同参画週間」とし、厚生労働省では6月を「男女雇用機会均等月間」と定めています。
亀岡市においてもこれら週間および月間の趣旨を広く市民の皆さんに知ってもらおうと、6月19日(火曜日)にマツモト荒塚店・西友亀岡店で街頭啓発を行いました。

3面

19年(2007年)7月17日発行きずな第23号(3)

地域社会からうまれる人権意識

亀岡市中部地区同和教育推進協議会

6月2日(土曜日)に亀岡市立南桑中学校で中部地区同和教育推進協議会総会が開催されました。同協議会は中部地区(吉川町、千代川町、曽我部町、稗田野町、大井町)の自治会、学校関係などで構成されており、研修会などを通じて人権意識の向上に積極的に取り組まれています。

当日は、総会に先立ち、山口県人権啓発センターから事務局長の川口泰司さんを迎え「差別っていったいなんやねん?~もっとホンネで、主語は『わたし』で!~」と題して講演会が開催されました。
講演では、「差別は、差別される人の問題ではなく、差別する人の問題である。」「よく『差別する人が悪い。しかし、差別される人のほうにも問題がある。』というが、これはおかしい。差別する人が悪い。」「差別される人が不幸なのではなく、差別する人が不幸(他人をおとしめなければ生きられない貧しい心の持ち主)なのだ。」と熱く語られました。そして、人権について考えるということは、「自分自身の心の奥底のドロドロしたものをひきずり出して、取り除いて自分自身が解放されていくことである。」と締めくくられました
また、5月から6月にかけ、中部以外の亀岡地区、東部、南部、川東、西部、保津町の各同和教育推進協議会や人権啓発推進協議会でも年次総会や研修会が開催されました。

地域交流活性化支援事業~各児童館交流活動のようす~

各児童館では参加者のふれあいや交流を大切にし、仲間づくりを進めています。
おたのしみ会では紙コップを使って魚を作り“魚つりゲーム”を行いました。

遊びの学校では厚紙やトレーを使って“かざぐるま”を作り、まわして遊びました。
ほかにも新聞やガムテープでボールやバットを作って野球をしたり、らっかさんや飛行機なども作りました。

のびのび子育てサロンでは手遊び・歌あそび・バルーン遊び・トンネルくぐりなどをして親子の交流を図りました。

4面

平成19年(2007年)7月17日発行きずな第23号(4)

平和の願い・命の大切さを学ぼう-「平和・人権ビデオ鑑賞会」のお知らせ-

昭和30年、市制施行と同年に「世界連邦平和都市」を宣言した亀岡市では、世界の恒久平和を願い、「平和祈念式典」をはじめ、「ヒロシマに学ぶ親子平和の旅」などさまざまな取り組みで、亀岡から世界へ平和の願いを広めようと努めています。

このような取り組みの一つとして、次代を担う子どもたちに、戦時下の様子を伝え人間にとって一番大切な「命」そして「人権や平和の大切さ」を考えるきっかけとなるよう、ビデオ鑑賞会を開催します。

ご家族での多数の参加をお待ちしています。(参加は自由ですが、児童は保護者同伴でお願いします)

とき

平成19年8月9日(木曜日)(第1回午後3時30分~4時30分)(第2回午後7時~8時30分)

ところ

市役所1階市民ホール

内容

  • 第1回ビデオ(上映)『つるにのってーとも子の冒険―』『いつもこころにほほえみを』
  • 第2回体験談竹内昭さん(硫黄島での戦争体験者)
    ビデオ(上映)『つるにのってーとも子の冒険―』

夏休みのある日、ヒロシマの原爆資料館を訪れたとも子は、平和記念公園で不思議な少女サダコと出合いました。サダコの案内でとも子の不思議な冒険が始まります・・・「平和の願い・命の大切さ」を伝えるアニメーションです。

次の会場でも「平和・人権ビデオ鑑賞会」を開催します。(参加は自由です)

開催場所・日時内容

  • 天川文化センター 8月1日(水曜日) 午前10時00分~11時00分
    ビデオ『ヒロシマに一番電車が走った』
  • 犬甘野児童館 8月1日(水曜日)・2日(木曜日)・3日(金曜日) 午後2時00分~3時30分
    ビデオ『つるにのって-とも子の冒険-』『原爆ドーム物語』
  • 東部文化センター 8月10日(金曜日) 午前10時00分~正午
    ビデオ『つるにのって-とも子の冒険-』ほか
  • 馬路文化センター 8月10日(金曜日) 午後1時45分~2時30分
    体験談とビデオ『つるにのって-とも子の冒険-』
  • 保津文化センター 8月18日(土曜日) 午後1時30分~3時00分
    体験談とビデオ『つるにのって-とも子の冒険-』
  • 松熊教育集会所 8月24日(金曜日) 午後7時30分~9時00分
    体験談とビデオ『つるにのって-とも子の冒険-』

主催・問い合わせ

教育委員会 人権教育課
電話 25-5056
FAX 23-3100

亀岡市文化資料館第43回 企画展「戦争平和展」開催

今年は戦争遺跡調査に関わる企画展を開催します。市民アンケートの情報による亀岡の戦争遺跡のパネル展示や遺族会所蔵の遺品などから、戦時中のくらしを紹介します。

この機会に、「人権や平和」について、そして「命の大切さ」について考えてみてはどうですか?

開催期間

7月28日(土曜日)~9月2日(日曜日)

ところ

亀岡市文化資料館展示室2

入館料

大人260円、小人150円

電話

22-0599

シリーズ・人権の詩

~あなたにきいてみたいこと~

あなたは
しあわせですよね
そう思うでしょ

しあわせは
あたりまえだと
思いますよね

だけど考えてほしいのです
あなたよりも
しあわせではない人がいるのです

ねえ
そんな人に
あなたのしあわせを
わけてあげませんか

発行

明石書店

編著

今野敏彦

「人権読本じんけんの詩」から転載

PDF版1面
(ファイル名:P1.pdf)(PDF:360KB)

PDF版2面
(ファイル名:P2.pdf)(PDF:382KB)

PDF版3面
(ファイル名:P3.pdf)(PDF:396KB)

PDF版4面
(ファイル名:P4.pdf)(PDF:407KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課啓発振興係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5018

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る