• 京都・亀岡 ふるさと力向上寄附金(ふるさと納税制度)
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

総合トップ ホーム > 観光 > みんなの亀岡自慢あれこれ

更新日:2016年10月28日

ここから本文です。

Twitter・Instagramで投稿しよう!みんなの亀岡自慢あれこれ

自然、風景、歴史、文化、グルメなど、亀岡のいいところ、誇れることを集めた亀岡ギャラリー。
「亀岡のここが好き」「あそこはぜひ紹介したい」そんな皆さまのとっておきの「亀岡自慢」でつくるページです。
参加方法は、あなたの亀岡自慢を撮影して、TwitterやInstagramで「#亀岡自慢あれこれ」をつけて投稿、シェアするだけ。
いただいた投稿は事務局で選定し、みんなの亀岡自慢としてギャラリーに追加していきます!

※詳細につきましては利用規約をご確認ください。
当企画にハッシュタグ「#亀岡自慢あれこれ」を付けて応募された場合には、本規約に同意したものとみなします。

daizessan

昨日ーおとまり1日目
なかよしの三人に紹介!
某友人はお味噌汁こぼしちゃったのに、入れなおしてくれはったところに感激。雰囲気も対応もお料理も良すぎる~

コッペパン

家族分+おとまり分選ぶのたのしかった。ちょっぴり贅沢

隠れ家的

どこを撮っても絵になる、、
いろんなイス いろんなあかり いろんな角度。

こだわり

前菜のビスケット ひとつひとつ凝っててどれもこのお店にしかない味

野菜あんかけうどん

野菜あんかけうどん、ご馳走になりました
おいしかった~
亀岡通ってたのに知らんかった!

バスの第2の人生

引退後どれくらいここにあるのかなぁ。
バスの第2の人生。
京都府亀岡市にて。

市民駅伝

市民駅伝

syubyouten

種類豊富なタネがたくさん
カメオカやさいはここから来るんかな~

blacky

木のぬくもりが感じられるあったかい場所。
落ち着く空間でした。

おばんざいサロン

京のおばんざいサロン
上の世代の方とお話しできて、想いを同じくできてうれしかったです
「(この指とまれ)こうしてくれたらパッと掴みにいくから」って言葉が励みになりました。

アンティークショップ

アンティークショップはワクワクしますね。

和菓子

和菓子。いただきます。

lunchprate

ランチプレート

豆皿

豆皿

localness

localness

kamemaruchokobananaice

かめまるチョコバナナアイス

kamebe

のんびり、ゆっくり、着実に。

izumodaijingu_powerspot

出雲大神宮 パワースポット

kameokastation

kameoka station

クニッテル通り

クニッテル通り

お昼ごはん

車麩カツとおそう菜のヘルシーメニュー
オーナーさんのお人柄に改めて惹かれました!

yukigesiki

馬堀駅に積もった雪。 今年は積もらないのかなぁと思っていたら。。。

kameokaunkai

亀岡の雲海です。 霧がかかっているときはほとんど見られます。

makizushi-tenpura

“すき" のチラ見せ。

ファインダー

ファインダー-京都女学院物語-今日から連載始まりました!

消防出初式2017

雨の中、消防出初式。南郷池で一斉放水。

成人式2017

成人式。喜びあふれる新成人たち。

雪景色001

大雪
昼間は反射で眩しかったけど
明るくてめっちゃ綺麗やった!

雪の磐榮稲荷神社

白と赤の対比はこうも映えるものか。
(磐榮稲荷神社にて)

雪景色002

no comment

穴太寺の福給会

穴太寺の福給会(ふくたばえ)。
幸福を授かる赤札、私のところに振ってきて!

mochituki!

ゲストハウス藤原邸。
Getting ready for the new year!

