• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

更新日:2020年2月18日

ここから本文です。

ゆう・あいネットVol.41

男女共同参画情報紙「ゆう・あいネットVol.41」(2020年2月発行)

ゆう・あいネットVol.41(1-4面)(PDF:2,338KB)

1面

ゆう・あいネットVol.41

あなたに、わたしに新しい発見!心豊かな暮らしを…

編集・発行

  • 亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係
  • 〒621-8501亀岡市安町野々神8
  • 電話0771-25-5075、FAX0771-22-6372
  • 電子メールjinken-keihatsu@city.kameoka.lg.jp

DIVERSITY

私とあなたは違う、けれど私とあなたは同じ

私たちは多様性社会の一員なのだ

※diversity:ダイバーシティは「生物多様性」「遺伝的多様性」「文化多様性」あるいは労働における「人材の多様さ」といった概念を指す語として用いられる。

令和元年9月から11月にかけて開催されたラグビーワールドカップ2019日本大会。今大会の日本代表31人のうち、外国出身の選手は15人で、過去最多でした。国籍や出身地を超えた「桜の戦士」が全力を尽くし、日本中が盛り上がりました。

イラスト、画像省略

2面

THE多様性5

下記の項目を読み、「Yes」か「No」を考え、ご自身の考えにあてはまる矢印の方向に進んでください。※次の項目は編集会議で考えたものであり、あくまでも参考としてお楽しみください。

♦以下、チャート内の文章のみ掲載します。

START多様性という言葉を知っている。

 

どの性別を好きになるのかは、人それぞれ違う。

仕事や収入など、社会的な男女格差はなくすべきだ。

性別は、男と女、この2つ。

地域における様々な格差はなくすべきだ。

若者は経験不足で、高齢者は柔軟性がないということはない。

人を見た目で判断してはいけない。

大人でも間違うことがある。

子どもも意見を持っていい。

人間性は学歴では判断できない。

障がいの有無や年齢に関係なく就職の採用は行われるべきだ。

一度もハラスメント※をしたことがない。

※ハラスメント・・・他者に対する発言・行動などが相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたりすること。

♦以下、分類内の文章のみ掲載します。

あなたは素晴らしく愛に溢れた多様性のある人です。あなたが「正しい」と思うことをすれば、問題ないと思います。

 

あなたは多様性を受け入れようと努力している人です。もう少しだけ前に進めると多様性をすんなり認められるようになりそうです。実はもう気付いているのでは?

多様性人間ってほどでもなく、無理解人間ってこともなく。優しい気持ちで一歩足を踏み入れられれば、あなたは多様性社会を自然に受け入れられる素敵な人になられると思います。

あなたは多様性社会にまだ慣れていないようです。たまたま多様性に気付かずに生きてこられたあなた。今からでも遅くはありません。これを機に現状を知り、新しい世界、多様性社会の一員になることをお勧めします。

あなたは新しいことを受け入れるのが苦手な人です。レッテルを貼り、固定観念に縛られてしまっているのでは?このチェックで多様性社会に興味を持っていただいたと確信しています。毎号目を通し、意見などいただければ嬉しいです。

イラスト省略

3面

COLUMN~映画にみる多様性~

FILM No.1 性別

「おっさんずラブLOVE or DEAD」

2019年 114分 日本

3人の男たちの恋愛を描いたテレビドラマ「おっさんずラブ」。2018年の新語・流行語大賞トップテンに選出されるなど人気を得た。劇場版ではさらに2人の男性も加わり「五角関係」へと発展!?どこから見てもエリートサラリーマンの上司が愛情たっぷりのお弁当作りの達人で、可愛い恋心を見せる姿がコミカルに描かれている。コメディー調になっているが、実際にこんな形があってもいいかなと思わせる作品。

FILM No.2 人種

「グリーンブック」

2018年 130分 アメリカ

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部。黒人ジャズピアニストと彼に雇われたイタリア系白人運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りにコンサートの旅を続ける中で友情を深めていく。行く先々で運転手と間違えられるピアニスト。黒人専用の宿に泊まらねばならず、拍手喝采を浴びながらも「客は理解があるように見せているだけだ」と嘆く姿や、最初は彼を受け入れられない運転手の家族の姿が当時の現実を物語っている。

 FILM No.3 貧困

アニメ「フランダースの犬」

1975年 全52話 日本

原作はイギリス人作家ヴィーダの同名小説「フランダースの犬」。幼くして両親を亡くし、祖父と貧しい暮らしを送っていた心優しい主人公ネロは弱った高齢犬パトラッシュを飼うことになり、幸せな暮らしを送っていた。しかし、村の風車が火事となり、村人に犯人だと疑われ、辛くなったネロは家から逃げ出すことに。その結果、ネロは行き倒れになり、両親や祖父のいる天国へと旅立つことになった。

FILM No.4 家族

「いろとりどりの親子」

2018年 93分 アメリカ

ニューヨークタイムズ紙ベストブックなどアメリカ国内外で50以上の賞を受賞し、世界24か国で翻訳されたベストセラーノンフィクションを原作にしたドキュメンタリー。自閉症、ダウン症、LGBTといった「違い」を抱えた子どもを持つ6組の親子が直面する困難、戸惑い、その経験から得られる喜び、そして親から子への愛情が描かれている。

 新連載~デートDVスタディ~1.(立命館大学産業社会学部 斎藤真緒教授)

Q:デートDVの認知度はここ10年でどれくらい変わりましたか?

