• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 上下水道事業および経営情報 > 経営情報 > 平成25年度亀岡市上下水道事業計画および予算概要について

更新日:2016年10月28日

ここから本文です。

平成25年度亀岡市上下水道事業計画および予算概要について

  上下水道事業の経営健全化に向けて、平成25年度第1期から第2段階目の料金改定を実施し、平成25年度上下水道事業予算につきましては、この料金改定を反映させた内容となっています。

 引き続き経費の削減努力と効率化に努め、経営の合理化や利用者の皆さんへのサービス向上に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

【上下水道事業計画について】

1 上水道事業計画について

1. 趣旨

 第4次亀岡市総合計画(夢ビジョン)に基づく「快適な生活を支えるまちづくり」のため、市民生活と都市機能を支えるライフラインとして、安全・安心で良質な水の安定供給に努めるために、効率的な浄水場、給配水管などの整備を実施します。

2. 予算額 28億2,380万円

 *前年度予算額 38億620万円

 *前年度比  9億8,240万円(25.8%)の減額

3. 主要事業概要

 平成21年度に策定した亀岡市水道ビジョンに基づく、送水・配水施設の整備を計画的かつ効率的に実施します。基幹施設の老朽配水池については、容量を増量し耐震改築整備するとともに、老朽水道管の耐震更新を年次計画で実施します。

 また、畑野町における水道未普及解消事業については、平成25年度の事業完了を目指し、配水管の布設工事を実施するとともに、平成24年度の工事実施箇所の道路舗装本復旧工事を実施します。

 ◎安全・安心で良質な水を供給するための施設改良整備事業 予算額 8億3,074万円

 主要事業概要

 ○上水道安定供給事業

 ・西山配水池築造工事

 ・平和台配水池系送配水管整備工事

 ・王子配水池築造基本計画および詳細設計業務委託

 ○亀岡市水道マッピングシステム構築

 ・各種水道施設管理情報のデータベース管理

 ・給水データ管理の導入

 ○給配水管など水道施設更新事業

 ・給配水管布設(更新)工事

 ・公共下水道事業などに伴う給配水管布設替工事

 ◎水道未普及地域解消事業 予算額 1億7,872万円

 主要事業概要

 ○配水管布設工事

 ○道路舗装工事

 以上の事業を行うこととしています。

 2 下水道事業計画について

1. 趣旨

 第4次亀岡市総合計画(夢ビジョン)に基づく「快適な生活を支えるまちづくり」のため、市街化区域およびその周辺地域を中心とする認可区域内で事業を実施し、生活排水の処理を通じて、公共用水域の水質保全と生活環境の改善を図り、快適で住みよい魅力ある地域社会を築くため事業を行います。

2. 予算額 39億3,000万円

 *前年度予算額 42億9,350万円

 *前年度比 3億6,350万円(8.5%)の減額

3. 主要事業概要

 薭田野町などで管渠布設による面的整備を実施するとともに、年谷浄化センターの計画的な改築工事などを行います。

  ◎汚水管渠布設事業 予算額 1億4,261万円

 薭田野町における管渠整備

 ◎処理場建設改良事業 予算額 6億9,400万円

 年谷浄化センター改築工事

 汚泥処理設備工事

 電気設備工事

 建設工事

 長寿命化計画調査業務など

 以上の事業を実施することとしています。

【上下水道事業予算について】

 上下水道事業予算については、地方公営企業法に基づいて『収益的収支』と『資本的収支』2本建ての予算となっています。

 『収益的収支』については、日常の水道水の供給や汚水を処理するのに必要な財源と費用で、当年度内で処理を行うものとなっています。

 『資本的収支』については、施設の耐震化や施設改良など、施設を整備するための財源と費用で、翌年度以降数年間の費用として期間配分し策定しているものとなっています。

 なお、『収益的収支』と『資本的収支』合わせた総収入と総支出から減価償却費などを除いたものが現金収支となります。

 1 上水道事業予算について

 ◎収益的収支(消費税除く)(単位:千円)

予算項目

予算額

 水道事業収益 (A)

14億4,281万1千円

   営業収益

13億7,930万3千円

   給水収益

11億7,168万9千円

 その他

2億0,761万4千円

 営業外収益

6,350万8千円

   簡易水道分繰入金

1,222万1千円

 その他

5,128万7千円

 水道事業費用 (B)

13億9,656万5千円

   営業費用

12億0,429万6千円

   職員給与費

1億7,659万9千円

 維持管理費

2億4,655万3千円

 修繕費

5,356万9千円

 委託料

1億5,278万0千円

 減価償却費など(C)

5億7,479万5千円

 営業外費用

1億9,226万9千円

   支払利息

1億7,784万0千円

 その他

1,442万9千円

 当年度純利益(▲純損失) (A-B)