ほどよいところです

ほどよいところです。

わたぼうしの牛松山

ゆきやこんこ
わたぼうしかぶりました

冠雪の牛松山

冠雪の牛松山

雲海に感動する明智かめまるくん

雲海に包まれた亀岡盆地。竜ケ尾山にて。

まちのスポットガーデン

市民の皆さんと取り組む、まちのスポットガーデン。河原町にて。

霧に包まれるJR亀岡駅

no comment

亀岡の空からみる雲海

ヘリコプターから撮影。保津川、雲海。亀岡を象徴する風景です。

あまざけ

大会当日(12/11)、亀岡運動公園体育館前のにぎわい会場の様子です。参加ランナーには甘酒のふるまいが行われました。

霧のまち

ロンドンの次に霧の濃いまち。

夕日とすすき

ガレリアよこ
すすき
真っ白でキラキラしてた

亀岡運動公園桜ライトアップ

亀岡運動公園の桜ライトアップ

牛松山の朝日

牛松山にのぼる朝日

水温む南郷公園

水温む南郷公園

ガレリアかめおかバラ園

バラ園から見たガレリアかめおかです

七谷川の桜ライトアップ

七谷川の桜

大本本部001

no comment

出雲大神宮の紅葉

島根ではなく、京都の出雲大神宮。
生えてる紅葉も綺麗ですが、落葉したものが赤い絨毯のごとく誰にも踏まれずに残っている様子も素晴らしい。

朝陽が差し込む森の京都

朝陽が差し込む森の京都

霧に包まれる森の京都

霧に包まれる森の京都

オハツキイチョウ001

丹波国分寺のオハツキイチョウ。こちらは夏に撮影したもの。
奇形とも言われ、まれに葉に実がつくという。国内でも約20本しかなく、この木は樹齢数百年とも言われる巨木。
京都府が選定する「天上の木10選」のひとつ。

オハツキイチョウ002

丹波国分寺のオハツキイチョウ。
奇形とも言われ、まれに葉に実がつくという。国内でも約20本しかなく、この木は樹齢数百年とも言われる巨木。
京都府が選定する「天上の木10選」のひとつ。

亀岡一望

no comment

京馬車

no comment

桑田神社の紅葉

亀岡市トロッコ亀岡駅からすぐにある桑田神社の紅葉です。多くの外国人で賑わっていました。

穴太寺紅葉001

穴太寺(京都府亀岡市)の紅葉は見頃を迎えています。
ときどき団体さんがバスで来られますが、それ以外は人も少なく撮影もし易いです。

ほづあい研究所

Aizen inkameoka

亀岡祭高砂山

kameoka festival

田園風景

Autumn Landscape

秋の神社

Autumn Landscape

亀岡祭三輪山

Autumn Landscape

大内神社の杉

まだあまり知られていないであろう京都指定の「天上の木10選」のひとつ。亀岡市の大内神社にある杉。数百年前からあると言われている歴史を感じさせる大杉。かつて落雷により、燃え落ちそうになったこともあり、幹にはコンクリートが詰められている箇所も。
幹回りは8mもある。

七谷川の桜001

京都は亀岡市。川の両側からソメイヨシノが立ち並ぶ桜スポット。橋の上からの最後のショット。花咲か爺さんが横切っていったのかと思わせる(笑)

七谷川の桜002

京都は亀岡市。川の両側からソメイヨシノが立ち並ぶ桜スポット。
ソメイヨシノ以外にも数多くの桜が植えられており、両側の川沿いを合わせると1500本近くあるそうで。

七谷川の桜003

京都は亀岡市。川の両側からソメイヨシノが立ち並ぶ桜スポット。この七谷川は水も少なく、子どもが川で遊べます。川の下から見る桜も良いものです。撮り忘れてしまいましたが。

亀岡祭高砂山001

古い町並みに山鉾。
祇園祭?
違います・京都府は亀岡市で開催される亀岡祭の一場面です。

御蔭の滝

「御蔭の滝(みかげのたき)」京都は亀岡にある出雲大神宮にあるスポット。
なかなか雰囲気のある場所です。

神蔵寺ライトアップ

神蔵寺ライトアップ
紅葉も地面に置いてあるライトもめちゃくちゃ綺麗でした。チャリでしんどい思いしながら登った甲斐あり(笑)
住職さん、おばちゃんも優しかった~

パンのうつわと木のスプーン2

ふくくる
“パンのうつわと木のスプーン”
今日は『スープの日』でレストラン淳さんのカボチャシチューをいただいてきました
濃厚。自然のうまみたっぷりでした

保津川下りとトロッコ列車

The autumnal leaves and the Hozu River descent,the moment when the truck train is complete.

大本本部

Autumn leaves hunting

南郷公園の紅葉

no comment

みずのき美術館

barbar? It is a museum!

