• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 【平成29年度】個別での予防接種

更新日:2017年5月8日

ここから本文です。

【平成29年度】個別での予防接種

乳幼児予防接種

乳幼児予防接種実施医療機関(PDF:117KB)(別ウィンドウで開きます)で受けてください。予約が必要です。下表以外の医療機関で接種される場合は、別途手続きが必要な場合がありますので、事前に亀岡市保健センターへお問い合わせください。

予防接種手帳をお読みの上、母子健康手帳予診票を持参してください(予診票のない場合は、実施医療機関または亀岡市保健センターにあります。予防接種手帳のない場合は、亀岡市保健センターにあります)。

B型肝炎ワクチン(平成28年10月1日から定期接種化)

対象者:平成28年4月1日以降に生まれた、1歳の誕生日前日までの児

接種対象年齢:生後2カ月~1歳の誕生日前日まで

*生後2カ月~9カ月に至るまでに接種することが望ましい

接種開始時期

接種回数と間隔

接種回数

間隔

 

3回接種

2カ月に至った時から、27日以上の間隔をおいて2回接種(標準的には56日までの間隔をあけて接種)

3回目:1回目の接種日から139日以上の間隔をおいて接種。

 

*通知方法:接種対象月齢に達するまでに個別案内します。

ヒブワクチン

接種対象年齢:生後2カ月~5歳未満

*生後2カ月~7カ月未満に接種を開始することが望ましい

接種開始時期

接種回数と間隔

生後2カ月~7カ月未満で開始の場合

初回:3回(27日以上、標準的には56日までの間隔をあけて接種)

追加:1回(初回接種終了後7カ月以上、標準的には1年1カ月までの間隔をあけて接種)

※ただし、初回接種の2回目、3回目が1歳をすぎる場合は、接種することができず、追加接種にすすむことになります。

生後7カ月~12カ月未満で開始の場合

初回:2回(27日以上、標準的には56日までの間隔をあけて接種)

追加:1回(初回接種終了後7カ月以上、標準的には1年1カ月までの間隔をあけて接種)

※ただし、初回接種の2回目が1歳をすぎる場合は、接種することができず、追加接種にすすむことになります。

1歳~5歳未満で

開始の場合

1回

*通知方法:接種対象月齢に達するまでに個別案内します。

小児用肺炎球菌ワクチン

接種対象年齢:生後2カ月~5歳未満

*生後2カ月~7カ月未満に接種を開始することが望ましい

接種開始時期

接種回数と間隔

生後2カ月~7カ月未満で開始の場合

初回:3回(標準的には1歳までに、27日以上の間隔をあけて接種)

追加:1回(1歳から1歳3カ月を標準的な接種期間として、初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、1歳になった日以降に接種)

※ただし、初回接種の2回目が、

(1)1歳未満までの場合、3回目は2歳未満までに接種することが可能。

(2)1歳を超えて2歳未満までの場合、3回目を接種することができず、追加接種にすすむこととなります。

(3)2歳を超えた場合は2回目および3回目を接種することができず、追加接種にすすむこととなります。

生後7カ月~12カ月未満で開始の場合

初回:2回(標準的には1歳までに、27日以上の間隔をあけて接種)

追加:1回(初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、1歳になった日以降に接種)

※ただし、初回接種の2回目が2歳を超えた場合は接種することができず、追加接種にすすむこととなります。

1歳~2歳未満で

開始の場合

2回(60日以上の間隔をあけて接種)

2歳~5歳未満で

開始の場合

1回

*通知方法:接種対象月齢に達するまでに個別案内します。

4種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風、不活化ポリオ)ワクチン(1期)

接種対象年齢:生後3カ月~7歳6カ月未満

*生後3カ月以降できるだけ早期に接種を開始することが望ましい

初回接種

3回(生後3カ月~1歳になるまでの期間を標準的な接種期間として、4種混合を20日以上、標準的には56日までの間隔をあけて接種)

追加接種

1回(初回接種終了後6カ月以上、標準的には1年から1年6カ月までの間隔をあけて接種)

*通知方法:接種対象月齢に達するまでに個別案内します。

水痘(水ぼうそう)ワクチン

接種対象年齢:1歳から3歳未満

接種回数

間隔

2回(3カ月以上、標準的には1回目終了後6カ月から12カ月までの間隔をあけて接種)

今までに、水痘(水ぼうそう)にかかったことのある人は受けることができません。また、任意接種を受けたことがある人は、その回数分を受けることができません。

*通知方法:接種対象月齢に達するまでに個別案内します。

MR(麻しん風しん混合)ワクチン(1期・2期)

接種対象年齢

1期:1歳~2歳未満

2期:小学校就学前の1年間にある人(平成23年4月2日~平成24年4月1日生まれ)

