• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2016年12月26日

ここから本文です。

市議会の構成

市議会は、市民から選ばれた議員で構成され、条例、予算、決算などの議案を審議し、議決する機関として重要な役割を果たしています。
また、市政が正しく運営されているかチェックすることも、市議会の大切な仕事です。

議員

市議会を構成する議員は、4年ごとの選挙によって選ばれます。議員の定数は、条例により24人と決めています。
現在の第16期市議会議員の任期は、平成27年2月5日から平成31年2月4日までとなっています。

議員名簿

議長・副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
議長は市議会の代表者としての仕事をするほか、議会の秩序を保つなど重要な役目を持っています。
副議長は、議長が出張やその他の用務などで不在のときに議長に代わって職務を行います。

会派

会派とは、市政に関して同じような意見や考えを持った議員がつくるグループのことです。議会運営をより合理的に進めることが出来る利点があり、本市では申し合わせにより所属議員3人以上で結成することができます。

定例会と臨時会

市議会は、一年中開かれているわけではありません。亀岡市の場合は、毎年3月・6月・9月・12月に開くことになっています。これを「定例会」といいます。そのほか、必要に応じて開くものが「臨時会」といいます。
定例会も臨時会も、市長が日を決めて招集しますが、議員定数の4分の1以上の議員から臨時会の開催請求があったときは、市長は臨時会を招集しなければなりません。

本会議

本会議は、議員全員が集まって開く会議で、議員定数の半分以上が出席しなければ成立しません。議会に提出された議案などの可否を決めるための大切な会議で、議長が議事を進行します。
市長は議案を提案した理由を説明し、議員は議案や市の諸課題についての質問や意見を述べます。

委員会

議案などは、最終的に本会議で採決を行いますが、その前に、いくつかの行政分野に分かれて審議した方が効率よく、詳しく審査できます。そこで「委員会」が設けられています。
委員会には、常時設置の「常任委員会」「議会運営委員会」と、必要なときに設置する「特別委員会」があります。
現在、亀岡市議会では次のとおり常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会を設置しています。
なお、予算・決算特別委員会は議案が提案された時、必要に応じて設置します。

常任委員会

常任委員会の構成

委員会名

定数

所管事項

総務文教常任委員会

8人

議会事務局、市長公室、企画管理部、生涯学習部、総務部、会計管理室、教育委員会、監査委員の所管に属する事項および他の常任委員会の所管に属さない事項

環境厚生常任委員会

8人

環境市民部、健康福祉部、市立病院の所管に属する事項

産業建設常任委員会

7人

産業観光部、まちづくり推進部、土木建築部、上下水道部、農業委員会の所管に属する事項

議会運営委員会

議会運営委員会の構成

定数

所管事項

7人

議会運営に関する事項

議会の会議規則、委員会に関する条例などに関する事項

議長の諮問に関する事項など

特別委員会

特別委員会の構成(平成27年3月定例会で設置)
委員会名 定数 設置目的
公共交通対策特別委員会 7人 市民の移動権を確保する公共交通対策の推進を図る。
桂川・支川対策特別委員会 7人 日吉ダムの運用並びに桂川本川および支川の総合的な治水・利水対策の推進を図る。

 

平成28年6月定例会で設置
委員会名 定数 所管事項
京都スタジアム(仮称)検討特別委員会 12人 京都スタジアム(仮称)に関すること

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

議会事務局議事調査係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5051

FAX:0771-25-6965

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る