• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2017年2月8日

ここから本文です。

丹波亀山城下町

歴史の先人に学ぶ時間

図:丹波亀山城下町

JR亀岡駅にほど近く、小高い丘に石垣と濠を遺す丹波亀山城址。
天正7年(1579)、丹波平定の拠点として明智光秀が築城し、歴代城主により整備されました。
慶長15年(1610)、藤堂高虎によって五層の天守が完成。
しかし、明治11年ごろ、当時の政府により解体。現在丹波亀山城は石垣とお堀を遺すだけとなっています。
丹波亀山城を中心に栄えた城下町は現在も残っており、京格子、虫籠窓の商家や町家など、いにしえの風情を今に伝えています。

 

丹波亀山城天守復元図

丹波亀山城天守復元図

 

亀岡市文化資料館第27回企画展図録
「探求!丹波亀山城」掲載丹波亀山城天守復元図(松田克仁氏復元)を参考に作成


町屋の亀岡・亀岡の町屋

図:町家

明智光秀が築いた丹波・亀山城の城下町は、敵が容易に本丸へ近づけないように、城下町の道路は迷路のようにはりめぐらされており、町そのものが軍事要塞となっています。
こうした旧亀山城下に連なる町屋は、京の町屋の特徴である平入町屋と、農家の在地方町屋の特徴である妻入町屋が混在していることで、亀岡は町屋文化の交流点といえます。

亀岡では、町屋の連なる城下町を小さなコミュニティバスが走り、秋になると亀岡祭の11基の鉾が亀岡の旧城下町を巡行します。
[亀岡祭…毎年10月23日宵々山・10月24日宵山・10月25日巡行]


写真:町屋写真:妻入町屋写真:平入町屋写真:町屋の格子戸写真:町屋の風景写真:犬矢来写真:なまこ壁写真:観光客でにぎわう城下町

城下町の写真スポットや名所は、下記の城下町散策マップをご参照ください。
城下町散策マップ(PDF:1,172KB)(別ウィンドウで開きます)

丹波

写真:町屋の紅殻格子イラスト:「丹」の説明写真:小豆

「丹波」。
この名の云われは、かつてこの地が「丹」(あか)い「波」の立つ湖だったからだと伝えられています。
亀岡の町屋の紅殻格子(べんがらごうし)も「丹」です。
亀岡特産の小豆も「丹」です。
そして「丹」という字には「まごころ」という意味があります。
丹波・亀岡は「丹」が示す「まごころ」のまちです。
本町・内丸町・旅篭町・呉服町・塩屋町など往時の城下町の名を残し、町屋の連なるまちかどで、伝統的なお店や個性的なお店を探してみてください。きっと「まごころ」に出会えます。

■ところ:亀岡市内中心部[JR亀岡駅の南約800から1000m付近]

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る