• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 亀岡市議会 > 議会改革・議会活性化 > 議会改革・議会活性化の取り組み

更新日:2017年8月1日

ここから本文です。

議会改革・議会活性化の取り組み

亀岡市議会では、より開かれ、充実した議論のできる市議会を目指し、さまざまな取り組みを進めています。

その取り組みは、平成10年10月の議会運営委員会で全国市議会議長会の「地方分権と市議会の活性化」に関する調査研究報告書を参考として議論を開始しました。その後、議会運営に関する各項目について協議を続け、議長交際費の公開や議員定数条例の制定(28人とする)などを行いました。

平成15年には議会活性化検討委員会を設置して議論を本格化し、一般質問での一問一答制の導入や政務調査費の領収書の公開などに取り組んできました。また、ホームページ掲載項目の充実やさらなる議員定数の削減(28人を26人に削減)などを実現し、平成18年12月に検討委員会の最終のまとめを行いました。

平成19年には議会活性化推進委員会を設置してインターネット中継をはじめとする、開かれた議会を目指して取り組みを進めました。また、議会基本条例制定特別委員会を設け、平成22年に議会基本条例を制定しました。

平成23年には議会改革推進特別委員会を設置し、約40の検討項目について、2年間、21回に及ぶ会議を行い、文書質問の導入や反問権の拡大のほか、本会議の休日開催や会期の見直し、議会の通年化、議員定数および議員報酬の検討など、多岐にわたる議論を行ってきました。また、議会基本条例の趣旨に基づき、議会報告会の開催や議会だよりの改編・充実により市民の皆さんに分かりやすく身近な市議会を目指す取り組みを進めてきました。

平成26年は任期最終年として、これまでの取り組みを振り返り、議会基本条例の目的に照らした検証・見直しを行いました。今後より一層、議員間における政策的な議論の充実を図り、議会の政策形成機能を向上、発揮していく観点から、市民参加機会の拡大、市政の監視機能の強化、効果的な広報広聴など、議会基本条例の所要の改正を行いました。また、次期選挙から議員定数を削減(26人を24人に削減)する条例改正などを行いました。

平成27年からは、改選による新たな議会構成のもと、市民とともに歩む議会をめざしてさらに挑戦していくことを認識し、議長の諮問により議会活性化の検討を行っています。平成27年8月には子ども議会、平成28年8月には高校生議会を開催し、また、平成28年度は任期の中間年として、議会基本条例の検証(評価)・見直しを行い、議会基本条例を改正しました。

平成29年度においてもインターネット中継のスマートデバイス対応など、亀岡市議会の目的である市民福祉の向上に資する議会であり続けられるよう、積極的な取り組みを進めています。

 

