• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

更新日:2018年11月7日

ここから本文です。

10月の公務

安全で便利な道路の実現に向けて

2018-101 2018-102

亀岡市と大阪都心部を結ぶ幹線道路である国道423号の西別院町笑路から曽我部町犬飼までを結ぶ“法貴バイパス”の起工式が10月2日、曽我部町の法貴ふれあい広場で行われました。
当該区間は急こう配のカーブが続く山間部で、異常気象時には通行規制区間となるため、今回の道路改良により、交通の円滑化と安全性の向上が期待されます。起工式には地元曽我部町と西別院町の自治会がつくる国道423号整備促進協議会の関係者をはじめ約100人が参加され、工事の無事と悲願であったバイパスの着工を祝いました。

色とりどりの花で学校を彩ろう~花づくりコンクール授賞式~

2018-103

子どもたちの健全な育成のために、市内の保育所(園)・認定こども園、幼稚園、小・中学校・義務教育学校で行われる緑化活動や環境教育の取り組みを表彰する「花づくりコンクール」の第25回目の授賞式を、10月3日、ガレリアかめおかで行いました。
今年度は39件の応募があり、市長賞は詳徳中学校、教育長賞には別院保育所・千代川こども園・西別院小学校、都市緑花協会理事長賞に東本梅保育所・大井こども園・青野小学校、審査委員特別賞に南桑中学校が選ばれたところです。また、同コンクール入賞の取り組みについては、写真展示というかたちで市役所1階エントランスホールにて紹介させていただきます。

サッカーデー開催に向けて

2018-104

京都サンガF.C.の選手が亀岡に集う亀岡市サッカーデー2018が10月14日、運動公園で開催されました。それに先立つ10月3日、京都サンガF.C.でキャプテンを務める染谷悠太選手をはじめ同イベント関係者の皆さんが亀岡市役所を訪問されました。
そして面会の折には、「サッカーデーという、子どもたちがプロのプレーを間近で見る貴重な機会を設けていただき、嬉しく思います。また、今シーズンの健闘もお祈りしています」と期待の言葉を伝えさせていただいたところです。染谷選手からは「ホームゲームで皆さんと勝利の喜びを分かち合えるよう、頑張ります」と試合にかける抱負を語っていただきました。

亀岡市選手団の健闘を祈って!

2018-105

10月3日、亀岡市役所で第41回京都府民総合体育大会に出場する亀岡市選手団の激励会を行いました。同大会は府民のスポーツ活動の振興を目的に、毎年夏から秋にかけて開催され、バスケットボールや野球など多様な種目が競われるものです。
激励会では、關本卓男団長に団旗をお渡したほか、大塚製薬(株)より大会優勝を祈念して激励品をいただきました。例年、各種目において上位に入賞している亀岡市選手団の今大会における活躍を市をあげて応援しましょう!

亀岡祭、今年の巡行順が決まりました

2018-106

10月5日、市議会本会議場で亀岡祭の山鉾巡行順を決める「くじ取り式」を執り行いました。
私が奉行役を務めさせていただく中で、各鉾町の代表が順に巡行順を記したくじを引きます。結果、今年の山壱番を引き当てたのは「難波山」となりました。
これから10月25日の本祭・山鉾巡行に向け、旧城下町は祭りのムードが高まっていきます。当日は勇壮華麗な巡行を見に、ぜひお越しください。



 


 

古民家活用で発信、亀岡のまちの魅力

2018-107.JPG 2018-108 2018-109

亀岡市への移住希望者向けお試し住宅・観光客向け一棟貸し宿泊施設である「『離れ』にのうみ」(西竪町)が10月26日に開業します。同施設は、旧亀山城下町にある築100年の古民家をリノベーションしたもので、東洋文化研究者で京都・かめおか観光PR大使のアレックス・カーさんに監修をいただきました。10月7日、その完成を記念し、ガレリアかめおかで「輝きフォーラム2018『地域資源としての古民家の魅力』」を行ったところです。フォーラムにはアレックス・カーさんを迎え、基調講演をいただいたほか、パネルディスカッションを通じ、古民家を活用したまちづくりについて考えを深めました。
また、10月23日・24日、亀岡祭にあわせて「『離れ』にのうみ」の内覧会を開催します。両日とも午後4時~9時、申し込み不要で随時見ていただけますのでぜひお越しください。

