• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 在宅サービス区分支給限度基準額の改定について

更新日:2014年3月31日

ここから本文です。

在宅サービス区分支給限度基準額の改定について

 平成26年度4月より、消費税率の引き上げに伴い、介護報酬等が改定される予定です。
 それに伴って、1カ月の在宅サービスを1割負担で利用できる上限額(区分支給限度基準額)が引き上げられます。

改定後の在宅サービス区分支給限度基準額

要介護状態区分 改定前 改定後
要支援1 4,970単位 5,003単位
要支援2 10,400単位 10,473単位
要介護1 16,580単位 16,692単位
要介護2 19,480単位 19,616単位
要介護3 26,750単位 26,931単位
要介護4 30,600単位 30,806単位
要介護5 35,830単位 36,065単位

 

 1単位の単価は、10円を基本として地域ごと・サービス種類ごとに人件費の地域差分を上乗せしたものです。なお、平成26年3月31日以前に発行された介護保険被保険者証につきましては、被保険者証の差し替えはしませんので、区分支給限度額の欄を改定後の支給限度額に読み替えていただくよう、お願いします。

お問い合わせ

健康福祉部高齢福祉課介護認定係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5081

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る