• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

更新日:2019年1月11日

ここから本文です。

かめおかプラスチックごみゼロ宣言の背景

plagomi0

はじまり~美しい保津川を再び~

平成17年、保津川下りの船頭さんが保津川渓谷の自然景観に影響を与えるペットボトルやレジ袋、発泡スチロールなど、流域に漂着するプラスチックごみとの戦いに挑んだところから「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」に至る流れはスタートします。

平成22年3月には、保津川遊船企業組合の中にエコグリーン委員会が誕生し、組織的な清掃活動が実施されるようになりました。

しかしながら、拾っても拾ってもなくならない漂着ごみ。大雨などで保津川が増水すると、きれいになった保津川が再びプラスチックごみだらけになります。「自分たちが取り組むこの清掃活動に意味があるのだろうか」と心が折れそうになる委員たち。そんなエコグリーン委員会の活動に意味を与えたのは、地球規模の問題となっていた海洋プラスチック汚染でした。清掃活動を始めた船頭さんの一人である、豊田理事長は「保津川でのプラスチックごみとの戦いは、結果として下流にプラスチックごみを流さない、海洋プラスチック汚染という大きな戦いにつながっている。自分たちの戦いに大きな意義があることに気付くことができた」と想いを語ります。

広がる環境保全の輪

そして同じ頃、保津川流域の環境保全に取り組む特定非営利活動法人プロジェクト保津川(原田禎夫代表理事)平成19年7月(法人設立は平成20年3月)に誕生。このプロジェクト保津川がこれまでに積み重ねた月1回の保津川クリーン作戦は、平成30年12月で117回を数えます。流域の関係者とのネットワークは大きく広がり、その認知度は淀川流域、さらには国内外のNPOやNGOなどの関係者にまで広がっています。

亀岡から世界に発信~海ごみサミット~

こうした取り組みにNPOや関係団体、行政が賛同、大きな流れとなり、平成24年に内陸部の自治体で初開催となる海ごみサミット2012亀岡保津川会議が国・府・NPO・NGOなど国内外の関係者700人以上を一堂に会して開催されることとなります。

海ごみサミット2012亀岡保津川会議では、「亀岡保津川宣言」「川のごみや海のごみをともに考える京都流域宣言」を採択、内陸部におけるプラスチックごみ発生抑制の取り組みや社会のルールづくり、そして川の流れのように全国につながる大きな流れを創造していく想いを参加者全員が共有して閉幕しました。

このサミット翌年の平成25年には、サミットの両宣言に賛同し、宣言の内容の具現化を目指し、保津川でつながる市民、企業、団体、大学、NPO、行政15団体が参画する「川と海つながり共創(みんなでつくろう)プロジェクト」を設立、「保津川の日(本市最大の清掃イベント)」や「こども海ごみ探偵団(環境学習)」など多くの市民、次代を担う子どもたちとともに現在も発生抑制対策に取り組んでいます。

さらに亀岡市は、住環境・自然環境をより向上させ、「世界に誇れる環境先進都市」の実現を目指した取り組みを進めています。平成30年3月、循環型社会の構築のため「亀岡市ゼロエミッション計画」を策定しました。

プラスチックごみを取り巻く現状

近年、海洋プラスチック汚染の問題は、その深刻な状況がクローズアップされており、世界中の国々で、削減に向けた取り組みが進められています。本年10月に我が国環境省が示したプラスチック資源循環戦略では、レジ袋有料化を義務化する方針が固められており、実効的な資源循環や海洋プラスチック対策など、2025年までに使い捨てプラスチックごみ25%削減を目標とする削減対策が加速しようとしています。

そして、一歩を踏み出した亀岡市

こうした流れの中で、亀岡市は平成30年12月13日、亀岡市議会とともに「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を行いました。

宣言2日後の12月15日、国連では、2025年までにプラスチック製のレジ袋やストロー食器の使用をやめたうえ、最終的には使い捨てプラスチックの全廃を目指す戦略を各国がつくるなどとする国連環境計画(UNEP)の閣僚宣言案が明らかとなりました。さらに12月21日、EUでも28カ国全てが、ストローや食器など10種類の使い捨てプラスチック製品を2021年までに廃止することに合意しています。

plagomi2

未来のために、私たちにできること

今まさに、世界は使い捨てプラスチック廃止に向けて動いています。

本市が、使い捨てプラスチック削減の第一歩として取り組むのがプラスチック製レジ袋の削減です。まずは、レジ袋の有料化とエコバック持参を呼びかけ、プラスチック製レジ袋の全体量を大幅に削減したうえで、全国に先駆けてプラスチック製レジ袋禁止条例を制定、本市社会のルールづくりを進めます。この度の宣言は、広くメディアに取り上げられ、日本国内に止まらず、中国や台湾でも報道されています。この宣言が、日本社会を動かす布石となり、広く波及することを願うところです。

しかしながら、プラスチック製レジ袋の禁止は一つの手段であって、目的ではありません。このあと、使い捨てプラスチックごみゼロを目指して、さまざまなプロジェクトを展開してまいります。
プラスチックごみゼロに向けた取り組みは、社会全体での理解と協力が不可欠です。海洋プラスチック汚染の問題は長期的な視野での持続可能な取り組みを続けていかなくてはなりません。そのためにも、「環境保全」と「地域の活性化」が一体となったまちづくりを進めていく必要があります。一人ひとりの意識、行動をつなげ、大きな動きを創り出すことが今、求められているのです。

plagomi1

 

お問い合わせ

環境市民部環境政策課環境政策係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5024

FAX:0771-22-3809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る