• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 予算・財政 > ふるさと納税制度 > 平成27年度ふるさと納税活用事業のご紹介

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

平成27年度ふるさと納税活用事業のご紹介

平成26年度までに寄附いただいたふるさと納税(京都・亀岡ふるさと力向上寄附金)を活用し、下記の事業を実施しました。

亀岡の自然環境の素晴らしさを子どもと大人が共に学ぶ講座を開催しました

ふるさと納税の充当額:230,000円

【活用事業】ふるさとを愛する豊かな心を育む事業

【事業内容】「亀岡生き物大学」事業

地球環境問題の解決のため、亀岡の自然環境の素晴らしさを子どもと大人が共に学び、自然や命の大切さを実感することにより、環境問題を真剣に受けとめることができる人づくりをめざし、地球環境子ども村にて「亀岡生き物大学」などを実施しました。

【主な成果】

  • 亀岡生き物大学(特別講座含む):28回開催(参加人数延べ969人)
  • 地球環境子ども村来村事業:4団体866人受入
  • 学校や地域、他団体との連携事業:13回開催(参加人数延べ1,241人)

子ども村事業の様子

ファミリーサポートセンター事業を実施しました

ふるさと納税の充当額:270,000円

【活用事業】いきいき健やか健康な心とからだを育む事業

【事業内容】ファミリーサポートセンター委託事業

(社福)亀岡市社会福祉協議会へ委託し、育児の援助を受けたい人と育児の援助をしたい人が登録し、保育園・幼稚園の登園前や終了後の預かり、保育園・小学校などの休み時の援助などの子どもの世話を、困ったときに会員同士が地域の中で一時的に有料で援助しあう事業を実施し、子育て支援体制の充実に取り組みました。

【主な成果】

  • ファミリーサポートセンター会員数:755人
  • ファミリーサポートセンター相互援助活動:2,300回

ファミリーサポートセンター委託事業

亀岡市の環境のシンボル「アユモドキ」の生息環境保全を図りました

ふるさと納税の充当額:110,000円

【活用事業】アユモドキが棲めるきれいな環境を守る事業

【事業内容】アユモドキの生息環境の保全・回復事業

亀岡市保津地域アユモドキ保全協議会が行う事業への支援を通して、アユモドキの救出や外来魚の駆除、啓発活動などの、天然記念物「アユモドキ」の生息環境保全を行いました。

【主な成果】

  • 渇水時のアユモドキの救出活動:2回開催、53尾救助
  • 外来魚駆除活動:2回開催、オオクチバス・ブルーギル779尾駆除

アユモドキの生息環境の保全・回復事業

自治会などとの協働でまちの花づくりの推進に取り組みました

ふるさと納税の充当額:190,000円

【活用事業】花と緑いっぱいのまちを創る事業

【事業内容】わがまちの花づくり推進事業

自治会などが実施するわがまちの花づくり推進事業への支援を通して、緑ゆたかな潤いある街づくりに努めました。

【主な成果】

  • わがまちの花づくり推進事業補助金交付事業:19件

わがまちの花づくり推進事業

亀岡光秀まつりを開催しました

ふるさと納税の充当額:130,000円

【活用事業】観光及び産業の振興に関する事業

【事業内容】観光入込客増加促進事業

43回目となる亀岡光秀まつりを開催しました。このお祭りは、初代亀山城主である戦国時代の智将・明智光秀公の遺徳を偲び、市民をあげて顕彰するもので、5月3日には勇壮な武者行列が城下町を練り歩きました。

【主な成果】

  • 亀岡光秀まつり来場者数:41,000人

観光入込客数増加促進事業

亀岡祭の山鉾の囃子鉦すり棒の新調などを行いました

ふるさと納税の充当額:80,000円

【活用事業】伝統芸能並びに地域文化の伝承及び育成に関する事業

【事業内容】亀岡祭山鉾行事保存継承事業

亀岡市を代表する有形・無形の民俗文化財である亀岡祭山鉾行事について、山鉾連合会への支援を通して、保存継承とにぎわいの創出を行いました。

【主な成果】

  • 山鉾の囃子鉦すり棒の新調
  • くじ改め式場の紅白幕・山門幕の新調

亀岡祭山鉾行事保存継承事業

市民やNPOのまちづくりへの支援を行いました

ふるさと納税の充当額:40,000円

【活用事業】市民や地域団体、NPO等の主体的な地域づくりを支援する事業

【事業内容】まちづくり推進事業

市民と行政の協働のまちづくりの実現に向け、市民やNPOの活動への支援を行いました。

【主な成果】

  • 亀岡市支えあいまちづくり協働支援金交付事業数:14件

まちづくり推進事業

インターナショナルセーフスクールの国際認証を取得しました

ふるさと納税の充当額:5,096,000円

【活用事業】その他目的達成のために市長が必要と認める事業

【事業内容】セーフスクール事業

けがおよびその原因となる事故、いじめ、暴力を予防することによって、安全で健やかな学校や保育所づくりを目指すインターナショナルセーフスクールに取り組み、平成27年10月3日に小学校1校・保育所9園で国際認証を取得しました。

【主な成果】

  • 認証件数:小学校1校・保育所9園
  • 保育所修繕:44件
  • 小学校遊具修繕:55件

セーフスクール事業

中学3年生に保津川下りを体験してもらいました

ふるさと納税の充当額:1,000,985円

【活用事業】その他目的達成のために市長が必要と認める事業

【事業内容】ふるさと体験学習事業

ふるさと亀岡を愛する心を育て、生きる力・個性を伸ばす人材育成につなげるため、亀岡市PTA連絡協議会への支援を通して、市内の中学3年生を対象にした保津川下り体験を実施しました。

【主な成果】

  • 保津川下り参加者:283人

ふるさと体験学習事業

 参考

平成27年度ふるさと納税活用事業のご紹介(概要)(PDF:625KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室ふるさと創生課ふるさと推進係

電話番号:0771-25-5060

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る