• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2012年12月21日

ここから本文です。

のんびり城下町コース

明智光秀公ゆかりの丹波亀山城跡をたずね、城跡から南に広がる城下町を散策。
各所に残る町家やなまこ壁、辻子にいにしえの風情がしのばれます。

 

コース

JR亀岡駅 ~ 5分(0.3km) ~ 
丹波亀山城跡(宗教法人大本・花明山植物園) ~ 8分(0.5km) ~
城下町散策(紺屋町・本町周辺) ~ 20分(1.3km) ~
西山緑花公園 ~ 25分(1.6km) ~
鍬山神社 ~ 10分(1km) ~ 那須与市堂 ~ 15分(1km) ~ 
聖隣寺 ~ 8分(0.5km) ~ 光忠寺 ~ 10分(0.6km) ~
JR亀岡駅

 

距離:7km
所要時間:2時間

 

のんびり城下町コース地図

 

 

ミニガイド

丹波亀山城跡

JR亀岡駅から正面に見える小高い丘にあり、天正年間、丹波亀山城主・明智光秀公が城築した城。
石垣と内濠の一部が現存しています。
現在は宗教法人大本の本部がおかれ、苑内の花明山植物園には日本の珍しい植物が集められています。
お堀跡である南郷池横の南郷公園は桜の名所。
丹波亀山城址南郷公園

 

 

鍬山神社

丹波開拓の神である大己貴神(大国主神)と、祭神である誉田別尊(八幡神)の二神をお祭りする神社。
代々の亀山城主の保護を受け隆盛しました。
秋には紅葉が美しく、多くの見物客でにぎわいます。
秋の鍬山神社

 

 

聖隣寺

織田信長の供養塔があり、毎年6月第1日曜日には信長公忌が執り行われます。
毘沙門堂には、丹波亀山城二の丸に安置されていたと伝えられる高さ1m程の毘沙門天立像がまつられています。

 

 

光忠寺

亀山藩主・形原松平氏の菩提寺。
ボタンの花寺とも呼ばれています。

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る