「食」と「農」がつながる~アグリフェスタ2018~

2018-1010 2018-1011

10月8日、好天の中、亀岡市農業公園で「食」と「農」について楽しく考える「アグリフェスタ2018」を開催しました。地元産の農産物を販売する軽トラ市や亀岡牛カレー・犬甘野そばなど、おいしい食事がいっぱいのフードコーナー、そしてサツマイモ掘りや丸太切り体験などの体験コーナーに多くの人が訪れました。
亀岡市の豊かな自然に育まれた農産物の魅力、そしてそれを支える農業の大切さについて体感いただき、広く発信する機会となりました。

プロから学ぶ、サッカーの魅力

2018-1012 2018-1013

10月14日、亀岡運動公園において京都サンガF.C.の選手と交流する「亀岡サッカーデー2018」が開催されました。これは同チームのホームタウンである亀岡市で、選手が市民の皆さんと触れ合いながらサッカーの魅力を伝えるイベントです。
子どもたちを対象としたサッカー教室やジュビロ磐田とのトレーニングマッチには約1,200人が来場され、大いににぎわいました。また、ふれあいタイムでは子どもたちやサポーターの皆さんが目を輝かせながら憧れの選手と言葉を交わし、また記念撮影をされていました。
プロの技を身近で感じる貴重な機会になるとともに、選手そしてチームへの愛着を深める素晴らしいイベントとなりました。

可憐な花に平和への願いをこめて

2018-1014

亀岡市の平和の歌“うつくしもの”の歌詞には、平和の象徴としてコスモスが登場します。市立詳徳中学校では、その平和のコスモスを、種まきから始めて生徒たち自らの手で育てる取り組みをされています。10月18日には、市役所を同中学校生徒会の皆さんが訪問され、コスモスの花束を贈呈いただきました。
生徒たちから「いつもお世話になっている市長さんに、感謝の気持ちをこめて摘み取りました」と花束を手渡しいただき、私からは「ありがとうございます。花を育てるのはいいことです。これからもこの取り組みを続けていってください」と感謝の言葉を伝えました。

子どもたちによりよい授業環境整備を

2018-1015

10月19日、亀岡商業協同組合と有限会社マルセンから、金約11万7千円の寄付をいただきました。
これは、8月7日から31日までの間、亀岡市立小・中学校へのクーラー設置のために、ふれ愛カードを利用した皆さんなどから寄付を募ったものです。いただいた寄付は、教育設備充実のために使わせていただきます。ご協力ありがとうございました。

市役所をペーパークラフトで

2018-1016

亀岡市在住で、大阪万博のパビリオンなど、数多くの模型(ペーパークラフト)を制作し、幅広く活躍されている進太郎さんの作品である亀岡市庁舎の模型を、10月19日、進太郎さんの制作のサポート・プロデュースをされている長谷川裕さんから寄贈いただきました。
300分の1スケールで細部まで見事に再現された庁舎模型は、市役所1階エントランスホールに飾っていますので、お立ち寄りの際にはぜひご覧ください。

「麒麟がくる」の題字を寄贈いただきました

2018-1017

10月24日、市民で書家の千葉直秋さん(雅号:秋鳳先生)から、和紙に筆で書かれた「麒麟がくる」の題字の作品を寄贈いただきました。明智光秀公を主人公にした大河ドラマ「麒麟がくる」の制作決定でさらに亀岡市が盛り上がるよう、千葉さんをはじめ多くの市民の皆さんにご協力をいただいているところです。寄贈いただいた作品は、2020年の放送に向けて活用させていただきます。この度は誠にありがとうございました。

西脇京都府知事が亀岡祭を視察されました

2018-1018

10月24日、幻想的な雰囲気に包まれる亀岡祭宵宮を西脇京都府知事が視察されました。西脇知事は私とともに、お囃子が響き、幻想的な行灯の灯りに包まれる城下町を巡られ、各山鉾や趣向を凝らしたギャラリーなどを観ながら、鉾町の皆さんを激励されていました。亀岡が誇る秋祭りを見学いただいたことで、その伝統文化の魅力を体感いただくとともに、市民との交流を通じ、本市への理解を深めていただく機会となりました。