神蔵寺ライトアップ02

no comment

ガレリアのバラ園

no comment

保津橋

no comment

穴太寺の朝

穴太寺の朝
穴太寺は西国三十三所のお寺のひとつです。真ん中に少し見える大銀杏、そう少し寒くなるときれいです。銀杏の落ち葉の絨毯が見えるころ、もう一度訪れたいと思っています。

紅く染まる神蔵寺

神蔵寺(京都府亀岡市)の紅葉はちょうど見頃です。
京都市内のように混んでいないのでゆっくり観れます。
三脚使用可なので、写真撮る人に優しいけれど
小道のコケなんかも壊さないように三脚は設置したいものです。

京都丹波夢ナリエ

京都丹波夢ナリエ、始まりました。宮前町の谷性寺門前、ライトアップとイルミネーションのコラボはとても幻想的。

美しい風景

no comment

雲海02

no comment

光のトンネル

京都丹波夢ナリエ。光のトンネルを嬉しくて駆け出す子どもたち。

出雲大神宮

Space in the mystical forest

田園風景

no comment

鍬山神社の鳥居

no comment

亀岡_夢コスモス園

Cosmos field

雲海

no comment

紅葉の鍬山神社

no comment

鍬山神社ライトアップ

鍬山神社ライトアップ
昨日いってきました~!めちゃくちゃ綺麗
雨降ってきたけどうまいこと葉っぱが傘になってくれて助かった笑

保津川

no comment

丹波国分寺跡

no comment

パンのうつわと木のスプーン

゛パンのうつわと木のスプーン”
薪窯パンふくくるさん×鈴木健太郎さん×わたかまさんのコラボイベント
やっとやっと行けた。徒歩2分で行ける距離やのに(笑)
お洒落で手触りのいいうつわ
美味しそうなベーグル、パン
あったかくて落ち着いた雰囲気
大ファンになりました。

上空からの亀岡市

上空から見た亀岡市。亀岡市との連携のもと、日清医療食品㈱による太鼓簿災害発生時の緊急物資の輸送、供給にかかるヘリコプター離着訓練での撮影です。

コスモス園2016

京都丹波/亀岡 夢コスモス園、風に揺らぐ可憐な花に癒やされました。

ガレリアの秋

ガレリアかめおかの周囲の木々、秋の装いが色濃くなってきました。意外と穴場の紅葉スポットです。

市民文化祭

市民文化祭での体験コーナー、これぞ異文化交流!

宵々山の城下町

亀岡祭の宵々山
本町カフェではお菓子とお抹茶セットが200円と格安なのに香り高い宇治の高級抹茶で、美味しくいただきました。

七谷川の千本桜

亀岡の数ある桜の名所の中でも、千歳町の七谷川沿いの約1,500本に及ぶ桜並木の美しさは圧巻。ライトアップもお見逃しなく!

新緑の保津峡を行くトロッコ列車

緑がまぶしい保津峡を、トロッコ列車が走ります。初夏の亀岡、風が心地いい!

市の花「つつじ」

毎年5月頃、市内の随所でまちを彩る市の花「つつじ」。平和を愛し、美しいまちづくりを念願し、市を象徴する花です。

亀岡光秀まつり、勇壮な武者行列

亀岡ゆかりの戦国武将、明智光秀公の遺徳を偲び、毎年5月3日に行われる亀岡光秀まつり。城下町を行く戦国絵巻さながらの武者行列は圧巻!

人気者!明智かめまる

どこへ行っても大人気の明智かめまる。実は天正元年10月23日、丹波亀山で生まれた男の子。
亀の甲羅を兜に日々武道に励み、丹波・亀山城跡を守っています!

犬甘野、そばの花

9月中頃、西別院町の犬甘野ではそばの白い花が畑一面に咲き、フォトジェニックな風景が広がります。

伝統の佐伯燈籠、人形浄瑠璃

鎌倉時代に宮中から薭田野神社(薭田野町)に灯篭が下賜されたことを祝い、五穀豊穣を願う祭りとして始められたと伝えられる佐伯灯籠。京都府指定文化財に指定される人形浄瑠璃が、歴史と伝統を伝えます。

時代を伝える、丹波亀山城址

JR亀岡駅からすぐ、石垣と塀を残す小高い丘が丹波亀山城址です。戦国時代、明智光秀公は丹波亀山城を中心として城下町づくりを進めました。

亀岡大踊り大会、広がる平和の輪

毎年8月6日夕方、JR亀岡駅前周辺(追分町)で行われる亀岡大踊り大会。丹波音頭や亀岡音頭、湯の花小唄や光秀音頭が鳴り響く中、平和を願う踊りの輪が広がっていきます。

