• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

更新日:2019年1月9日

ここから本文です。

12月の公務

歳末たすけあい運動街頭募金活動を行いました

2018-121

12月1日から開始される「歳末たすけあい運動」に伴い、各種福祉団体の協力のもと市内各所で、街頭募金活動が行われました。
歳末たすけあい募金は、共同募金運動の一環として、地域住民やボランティア、自治会や民生委員児童委員、社会福祉施設、関係機関・団体の協力のもと、新たな年を迎える時期に実施されるものです。私もガレリアかめおかにおいて運動に参加し、支援を必要としている人々が安心して暮らすことができるよう、募金への協力を呼びかけました。

科学に親しむ~地域ふれあいサイエンスフェスタ2018~

2018-122 2018-123

12月1日、ガレリアかめおかで楽しい科学の実験やものづくり体験がいっぱいの「地域ふれあいサイエンスフェスタ」が開催されました。亀岡を中心とした地元企業や各種団体、高校や大学などが提供する最新の科学技術に直接触れ、体験できるブースが多数出店し、親子連れでにぎわいました。子どもたちもいろいろな実験にチャレンジし、楽しく可能性に満ちた科学の世界に目を輝かせていました。

すべての人々の生きる権利が尊重されるまちづくりに向けて

2018-124 2018-125

12月2日、「出会い・発見・共生 人権を考える 第36回亀岡市女性集会」がガレリアかめおかで開催されました。
記念講演では、近畿大学人権問題研究所主任教授の北口末広さんを講師に迎え「激変する社会と人権システム創造のために」と題して、部落差別解消推進法の具体化に向けてお話しいただきました。午後からの分科会では、「女性の人権」や「子どもの人権」など5つのテーマに分かれて、参加者同士の経験をもとに考えながら意見交換などを行い、参加された市民の皆さんがさまざまな人権問題への理解を深めました。

勤労感謝の気持ちをいただきました

2018-126

12月6日、亀岡市立幼稚園5歳児の子どもたち39人が亀岡市役所を訪問し、「いつもありがとう」と、自分たちが作ったプレゼントを手渡してくれました。子どもたちからは、「どんな仕事をしてますか?」などの質問があり、それに答えることを通じ、楽しく交流させていただきました。心のこもった勤労感謝の贈り物、誠にありがとうございました。

冬の丹波路を駆ける!ハーフマラソン大会を開催

2018-128 2018-127

初冬の凛とした空気に包まれた亀岡運動公園競技場で12月9日、「第4回京都亀岡ハーフマラソン」を開催し、全国からエントリーした約4,000人のランナーが、自然豊かな亀岡のコースを走りました。また、ゲストランナーには「山の神」こと柏原竜二さん(富士通(株))、ゲストスターターには亀岡出身で「くるり」のベーシスト佐藤征史さんを迎え、大いに盛り上げていただきました。参加していただいたランナーの皆さん、運営に携わっていただいた皆さん、本当にありがとうございました!

おめでとう!バスケットボール男子U16日本代表チーム選抜

2018-129

12月10日、2018年度バスケットボール男子U16日本代表チームに選ばれた、詳徳中学校バスケットボール部の大西一輝選手(3年生)が報告のため来庁されました。
大西選手は1月1日から8日までチェコ共和国のニンブルグで開催されるクリスタルボヘミアカップに派遣されます。私からは、「海外遠征はいい経験になると思うので、体調管理に気を付けて頑張ってください」と激励の言葉を贈らせていただきました。

誰もがいきいきと暮らせる社会のために~第4回「オープン会議」開催~

2018-1210

12月10日、亀岡で活動する団体の皆さんと、直接向き合いこん話する「オープン会議」第4回を開催しました。NPO法人ナルク亀岡の4人に参加いただき、高齢化社会の中での生きがいづくりなどについて、情報・意見交換を行いました。
※これまでに実施した会議の内容などは市ホームページでご案内しています。

心をこめて作った野菜を販売

2018-1211 2018-1212

このほど、市役所1階エントランスホールで丹波支援学校高等部による農作物などの販売実習が行われました。日ごろの作業学習で育てた野菜をはじめお皿などの製品がならび、多くの市民が立ち寄られる中、私も激励に訪問したところです。
会場では、生徒たちが考えたオリジナルレシピをあわせて配布し、より美味しく食べてもらえるよう工夫するなど、来場者の皆さんに活動を効果的に伝える機会となりました。

九条ねぎで地域を元気に!~こと京都(株)、天皇杯受賞!~

2018-1213

このほど、亀岡市内にも生産拠点を持ち、九条ねぎの生産・加工を行っている「こと京都株式会社」が平成30年度農林水産祭天皇杯を受賞され、報告のため市役所を訪問されました。同賞は、農林水産省と(公財)日本農林漁業振興会が共催し、国民の農林水産業への認識を深めるとともに業界全体の技術改善などを目的に実施されるものです。今回、同社は九条ねぎの需要開拓を通じ、農業活性化に寄与したことが評価され、多角化経営部門に選ばれました。
この度の受賞、誠におめでとうございます。そして今後とも、亀岡市内での生産・加工に注力いただき、雇用創出などにつなげていただくことを期待しております。

高校生から貴重な提言をいただきました

2018-1214 2018-1215

このたび、南丹高校で「市長からのミッションに対する提言会」を開催いただきました。この提言会は、南丹高校3年生が地域との連携、活性化を目的とした調査・研究を行う授業「総合的な学習の時間~課題研究Ⅱ~」の中で、5月に私から提示した研究テーマにかかる「ミッション」について、約半年間にわたり探究活動をいただき、その結果をプレゼンテーション形式で示していただいたものです。
生徒たちの熱の入った研究発表には大変感銘を受け、講評では「それぞれの切り口で調査を行い、自分たちの研究結果を示してくれたことをうれしく思います。これからも頑張っていってください」とエールを送らせていただきました。

亀岡市は「プラスチックごみゼロ」宣言!