接種回数

1期:1回

2期:1回

通知方法

1期:11カ月児健診で予診票を配布し案内します。

2期:対象者には保育園・所、幼稚園を通じて案内します。

*通常はMR(麻しん風しん混合)ワクチンの接種となりますが、特に希望する場合は、麻しんまたは風しん単独ワクチンを接種することもできます。

2種混合(ジフテリア、破傷風)ワクチン(2期)

接種対象年齢

11歳~13歳未満

接種方法

1回

*通知方法:市内小学校を通して小学校6年生に案内します亀岡市外に通学している人はご相談ください。

日本脳炎(1期初回・1期追加・2期)

接種対象年齢

1期:生後6カ月~7歳6カ月未満(3歳時に初回接種、4歳時に追加接種することが望ましい)

2期:9歳~13歳未満

接種回数と間隔

1期初回:2回(6日以上、標準的には28日までの間隔をあけて接種)

1期追加:1回(初回接種終了後6カ月以上、標準的には、おおむね1年の間隔をあけて接種)

2期:1回(1期終了からおおむね5年後)
通知方法

1期:1歳6カ月児健診で予診票を配布し案内します。

2期:市内小学校を通して小学校4生に案内します。亀岡市外に通学している人はご相談ください。

特例措置について

平成17年度から平成21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した人について、次のとおり特例が認められています。

平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれの人

接種対象年齢

1期:20歳未満

2期:9歳~20歳未満

接種回数

接種していない残りの回数

平成19年4月~平成21年10月1日生まれの人で平成22年3月31日までに第1期が終了していない人

 

上記のうちで生後90月(7歳6月)または9歳以上13歳未満の人は、第1期接種不足回数分が受けられます。

 

*接種間隔や回数については、接種前に医療機関または亀岡市保健センターに相談してください。

 

子宮頸がん(ヒトパピローマウィルス感染症)予防

接種対象年齢

中学1年生~高校1年生の学年に相当する年齢の女子

(平成13年4月2日~平成17年4月1日生まれの女子)

*中学1年生時に接種することが望ましい

接種回数

3回

*接種間隔や回数については、接種前に医療機関または亀岡市保健センターに相談してください。

接種には、保護者同伴が原則ですが、万が一同伴できない場合は、予診票以外に同意書が必要となります。下記よりダウンロードしてお持ちください。

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)の予防接種同意書(保護者が同伴しない場合)(PDF:275KB)

平成29年度乳幼児予防接種実施医療機関(PDF:117KB)(別ウィンドウで開きます)

高齢者予防接種

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関(PDF:87KB)(別ウィンドウで開きます)で受けてください。予約が必要です。それ以外の医療機関で接種される場合は、別途手続きが必要な場合がありますので、事前に亀岡市保健センターへお問い合わせください。

個別通知しています『高齢者用肺炎球菌』予防接種のお知らせをお読みいただき、同封の名前入りの予診票を実施医療機関に持参し、接種してください。

※平成29年度は、対象の人には、4月下旬に名前入り予診票と『高齢者用肺炎球菌』予防接種のお知らせを個別通知しています。

高齢者用肺炎球菌ワクチン

平成29年度の

接種対象者

〇年度内に各年齢となる人

65歳となる人昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生

70歳となる人昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生

75歳となる人昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生

80歳となる人昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生

85歳となる人昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生

90歳となる人昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生

95歳となる人大正11年4月2日生~大正12年4月1日生

100歳となる人大正6年4月2日生~大正7年4月1日生

 

〇特定の疾患に該当する人

60歳から65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人

実施期間

平成29年4月1日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日)

接種方法

平成29年度高齢者用肺炎球菌予防接種実施医療機関で直接接種することができます。

※必ず事前に予約をしてください。

※接種の際は、送付しています名前入りの予診票を必ず持参してください。

※平成29年度高齢者用肺炎球菌予防接種実施医療機関以外での接種を希望される場合は、事前に亀岡市保健センターでの手続きが必要な場合があります。

接種費用

自己負担金4,000円
費用免除対象

平成29年度の対象者で、「市民税非課税世帯」および「生活保護世帯」の人

接種を受ける前に、申請手続きが必要です。送付しています名前入りの予診票と本人確認できるもの(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード、通知カード(マイナンバーを通知するもの)など)を持参のうえ、亀岡市保健センターまでお越しください。手続きは、実施期間が過ぎると受付できません。

※費用免除対象であると確認ができた人には、予診票に無料印を押印しますので、それを医療機関に持参してください。(市民税非課税世帯であるか否かの確認については、平成29年5月までの申請分は平成28年度分、平成29年6月からの申請分は平成29年度分で確認をします。)

※医療機関で免除を申し出られても、無料印のある予診票がない場合は、支払い免除されません。また、接種後の返金もできませんので、ご注意ください。

*費用免除申請書(委任状付き)(PDF:129KB)

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関(PDF:87KB)(別ウィンドウで開きます)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課健康管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5004

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る