• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2017年6月19日

ここから本文です。

亀岡市家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金について

亀岡市では、再生可能エネルギーで電気を創り、貯め、賢く使う自立型エネルギーの普及を促進するため、自ら居住している市内の住宅に、太陽光発電システムと同時に蓄電設備を設置された場合、一定の条件を満たす人に補助金を交付します。

受付の期間について

受付期間:平成29年4月3日~平成30年3月30日

※平成29年度は上記の受付期間となりますが、申請金額が185万円(5件分)に到達した時点で終了します。

対象者(次の全ての要件を満たす人)

・亀岡市内に住所を有している人

・自ら居住している亀岡市内の住宅に電力を供給する目的で、太陽光発電システムと同時に蓄電設備を設置している人

・電力会社と電力受給契約を締結している人(受給開始日から6ヶ月以内)

・市税を滞納していない人

・その他、亀岡市家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助事業補助金交付要綱(ワード:23KB)に記す要件を満たす人

対象システム(次の全ての要件を満たすもの)

太陽光発電システム

・住宅の屋根などへの設置に適しているもの

・電力会社の低圧配電線と逆潮流有りで系統連結しているもの

・太陽電池モジュールの最大出力値が10kW未満であるもの

蓄電設備

・太陽光発電システムと常時接続しており、同システムが発電する電力を充放電できる蓄電池および電力変換装置で構成される一体の装置であり、住居部分に電力を供給するために設置されているもの

・蓄電池の容量が1kWh以上であるもの

太陽光発電システムと蓄電設備で共通するもの

・未使用品であるもの

・性能・安全性において、中立・公正な第三者機関から認証を受けているもの

・建築物の総床面積の2分の1以上が居住(自ら居住)の用に供されているもの(アパート・マンション・共同住宅などは不可)

補助金額

1.太陽光発電システム1kWあたり1万円(上限4万円を限度とする)

2.蓄電池1kWhあたり5.5万円(上限33万円を限度とする)

※1,000円未満の端数がある時は切り捨て

提出書類

補助金交付申請のとき

1.亀岡市家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金交付申請兼実績報告書(ワード:21KB)

2.住民票(コピー不可、3ヶ月以内のもの)

3.工事請負契約書の写しまたは売買契約書の写し(新築の場合は、太陽光発電システムと蓄電設備の設置が分かる内訳などを添付)

4.太陽光発電システムおよび蓄電設備の設置費用に係る領収書の写し(支払いがローンの場合、ローン契約書の写し)

5.太陽光発電システムおよび蓄電設備の設置場所および設置状態が確認できる写真

6.電力会社との電力受給契約書の写し(再生可能エネルギー発電に関する電力需給契約のご案内)

7.蓄電設備の規格、型式、蓄電容量など仕様が分かる書類の写し

8.市税の完納証明書(コピー不可、3ヶ月以内のもの)

9.太陽光発電システムの出力対比表

10.同意書(申請者と住宅の所有者が異なる場合、または所有者が申請者以外にもおられる場合に必要)(ワード:22KB)

補助金交付の決定を受けたとき

1.請求書(ワード:20KB)

2.委任状(申請者と口座名義人が同じ場合は必要ありません)(ワード:22KB)

その他

・この補助金を利用して設置した太陽光発電システムと蓄電設備は、法定耐用年数の期間内は処分することができません

・不正な手段で補助金の交付を受けた場合などは、交付決定を取り消したり、返還を求めることがあります

・そのほか詳細な点は、市役所1階8番窓口の環境政策課まで問い合わせてください

お問い合わせ

環境市民部環境政策課環境政策係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5023

FAX:0771-22-3809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る