議会改革・議会活性化の経過
分類 主な取組内容
11 情報公開 傍聴の手話通訳・要約筆記者の配置、身体障害者補助犬同伴の傍聴に対応
11 広報 エントランスホールでのモニター放映を開始
12 情報公開 議長交際費を公開
13 広報 女性議会を開催(1月27日・主催:ゆうあいフォーラム実行委員会・亀岡市)
13 議会運営 議員定数条例を制定(議員定数を28人とする。当時の定数は30人)
14 情報公開 常任委員会・会派の視察結果報告を議会図書室で閲覧公開(実施は13期から)
14 広報 市議会ホームページの開設
14 広報 日曜議会を開催(12月15日代表質問)
15 議会運営 (第13期~)議員定数28人(改正前30人)
15 議会運営 議会活性化検討委員会を設置
16 議会運営 代表質問で一問一答制を導入(6月定例会から)
17 議会運営 個人質問で一問一答制を導入(6月定例会から)
17 情報公開 政務調査費に係る領収書の公開(平成17年度分から)
17 情報公開 議長交際費をホームページで公開(平成17年度分から)
17 広報 子ども議会を開催(8月26日・主催:亀岡市教育委員会・亀岡市)
18 議会運営 議員定数条例を改正(議員定数28人を26人に削減)
18 情報公開 視察報告、質問通告書をホームページで公開
18 議会運営 本会議や委員会出席時の費用弁償(交通費)と審議会委員報酬を廃止
19 議会運営 (第14期~)議員定数26人(改正前28人)
19 議会運営 4常任委員会を3常任委員会に統合
20 議会運営 亀岡市政治倫理条例を制定
20 議会運営 議会活性化推進委員会を設置
20 広報 各議員の議案に対する賛否を議会だよりなどで公開
21 議会運営 常任委員会の月例開催(4月から)
21 広報 本会議のインターネット中継(ライブおよび録画配信)を開始(12月定例会から)
21 情報公開 会議録検索システムの公開
22 広報 土曜議会を開催(9月11日代表質問)
22 議会運営 亀岡市議会基本条例の制定
22 議会運営 決算審査における事務事業評価手法の導入
22 議会運営 本会議および委員会で理事者反問権(論点整理のための制限有)を付与
22 広報 議会報告会の開始
23 議会運営 (第15期~)議員定数26人(変更なし)
23 広報 広報広聴特別委員会の設置
23 広報 各定例会後に議会報告会を開催(自治会を単位として3会場同時開催)
23 情報公開 政務調査費収支報告書をホームページで公開
23 議会運営 議会改革推進特別委員会を設置
23 広報 議会だよりの改編・充実(タブロイド版からA4・12ページ版へ)
23 情報公開 委員会傍聴の許可制を廃止(届出制へ)
23 議会運営 反問権の拡大(制限の撤廃)
23 情報公開 議員団研修の公開(11月10日)
23 情報公開 委員会会議記録、会議資料の公開
24 広報 議会だよりの改編・充実(12ページ版から16ページ版へ)
24 広報 議会報告会の開催数増加(1回3会場から6会場へ)
24 広報 土曜議会を開催(3月10日代表質問)
24 議会運営 文書質問制度の導入
24 議会運営 暴力団排除条例の制定(委員会政策提案)
25 議会運営 議会改革推進特別委員会解散(2月臨時会)
25 議会運営 広報広聴特別委員会解散、広報広聴会議設置(3月定例会)
25 広報 土曜議会を開催(3月16日個人質問)
25 広報 予算・決算特別委員会のインターネット録画配信を開始
26 広報 議会フェイスブックの開設
26 広報広聴 わがまちトーク(市民との意見交換会)をテーマ別に開催(放課後児童会について、議会の広報広聴について)
26 議会運営 亀岡市議会基本条例の検証・見直し(9月定例会条例改正)
26 議会運営 会議における請願者の意見聴取機会の確保(基本条例)
26 議会運営 附帯決議などの議会提言に対する執行機関の対応報告請求(基本条例)
26 議会運営 議員定数条例を改正(議員定数26人を24人に削減)
27 議会運営 (第16期~)議員定数24人(改正前26人)
27 広報 議長記者会見の実施、記者会見用バックボードを議長室に設置
27 広報広聴 わがまちトーク(NPOとの意見交換会)を開催
27 広報広聴 子ども議会(~ともに考え、一緒につくろうふるさと亀岡~)を開催(市制60周年記念事業)、要望事項を市長に提言
27 議会運営 出産に伴う会議の欠席に関する規定を整備(会議規則)
28 議会運営 会議出席時の費用弁償(交通費実費相当額)を支給
28 広報広聴 議会報告会の開催方法変更(年4回、各回6会場で開催(自治会一巡)から、年2回(3月・9月定例会後)1会場開催に変更。)
28 広報広聴 わがまちトーク(自治会との意見交換会)を開催
28 広報広聴 高校生議会を開催
28 議会運営 亀岡市議会基本条例の検証・見直し(12月定例会条例改正)
28 議会運営 文書質問制度の見直し(議員の質問権を議会の調査権に改正(議会基本条例))
28 議会運営 政策研究会(議員の調査活動形態)の規定化(議会基本条例)
28 議会運営 監査委員の常任委員就任
29 広報 インターネット中継・録画配信のスマートデバイス(スマートフォン、タブレットなど)対応を開始

 

お問い合わせ

議会事務局議事調査係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5051

FAX:0771-25-6965

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る