• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 情報政策 > 亀岡市RPA導入に伴う行政事務の効率化に関する実証業務の結果について

更新日:2019年8月13日

ここから本文です。

亀岡市RPA導入に伴う行政事務の効率化に関する実証業務の結果について

亀岡市では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入により業務を効率化し、余力化できた時間を、付加価値の高い業務や、新業務にあてることで、住民サービスの向上を図り、働き方の見直しによる総勤務時間を縮減することで、職員の個々の事情にあったワーク・ライフ・バランスの実現を目指したいと考えています。

しかしながら、RPAの導入にあたっては、改善可能な対象業務や適正なRPAソフトの選定、シナリオ作成・管理における体制の整備などの多くの課題があることから、RPAの試行的導入により業務改善効果の評価・検証を行うため、公募型プロポーザルにより受託事業者を選定し、RPA導入に伴う行政事務の効率化に関する実証を行いました。

このたび、実証事業の成果や課題などを、RPAの実証業務に関する報告書として取りまとめました。

実証期間

平成31年2月1日から平成31年3月29日まで

受託事業者

京都市中京区烏丸三条上ル場之町604

西日本電信電話株式会社京都支店

実証事業の成果

RPAを試行した6業務すべての手作業時間が削減した。
合計455時間の削減効果を得られた。(削減率は平均54%)

  1. 市・府民税の0円申告情報の入力業務(税務課)
  2. 20歳到達リストからの情報登録業務(市民課)
  3. ワンストップ特例関係処理業務(ふるさと創生課)
  4. 職員アンケートなどの集計業務(各課)
  5. 建設工事などにおける設計単価などの情報公開業務(契約検査課)
  6. 公式ホームページにおけるSNSからの特定情報の公開業務(秘書広報課)

実証事業の報告書

亀岡市RPA導入に伴う行政事務の効率化に関する実証業務

『RPAの実証業務に関する報告書』(PDF:3,092KB)

 


データ名

RPAの実証業務に関する報告書(ワード:2,176KB)

データの概要・説明

亀岡市RPA導入に伴う行政事務の効率化に関する実証業務での効果・検証を取りまとめたRPAの実証業務に関する報告書です。

データの分野

市政

データのジャンル

RPAの実証業務に関する報告書

データのグループ

行財政情報

データの形式

docx

ライセンスの形態

CC BY-NC-ND

データの基準(作成)日

2019年03月31日

データの更新(掲載)日

2019年08月09日

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課情報化推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る