• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 観光 > 大河ドラマ「麒麟がくる」 > 丹波亀山鉄炮隊による古式火縄銃新春初撃ち(2020年大河ドラマ「麒麟がくる」プレイベント)について

更新日:2018年12月4日

ここから本文です。

丹波亀山鉄炮隊による古式火縄銃新春初撃ち(2020年大河ドラマ「麒麟がくる」プレイベント)について

古式火縄銃新春初撃ち

平成31年の新春を寿ぎ、丹波亀山鉄炮隊が古式火縄銃の初撃ち(2020年大河ドラマ「麒麟がくる」プレイベント)を行います。丹波亀山鉄炮隊隊員は、それぞれ兜に明智桔梗紋の前立を取り付け、明智光秀臣下の鉄砲隊をイメージして鉄砲の「黒」を基調とした明智桔梗紋の旗印を取り付けた手づくり甲冑を着用して演武を行います。平成30年に続き、2回目(2年目)の新春初撃ちです。皆様お誘い合わせの上、ぜひ、丹波亀山鉄炮隊の勇姿を見にお越しください。

 

1 日時 平成31年1月2日(水曜日)午前10時~(およそ15分間)

2 場所 出雲大神宮 西鳥居前広場(亀岡市千歳町出雲)

3 内容 8人の丹波亀山鉄炮隊隊員が5回連続発射を行います。

4 備考 ・小雨決行しますが、強風や豪雨などの悪天候の場合は中止とします。

 ・発射は空砲で行います。

 ・平成27年~29年には、島根県の松江城で新春初撃ちを実施しました。

昨年の様子

初撃ち1 初撃ち2

丹波亀山鉄炮隊の概要

市民による「手づくりのまちづくり」と「明智光秀のまち・亀岡」の意識を高めるため、市民自らが手づくりの甲冑を製作し、この甲冑を着用して「亀岡光秀まつり」などの行事に参加する「亀岡手づくり甲冑の会」の姉妹団体であり、明智光秀が火縄銃の名手であった故事に基づき、火縄銃を通じて光秀公を顕彰するために設立されました。丹波亀山鉄炮隊は、京都府下で唯一の古式火縄銃鉄砲隊であり、全国各地で古式火縄銃の演武を実施しています。

お問い合わせ

市長公室光秀大河推進課

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5093

FAX:0771-25-0600

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る