4,624万6千円

 累積利益剰余金(▲累積欠損)

▲10億1,292万2千円

 

 ◎資本的収支(消費税除く) (単位:千円)

予算項目

予算額

 資本的収入 (D)

7億6,087万2千円

   企業債

1億6,770万0千円

 国庫補助金

1,853万1千円

 他会計負担金

3,726万0千円

 工事負担金

7,418万1千円

 その他

4億6,320万0千円

 資本的支出 (E)

13億5,005万1千円

   建設改良費

9億6,623万3千円

   企業債償還金

3億8,381万8千円

 資本的収支差引 (D-E)

▲5億8,917万9千円

 

 ◎現金収支(消費税除く) (単位:千円)

 

予算額

 総収入 (F=A+D)

22億0,368万3千円

 総支出 (G=B+E-C)

21億7,182万1千円

 現金収支差引額 (F-G)

3,186万2千円

 累積資金

25億1,299万1千円

 

 

※ 累積資金については、減価償却費など現金の支出を伴わない費用で生じた資金を内部留保資金として、将来の施設更新のため更新時期まで蓄えているもので、その資金の運用については適切に活用することとされています。

 

 昨年度(平成24年度)予算に計上していました一般会計への長期貸付金につきましては、次の内容を規定した協定書を平成25年3月22日に締結し、平成25年3月28日に貸付を行いました。

 平成25年度においては、この貸し付けによる貸付金利息として約178万円を受け入れることとしています。

≪協定書の主な内容≫

○ 貸付目的:一般会計が国営農地再編整備事業亀岡地区負担金の支払資金に充てるため、長期資金を貸し付ける。

○ 貸付金額:3億円

○ 貸付利率:0.6%

○ 貸付期間:10年

○ 緊急時の措置:上水道事業会計が不測の事態で緊急に資金を必要とする場合は、上水道事業会計は一般会計に全額または一部の返済を求め、一般会計は、その求めに応じなければならない。また、一般会計の財政調整基金が貸付残額を下回るおそれのある状態になった場合は、一般会計は上水道事業会計に速やかに報告し協議する。

○ 利子:約997万円 (貸付利率:年0.6%)

 (上水道事業会計が10年償還で受取る利子合計額)

 ※上水道事業会計が金融機関で運用する利率(0.3%)で受取る利子合計額より約500万円多くなっています。

「亀岡市上水道事業会計と亀岡市一般会計間における長期資金の貸借に関する協定書」(PDF:99KB)

 2 下水道事業予算について

  ◎収益的収支(消費税除く) (単位:千円)

予算項目

予算額

 下水道事業収益 (A)

18億4,672万3千円

 

 営業収益

15億7,544万6千円

 

 下水道使用料

15億4,743万3千円

 その他営業収益

2,801万3千円

 営業外収益

2億7,127万7千円

 

 他会計補助金

2億7,106万0千円

 その他

21万7千円

 下水道事業費用 (B)

17億6,204万1千円

 

 営業費用

12億8,946万4千円

 

 職員給与費

1億1,884万6千円

 維持管理費

7,512万0千円

 修繕費

5,503万8千円

 委託料

2億9,797万4千円

 負担金

4,588万1千円

 その他営業費用

1,901万1千円

 減価償却費など(C)

6億7,759万4千円

 営業外費用

4億7,257万7千円

 

 支払利息

4億3,417万8千円

 雑支出など

3,839万9千円

 当年度純利益(▲純損失) (A-B)

8,468万2千円

 累積利益剰余金(▲累積欠損)

▲8億9,625万9千円

 

 ◎資本的収支(消費税除く) (単位:千円)

予算項目

予算額

 資本的収入 (D)

13億3,101万4千円

 

 企業債

3億9,420万0千円

 

 国庫補助金など

3億9,889万0千円

 

 受益者負担金

7,812万9千円

 

 他会計負担金

4億5,979万5千円

 資本的支出 (E)

20億5,684万1千円

 

 建設改良費

9億0,347万9千円

 企業債償還金

11億5,336万2千円

 資本的収支差引 (D-E)

▲7億2,582万7千円

 

 ◎現金収支(消費税除く) (単位:千円)

 

予算額

 総収入 (F=A+D)

31億7,773万7千円

 総支出 (G=B+E-C)

31億4,128万8千円

 現金収支差引額 (F-G)

3,644万9千円

 累積資金

▲3億3,163万1千円

 

営業運転資金にあてるための企業債

1億5,000万0千円

 

3 上下水道事業予算の詳細について

 上下水道事業予算の詳細については、平成24年3月定例会提出議案の『上水道事業会計』および『下水道事業会計』をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道部総務・経営課下水道経営係

亀岡市北古世町1丁目2-5 

電話番号:0771-25-6761

FAX:0771-22-6336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る