• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医薬品副作用被害救済制度の請求および請求期限について

更新日:2015年11月10日

ここから本文です。

医薬品副作用被害救済制度の請求および請求期限について

平成25年3月31日までに市町村の助成により、ヒトパピローマウイスルワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのいずれかを接種した人のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した人は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合がありますので、お心当たりのある人は、具体的な請求方法などについて、次の相談窓口にお問い合わせください。

なお、医療費支給の請求は、当該医療費の支給の対象となる費用の支払いが行われた時から、5年を経過すると請求できません。

【相談窓口】独立行政法人医薬品医療機器総合機構救済制度相談窓口

フリーダイヤル0120-149-931

※ip電話などの人でフリーダイヤルがご利用になれない場合は03-3506-9411(有料)をご利用ください。

【受付時間】月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時~午後5時

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課医療係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5004

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る