• 京都・亀岡 ふるさと力向上寄附金(ふるさと納税制度)
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 自然環境 > 環境啓発 > 川と海つながり共創(みんなでつくろう)プロジェクト活動中!

更新日:2014年12月5日

ここから本文です。

川と海つながり共創(みんなでつくろう)プロジェクト活動中!

平成24年8月に開催しました第10回海ごみサミット2012亀岡保津川会議の成果を踏まえ、同サミットで採択された「亀岡保津川宣言」「川のごみや海のごみをともに考える京都流域宣言」の内容を具現化するため、市内の関係16団体で組織する「川と海つながり共創(みんなでつくろう)プロジェクト」が川のごみ・海のごみを減らすために取り組む活動の概要についてお知らせします。

この後も活動は、まだまだ続きます。随時更新していきますのでお楽しみに!!

亀岡保津川宣言(PDF:181KB)

川のごみや海のごみをともに考える京都流域宣言(PDF:156KB)

『環境教育事業』

こども海ごみ探偵団事業

市内の親子28組67名が「こども海ごみ探偵団」として、保津川【川】と友ヶ島(和歌山市)【海】で清掃活動を行ったあと、回収したごみの実態を調査を行うことで、川と海のごみの似ているところや違うところを調べることとしていましたが、今年度は、台風の影響を受け、友ヶ島【海】の調査が中止となってしまいました。そのため、海のごみの調査結果は、昨年度の調査結果を使って比較、分析しています。

保津川調査

とき

◆平成26年7月21日(月曜日・祝日)

ところ

◆保津渓谷内

内容

◆保津川下りの舟に乗って、保津川の自然を体感しながら、保津溪谷内の調査ポイント(女渕)で清掃活動を行い、川の漂着ごみにはどんなものがあるかを調査(ICC調査…組成調査)しました。

【清掃活動のようす】

こども海ごみ探偵団 調査船   こども海ごみ探偵団 清掃活動のようす

【ICC調査のようす】 

こども海ごみ探偵団 ICC調査のようす   こども海ごみ探偵団 ICC調査のようす2 

友ヶ島調査

◆平成26年8月2日(土曜日)、9日(土曜日、雨天時等の予備日)に瀬戸内海に浮かぶ無人島「友ヶ島」で海のごみ調査(ICC調査…組成調査)を実施する予定でしたが、両日ともに台風の影響を受け、残念ながら中止となってしまいました。

(和歌山市友ヶ島)

友ヶ島の位置図(PDF:237KB)

調査結果       

保津川調査結果のまとめ(本文)(PDF:190KB)

保津川調査結果データ(構成比円グラフ)(PDF:48KB)

川と海のごみの比較データ(構成比棒グラフ)(PDF:44KB)

オプション学習【探偵わいわいミーティング】

とき

◆平成26年10月4日(月曜日・祝日)

ところ

◆ガレリアかめおか2F研修室

内容

◆保津川調査や友ヶ島調査の結果データをもとに、海のない亀岡で私たちにできることは何かを考えました。

【会議のようす】

探偵わいわいミーティング

 

会議資料

ミーティングまとめ(PDF:55KB)

オプション学習【竹野浜クリーン活動&塩づくり体験】

とき

◆平成26年11月22日(土) (出発)午前7時(帰着)午後8時

ところ

◆竹野浜海岸(兵庫県豊岡市竹野町)

内容

◆竹野浜海岸での海岸清掃・ICC調査のあと、海岸に漂着した木などを燃料にした塩づくり体験、さらには、この塩でにぎったおにぎりを食べて、改めて川や海の自然環境を守っていくことの大切さを学びました。

全体写真

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【清掃活動のようす】

清掃活動のようす1    清掃活動のようす2

【ICC調査のようす】

ICC調査のようす

【塩づくり体験のようす】

塩づくり体験  

【手作りの塩を使っての昼食】

昼食づくり    昼食のようす

【城崎温泉 城崎文芸館での麦わら細工体験のようす】

麦わら細工体験のようす みんなでハガキを作りました!

