• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 【平成29年度】高齢者インフルエンザ予防接種について

更新日:2017年11月17日

ここから本文です。

【平成29年度】高齢者インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種を受けましょう

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。インフルエンザにかかった人が咳や、くしゃみをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。

症状は、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身のだるさ、関節痛、筋肉痛などが突然あらわれ、咳、鼻水などがこれに続きます。普通のかぜに比べて全身症状が強く、また、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することが多いのが特徴です。

予防には、日ごろのうがいや手洗い、十分な栄養と休養が大切です。また、感染予防と症状軽減には予防接種が有効です。流行前の早めの接種がお勧めです。

ワクチンについてのお知らせ

ワクチンの流行型の決定が遅れたため、例年に比べ製造・供給に遅れが生じワクチン不足の状況になっています。インフルエンザワクチンの接種については、まず、かかりつけ医にご相談ください。

接種については、受け付けを終了している場合があるため、予約の必要のない医療機関についても、事前に電話確認いただいてから、受診いただきますようにお願いします。

接種方法

対象者

  1. 接種日に65歳以上の亀岡市民
  2. 接種日に60歳以上65歳未満の亀岡市民で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人で、接種が必要と医師が判断した人

実施期間

平成29年10月21日(土曜日)~平成30年1月31日(水曜日)

接種方法

高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関で直接接種

平成29年度高齢者インフルエンザ実施医療機関(PDF:109KB)

※医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、一覧表で確認してください。

※平成29年度高齢者インフルエンザ実施医療機関以外で接種を希望される場合は、事前に亀岡市健康福祉部健康増進課で手続きが必要です。

接種費用

自己負担金1,500円

費用免除対象

前述の対象者で、市民税非課税世帯および生活保護世帯の人

※接種を受ける前に、申請手続きが必要です。本人確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)をご持参のうえ、亀岡市健康福祉部健康増進課までお越しください。

※費用免除対象であると確認ができた人には、無料の予診票(接種券)をお渡ししますので、それを医療機関に持参してください。

*費用免除申請書(委任状付き)(PDF:119KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課健康管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5004

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る