亀岡祭・山鉾巡行、にぎわう城下町

2018-1020 2018-1019

10月25日の亀岡祭 本祭、さわやかな秋晴れのもと、クライマックスを迎えました。豪華絢爛な山鉾が城下町を巡行し、市内外からの観覧者で大いににぎわいました。私もくじ改めの場において奉行役を務めさせていただき、間近で町衆の皆さんの心意気に触れることができました。

中学生たちの想いを市政に

2018-1022 2018-1021

亀岡市の次代を担う中学生が議員となる「亀岡市中学生議会」が、10月27日、亀岡市議会本会議場で行われ、市内8校から23人の中学生に出席いただきました。
中学生ならではの視点でまちづくりへの意見や市政への質問を行ったほか、中学生議員全員から決議案の提案がありました。本決議は全員の起立により表決されました。
なお、議会に続いて亀岡市議会議員と中学生による意見交換会も実施しました。選挙権年齢の引き下げにより政治や選挙が身近なものになった中学生たちにとって、議会の雰囲気を体感してもらい、市の業務内容の一端を知ることにより地方自治への関心を高め、まちづくりを考える場となりました。

亀岡市とmont-bellが包括協定を締結!

2018-1023

10月28日、亀岡市は(株)モンベルと協力し、関西屈指のスポーツ拠点を目指し、四方を囲む山々や雄大な保津川、豊富なアウトドア資源を活かしたまちづくり、シティプロモーションに取り組んでいくこととして包括連携協定を締結しました。
協定締結式は、インテックス大阪で開催中の「モンベルクラブ・フレンドフェア2018」内で行われ、(株)モンベル辰野勇代表取締役会長とともに協定書に署名したところです。今後、両者が手を携え、スポーツ、アウトドア資源を活用したまちづくりを進めていくことを確認しました。

さらに深まる交流、蘇州市訪問団

2018-1024 2018-1025

10月29日、亀岡市と友好交流都市盟約を結ぶ中華人民共和国江蘇省蘇州市の訪問団が亀岡市を訪れ、文化交流を行いました。
訪問団の皆さんには、丹波亀山城址を見学の後、市役所を表敬訪問いただきました。私も去る10月20日から23日まで、江蘇省国際友好都市40周年記念式典への出席のため訪中した際、歓迎を受けたことに感謝の言葉を述べるとともに、両市が今後も相互の発展に向けて絆を強固にしていくことを確認しました。
また、両市の友好の証しである「蘇州園」(亀岡運動公園内)において記念植樹を行ったほか、市民交流会としてオカリナ演奏や日本舞踊の披露、チャイナドレスや刺繍といった蘇州市が誇る文化も紹介されました。最後には、全員で亀岡音頭を踊り、参加された市民のみなさんとも友好が深まりました。

さらなる営農の推進へ向けて

2018-1026

10月29日、国営緊急農地再編整備事業「亀岡中部地区」曽我部工区の着工に伴う地鎮祭・起工式が曽我部町で行われました。この地域は、稲作を中心とした農業地帯ですが、ほ場が狭く不整形なため、大型の機械を使用することが困難でした。また一部のほ場では、排水不良も生じており農作業の支障となっていました。
今後、国、京都府、亀岡市をはじめ各関連機関と連携し、ほ場整理事業(区画整理)を行い、耕作者の皆さんの長年の悲願である農業生産基盤に向けた整備が進められます。

「女性100人会議」亀岡市障害児者を守る協議会の皆さんと開催

2018-1027

10月31日、亀岡で活動する女性の皆さんと、直接お会いしてこん話する「女性100人会議」第6回を開催しました。亀岡市障害児者を守る協議会23人と、お茶を飲みながら和やかな雰囲気の中、情報・意見交換を行いました。支援学校や事業所、グループホームなどの障害者施設の充実、親が介助などをできなくなったときの行政サービス、災害時の避難体制などについて話し合いました。
今回の会議も含め、これまでに実施した会議の内容などは市ホームページでご案内していますので、あわせてご確認ください。

お問い合わせ

市長公室秘書広報課広報広聴係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5003

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る