A:マスメディアでも、デートDVという言葉が使われるようになり、テレビドラマでも、恋人による過度な束縛がテーマになるなど、全般的な認知度は上がってきていると思います。また、殺人事件や傷害事件を契機として、依然として不十分ながらも、デートDVに関する法整備は進展してきています。未婚であっても同居している恋人同士が、DV防止法の対象となりました。またインターネット時代への対応として、メールやSNSでのつきまといも、ストーカー規制に含まれたほか、リベンジポルノ防止法も制定されました。しかし、根本的なデートDVに対する理解は依然としてすすんでいないように思います。特に、暴力にはいろんな形があるということについては、まだ十分知られているとは言い切れません。DV=身体的暴力と、狭く理解していると、知らず知らずのうちに暴力に巻き込まれていたり、暴力を振るっていることもあります。特に、デートDVの場合に気をつけなければならないのは、「社会的暴力」と言われる、行動や対人関係のコントロール、束縛の行為です。なぜ「社会的暴力」が一番問題視されるかといえば、デートDVの主たるターゲットである10~20代が、他の世代と比較して、一番ケータイの利用率が高いからです。ケータイは恋愛や友達関係において便利なツールであると同時に、相手のコントロールや束縛にも利用されます。ケータイで24時間繋がれる関係が当たり前になればなるほど、相手との距離や自分だけの時間をつくることが逆に難しくなってきています。また、デート代を常に男性に支払わせるといった、主に女性から男性に対する「経済的暴力」への理解も十分とはいえません。

画像・イラスト省略

4面

男女共同参画講座「男性のためのスキルアップセミナー」を開催しました

令和元年9月26日(木曜日)に男女共同参画講座「老若男女の共同参画で地域に活気を!」をテーマとして開催しました。講師には京都産業大学現代社会学部の教授である伊藤公雄さんをお招きし、少子高齢化の進行する日本の経済やまちづくりの課題解決に多様性が必要であることや、男女共同参画の歴史、今後男性にどのような変化が求められるのかなどのお話をしていただきました。受講者からは「多様性がある社会・組織のほうが活性化していることにデータ面からも気づくことができ、男女共同参画に取り組むことの重要性をより認識できた」、「男女共同参画の歴史と今後の課題などが分かった」などの感想が寄せられました。今後も各種セミナーを開催します。男性の受講者はまだまだ少ない状況にありますが、男女が共に考えることで家庭・地域など日々の生活の充実や地域の活性化につながります。男性の積極的な参加をお待ちしています。

11月12日から25日は女性に対する暴力をなくす運動の期間です。

♦男女共同参画講座「ドメスティックバイオレンス~その見えにくい支配と社会の問題~」♦

フェミニストカウンセラーの竹之下雅代さんを講師にお招きして令和元年11月27日(水曜日)に男女共同参画講座「ゆう・あいセミナー」を開催しました。

 

♦パープルリボンメッセージ展を実施しました♦

11月17日(日曜日)に「大切な人との間で暴力をなくすため」、「お互いを大切にするため」に私たちができることについて来場者に一言メッセージを書いて、模造紙に貼ってもらいました。

~お詫びと訂正~

ゆう・あいネットVol.40の紙面内で3か所「男女共同参画社会基本法」とすべきところ、「男女共同参画基本法」とする記載誤りがありました。訂正しますとともに、お詫び申し上げます。

♦編集後記♦

○この十年余りで、社会の多様性はずいぶん進んだように思います。少数派の立場は向上しつつありますが、逆に多数派が少数派になっていくこともあります。常に変化する社会で暮らす私たちに必要なのは「思いやりの心」や「自分で考えること」だと感じました。

○『ダイバーシティー』???お台場の新しいスポット?ダイビング用語?最初にこの言葉を聞いた時、恥ずかしながらそう思った私。最近は講演やセミナーのタイトルにも使われていて、よく目にするようになり馴染みのある言葉になってきましたね。

ゆう・あいネット編集スタッフ

森下明美

松井由香里

画像・広告省略

記事に関するお問い合わせやご意見がありましたら次までお願いします。

亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

電話0771-25-5075、FAX0771-22-6372

電子メールjinken-keihatsu@city.kameoka.lg.jp


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5075

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る