 調査結果

企画書(PDF:1,613KB)

竹野浜調査結果データ(構成比円グラフ)

海ごみ環境学習事業

小学校の総合的な学習の時間と連携し、海ごみ(海岸漂着ごみ)の発生抑制を切り口にした環境学習事業を実施しました。

【亀岡小学校/曽我部小学校/千代川小学校/ひえ田野小学校/大井小学校】

とき(第1回目)

◆亀岡小学校    6月26日(水曜日)

◆曽我部小学校   6月27日(木曜日)

◆千代川小学校   6月30日(月曜日)

◆ひえ田野小学校   7月2日(水曜日)

◆大井小学校    7月4日(金曜日)

テーマ

◆きれいな海と川を守るために「みんなで考えよう、ごみのこと」

 講師

◆川と海つながり共創プロジェクト

原田禎夫事務局長(特定非営利活動法人プロジェクト保津川代表理事、大阪商業大学准教授)

田部頼子委員(保津川の世界遺産登録を目指す会)

山内俊房亀岡人と自然のネットワーク副代表

塩尻知己事務局次長(亀岡市環境市民部環境政策課担当課長)

上田 賢亀岡市環境事業公社庶務課庶務係長

授業テキスト(PDF:1,782KB)

海ごみ環境学習授業のようす   海ごみ環境学習授業のようす

海ごみの基礎知識や発生のメカニズムを学習しました。

とき(第2回目)

◆大井小学校    10月20日(月曜日)

◆千代川小学校   10月20日(月曜日)

◆曽我部小学校   10月20日(月曜日)

◆亀岡小学校     10月24日(金曜日)

◆ひえ田野小学校 10月24日(金曜日)

テーマ

◆海をゴミだらけにしないために、身近な生活の中で自分達にできること(まとめ)

 講師

◆九州大学大学院工学研究院 准教授 清野聡子先生

授業テキスト(PDF:4,161KB)

授業風景(千代川小学校)   授業風景(曽我部小学校)

 第3回スポーツGOMI拾い亀岡大会in保津川 

スポGOMIロゴ

 

 

スポーツGOMI拾い亀岡大会in保津川は、次代を担うこどもたちと一緒に、川や海の「漂着ごみ」について楽しく考えるイベントとして開催しています。今年度は、市内の小・中学生(オープン参加含む)27チーム80名の参加をいただき大変盛り上がった大会となりました。

 

 

スポーツGOMI拾いとは??

 「スポーツで、街をきれいにする!」 企業や団体が取り組む従来型のごみ拾いに「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。    

 ★同じ目標へ立ち向かう ★チームで力を合わせる ★達成感 ★爽快感 ★負けた時の悔しさ ★次は勝ちたいという気持ち

などスポーツの持つ特有の素晴らしいキーワードが競技者自身のごみ拾いへの価値観を一新させます。スポーツには既存の価値観をプラスに転じる力があります。スポーツGOMI拾いは、あらかじめ定められたエリアで、制限時間内に、チームワークでごみを拾い、ごみの量と質でポイントを競い合うスポーツです。

来年も開催を予定しています。ぜひご参加ください!  

                      全体写真 

               参加者みんなで声を合わせて、『ごみ拾いは、スポーツだ!!』

 とき

◆平成26年11月8日(土)午前9時30分~正午まで

ところ

◆保津大橋上流右岸河川敷

大会の様子

 作戦タイム  競技の様子

★作戦タイム…ポイントが高いのは何かな?     ★燃えるごみや燃えないごみ。たくさん集めるぞー!  

海ごみ環境学習  表彰式

★漂着ごみ学習の紙芝居『ゴミはどこへ行くの?』  ★表彰式 おめでとう!コスチュームもかわいい!

大会結果

◆小学生低学年の部

優   勝 篠少年野球クラブH / 準優勝 篠少年野球クラブE / 第3位  スポGOMIガールズ

◆小学生高学年の部

優   勝 レッド / 準優勝 篠少年野球クラブD / 第3位  亀岡少年野球クラブワリアーズ亀岡D

◆中学生の部

優   勝 チーム高田 / 準優勝 deer / 第3位  B-Friends OG

参考

スポーツGOMI拾い亀岡大会in保津川ローカルルールブック(PDF:456KB)

スポーツGOMI拾い亀岡大会in保津川実施要綱(PDF:208KB)

スポーツGOMI拾い連盟OfficialSite(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境市民部環境政策課環境保全係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5023

FAX:0771-22-3809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る