2018-1216 2018-1217

海を汚すプラスチックごみは地球規模の問題となっており、世界では、使い捨てプラスチックの削減に向けた動きが加速しています。亀岡市は、平成24年に内陸部の自治体で初めて「海ごみサミット」を開催し、保津川から海に漂着するごみをなくす取り組みを進めてきたところです。そして次なるステップとして、12月13日、使い捨てプラスチックごみゼロのまちを目指し、湊市議会議長とともに「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を行いました。今後、自然環境の保全と地域経済の活性化を推進するとともに、活動をさらに深化させ、「世界に誇れる環境先進都市」の実現に向けて取り組んでまいります。

城下町地区における架線迂回・協同溝整備の促進に向けて

2018-1218

12月13日、「亀岡市議会新清流会」から亀岡市へ要望書を提出いただきました。
同要望書は、亀岡祭での山鉾巡行において複数の架線を交差する現状があることをふまえ、架線の迂回、電線共同溝の整備促進についての内容となっています。
亀岡市は今後も、地域との連携を深め、よりよいまちづくりを進めてまいります。

花と緑あふれるまちを目指して~第5回「オープン会議」開催~

2018-1219

12月17日、亀岡で活動する団体の皆さんと、直接向き合いこん話する「オープン会議」第5回を開催しました。NPO法人亀岡・花と緑の会の11人に参加いただき、オープンガーデン事業や新たな緑化活動などについて、情報・意見交換を行いました。
※これまでに実施した会議の内容などは市ホームページでご案内しています。

絶品、亀岡牛を食卓へ

2018-1220 2018-1221

12月16日、亀岡市食肉センターにおいて、平成30年度枝肉共励会が開催されました。同共励会は、畜産農家の肉牛生産意欲の高揚と飼育・管理・技術の向上を図るために、亀岡市食肉センター管理組合の主催で、毎年、この時期に行われているものです。
丹精込めて育て上げられた亀岡牛の枝肉32頭分が出品され、審査の上、京都府知事賞や亀岡市長賞など、数々の賞が授与されました。その後、全枝肉は、冬の大変寒い気候の中にも関わらず、熱いせりで次々と買い上げられました。亀岡市内で販売されますので、ぜひ、おいしい亀岡牛をご賞味ください。

障害者福祉備品を贈呈いただきました

2018-1222

12月19日、公益財団法人ダイトロン福祉財団による「第17回障害者福祉備品」贈呈式が行われました。この式は、同財団から障害者福祉の向上を目的に、ダイトロン株式会社の事業所がある亀岡市への地域支援として実施いただいたものです。
この度贈呈された備品は、点字変換ソフトおよびプリンター、災害対応ホイッスル付ライト、デジタルサイネージや障害福祉課専用車両など、意思疎通や災害対策支援用具で、その有効活用により、さらなる障害者福祉の向上が期待されます。
私からは「いただいた備品を最大限に活用し、皆さんに喜んでもらえるように、障害というハードルを乗り越えて、楽しく暮らせる環境づくりを進めていきたいです」と伝えさせていただきました。

別院中学校より葉牡丹をいただきました

2018-1223

12月19日、別院中学校を代表し、生徒会の皆さんが来庁され、丹精込めて育てられた葉牡丹をいただきました。この葉牡丹は、同校の農園において生徒の皆さんにより育てられたものです。淡い色と濃い色のコントラストが美しく、冬の風景に彩りを添えてくれています。
いただいた葉牡丹の鉢とプランターは、市役所玄関前に飾らせていただきました。来庁された際には、ぜひご覧ください。

地域住民の安全・安心のために
12月20日、亀岡市西部地区自治会連合会より「消防西部分署の設置に関する要望書」の提出がありました。同要望書は、西部地区において、緊急車両の現地到達に時間を要する現状があることから、地区近隣への消防分署の設置を求めるものです。
亀岡市では今後、この度の要望書の内容をふまえ、周辺自治体とも連携する中で、安全・安心なまちづくりを進めてまいります。

亀岡の玄関口、JR亀岡駅前を美しく

2018-1225 2018-1226

亀岡市ではこのほど、使い捨てプラスチックごみの削減、そして自然環境の保全に向けて「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を行ったところです。そして12月20日には、美化推進重点地域であるJR亀岡駅周辺において一斉清掃を実施しました。早朝にも関わらず、地元自治会をはじめ企業や学校、団体などから多くの皆さんに参加いただき、土のう袋9袋分のごみを回収することができました。誠にありがとうございました。
亀岡市では今後とも、「世界に誇れる環境先進都市」の実現に向けた取り組みを進めてまいります。
かめおかプラスチックごみゼロ宣言についてはこちら
https://www.city.kameoka.kyoto.jp/kankyousoumu/purazero.html

安全・安心な年越しを

2018-1227 2018-1228

市内各地の消防団や各町の自主防災会などが実施している年末特別警戒が、12月28日~29日に実施されました。この年末特別警戒は、火災の未然防止と早期発見のために毎年実施されている啓発活動で、安全・安心なまちづくりの根幹となるものです。私も激励巡視のため、市議会議長をはじめとする約20人とともに市役所1階エントランスホールに集合した後、班に分かれて市内各所へ出発しました。
また、12月30日には、年末年始において業務を行う市の各施設を激励のために回りました。安心して年末年始を迎えるため、出動・出勤いただいた皆様に感謝いたします。

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る