五穀豊穣を願う御田祭

7月第1日曜日、西別院町犬甘野の松尾神社で行われる御田祭。五穀豊穣を願う神事が行われます。早乙女に扮した2人の子どもが、太鼓の音にあわせて田植えを演じるユニークな祭は、京都府登録文化財に指定されています。

花言葉は「誠実な愛」

毎年6~7月、明智光秀公ゆかりの谷性寺(宮前町)の門前で開園する「ききょうの里」。明智家の家紋として知られる可憐な花々は、まさに花言葉である「誠実な愛」を感じさせてくれます。

華やかな花笠が躍る、出雲風流花踊り

出雲大神宮(千歳町)で毎年4月18日に行われる鎮花祭(出雲風流花踊り)。雨乞いの神事が起源とされ、華麗な舞が奉納されます。京都府登録文化財に指定されています。

秋の訪れを告げるレッドカーペット

黄金色の稲穂が揺れる頃、田んぼの畦道を真っ赤に染める彼岸花。亀岡の秋の風景です。(撮影地:曽我部町)

城下町での「ほっこり」は町屋カフェで

本町にある城下町観光案内所は、町家造りのカフェを併設しています。奥にはお庭もありますよ。亀岡の食材を使ったヘルシーなランチやスイーツもおすすめです!

心洗われる可憐な姿、夢コスモス園

運動公園体育館横(吉川町)に広がる、風にそよぐコスモスと自然に囲まれた爽やかな秋のひととき。丹波の味わいに出会えるコーナーやイベントなど、楽しさいっぱいです。

静と動、圧巻の「保津の火祭り」

10月20日、保津町の保津八幡宮、請田神社で行われる秋祭り。荘厳な高張行列のあと、勇壮な火祭りでクライマックスを迎えます。新宮と稚児らの行列が火のまわりを3回廻って、奉持物を神殿に納めます。この火にあたると、その年の健康を約束されるといわれています。

歴史と伝統、町衆の心意気「亀岡祭」

祇園囃子の音が響き、亀岡に晩秋の訪れを告げる亀岡祭。10月23日の宵々山、24日の宵宮では情緒あふれる夜の城下町を楽しむことができ、25日の本祭では山鉾巡行が行われます。室町時代に起源を持つといわれています。

やわらかな灯りに照らされる城下町

10月23・24日は亀岡祭の宵々山、宵宮。城下町は提灯や行燈の灯りに照らされ、幻想的な雰囲気に包まれます。深まる秋を感じながら、まちをそぞろ歩きするのが粋。

京の奥座敷、湯の花温泉

戦国時代、武将が刀傷を癒したといわれる湯の花温泉。京の奥座敷で、いで湯を彩る四季の風光を感じながら、亀岡のおもてなしの粋を楽しめます。

美しい景観と保津峡の急流を楽しむ「保津川下り」

四季折々の美しい景観、自然を満喫するスリルに富んだ豪快な川下りは、世界中の人々を魅了しています。

晩秋、色づく亀岡

上矢田町の鍬山神社。境内を囲むように色づくモミジの美しさが、辺り一面に荘厳な雰囲気を漂わせます。

朝霧に包まれる、ふるさと亀岡

亀岡盆地を覆う深い朝霧は、亀岡を象徴する絶景です。子どもの頃から親しんでいる、心の原風景でもあります。(撮影地:竜ケ尾山)

雪に覆われる七谷川

雪に覆われる七谷川。いつまでも残したい、ふるさとの風景の一つです。

福給会、一年の幸を祈って

1月3日、曽我部町の穴太寺。扇の風にまかせて撒かれる三千枚の福札の中には、幸福を授かる三枚の赤札が入っています。

春うらら、「なばなの里」

千歳町の「なばなの里」。黄色のじゅうたんを敷いたような一面の菜の花が、春の訪れを告げます。

平和を願う大輪の花、保津川市民花火大会

毎年8月7日、亀岡のシンボル保津川を舞台として繰り広げられる光と音の競演、保津川市民花火大会。平和を願う大輪の花が、亀岡の夜空に大きく開きます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る