• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 産業 > 農業 > 農業振興支援 > 亀岡産農産物の安全性確保について

更新日:2012年2月8日

ここから本文です。

亀岡産農産物の安全性確保について

亀岡産農産物の安全性確保について

亀岡産農産物は、京都府で放射性物質モニタリング検査が計画的に行われており、現時点で、放射性セシウムおよび放射性ヨウ素とも「不検出」の検査結果が出ています。この結果は、亀岡産農産物の安全・安心を科学的に証明するものです。

亀岡の美しい水と空気、豊かな自然に育まれた「亀岡牛」並びに「亀岡産野菜」をどうぞ、安心してお召し上がりください。

亀岡市では、今後とも放射性物質対策に万全を期し、安全・安心な亀岡産農産物を生産者と一丸となって提供し続けます。

美しい水と空気に育まれた「亀岡牛」は安全・安心です。

汚染された稲わらなどを牛に給与していたことが原因で、牛肉から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題を受け、京都府が確認を行った結果、東北・関東地域からの稲わらなどが、亀岡牛生産農家に流通・使用していないことが確認できました。

美しい水と空気に恵まれた亀岡で肥育された「亀岡牛」。そのブランド牛肉については、今後とも安全・安心を確かなものとするため、平成23年12月に検査機器を設置し、亀岡市の食肉センターで扱う亀岡牛の放射性物質の全頭検査(※)を実施しています。(現在のところ、放射性物質は検出されていません。)引き続き、美しい水と空気に育まれた「亀岡牛」の安全性確保に努めていきます。

(※)NaI(ヨウ化ナトリウム)シンチレーションスペクトロメータによる検査です。(検査限界:30Bq/kg)

福島原子力発電所事故に対応し、京都府で放射性物質モニタリング検査が実施されています。これまでの検査結果では、亀岡産の野菜は、放射性セシウム、放射性ヨウ素とも不検出であり、亀岡産野菜の安全・安心が確認されています。

今後も、米をはじめとした農作物について、計画的にモニタリング検査が行われる予定となっています。


お問い合わせ

産業観光部農林振興課営農推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5036

FAX:0771-25-4400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る