• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

更新日:2016年2月19日

ここから本文です。

 

ゆう・あいネットVol.32

男女共同参画情報紙「ゆう・あいネットVol.32」(2015年9月発行)

ゆう・あいネットVol.32(1-4面)(PDF:1,968KB)

1面

ゆう・あいネットVol.32

あなたに、わたしに、新しい発見!心豊かな暮らしを…

発行・編集

  • 亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係
  • 郵便番号621-8501亀岡市安町野々神8
  • 電話0771-25-5075、ファックス0771-22-6372
  • 電子メールjinken-keihatsu@city.kameoka.kyoto.jp

「非常食」あれこれ考えてみよう

9月1日は防災の日です。災害への備えについて再確認してみましょう。

チェック1:近くの避難場所・避難施設を知っている

  • 万一の時あわてないために、周りの人達と事前に確認しておきましょう。亀岡市のホームページでも避難場所の一覧をご覧いただけます。

チェック2:災害用伝言ダイヤルのかけ方を知っている

  • 電話が込み合ってつながりにくい時でも安否確認ができます。Vol.30でも取り上げました。
  • 災害用伝言ダイヤル「171」→ガイダンスに従って録音・再生ができます。

チェック3:ご近所の配慮が必要なお宅を知っている

  • 高齢者などは災害時の安否確認が遅れることがあります。「あのお宅は独り住まいで車イス生活の○○さん」とわかっていれば安心です。

チェック4:家族の予定や居場所が思い当たる

  • 家族の交遊関係(遊びに行っている先)や習い事の曜日など、大体見当がつけば、いざという時すぐに連絡がとれます。

チェック5:非常食を家に備蓄している

  • 備蓄してあっても「美味しくない・期限が切れていた」など…ありませんか?

「いざという時あわてないために!」「ふむ。そうじゃな~。」イラスト省略

意外と準備がおろそかになってしまっていませんか?今回はあらためて「非常食」について調べてみました。

詳しくは中面へ

2面

「非常食」は誰の担当?

平成26年度に実施した「亀岡市男女共同参画に係る市民の意識と実態調査」で、家庭内における男女の役割分担についてたずねました。

  • Q.あなたの家庭では、次のことについて、主に男性と女性のどちらが行っていますか?

  • (家事は)「主に女性」が行っている→76.3%(グラフ省略)
  • 出典:「亀岡市男女共同参画に係る市民の意識と実態調査」結果から抜粋

7割以上の人が、『家事は「主に女性」が行っている』との回答でした。

「育メン(イクメン)」や「家事男(カジダン)」といった言葉がはやる一方、「家事は女性がするもの」といった意識はまだまだ根強くあるようです。

さて、今回の特集テーマは「非常食」。皆さんの家庭では、「非常食」の準備や点検を誰が行っていますか。もし、家族の誰か一人にまかせているのであれば、ぜひ、この機会に「非常食」について学び、災害への備えは万全か、家族で話し合ってみましょう。

井上さんちの「非常食」を紹介します♪

井上さんへのインタビュー

私は、阪神淡路大震災発生当時、大阪に住んでいました。住まいの倒壊や火災からは免れたものの、途切れるライフラインや閉店する店舗、復旧目途が立たない交通機関を目の当たりにし、まずは自分で出来ることを始めようと、非常持ち出し袋を用意するようになりました。

過去の「ゆう・あいネット」の防災特集でも、少なくとも3日分の食料や水を備蓄しようと書いてあったので、食料(非常食)を中心にそろえています。

写真省略

  • ペットボトル入り保存飲料水「亀岡の水道水保津川のめぐみ」は、市役所でも購入できます。
  • 主食・副食・甘味・水は、最低限そろえたいものです。
  • 賞味期限3年の缶入りデニッシュパン。そのおいしさは、まさに非常食グルメ!
  • 水で調理できるパスタやご飯もあります。非常食売場が近くに無い場合は、インターネット通販でも購入できます。

「チューブ入りチョコレートをお湯にとかすと、ホットドリンクのできあがり♪」イラスト省略

3面

非常食あれこれ

レトルトのおかゆ

  • そのままでも食べることができ、水分も同時に摂取できます。

缶詰

  • 魚や肉だけでなく、野菜やパンの缶詰もあります。塩分や油分が多いものは、胃腸に負担をかけないよう注意が必要です。

フリーズドライの野菜

  • おかゆやスープに混ぜて栄養を摂ることができます。

シリアル

  • 栄養価が高く、甘みは緊張をほぐす効果もあります。

ドライフルーツ、チョコレート、お菓子など

  • 避難所で子どもが騒いだりすると、周りの視線が気になることも。好きなお菓子があれば、そんな場面で役立ってくれるでしょう。大人も甘いものを口にすることでホッと一息つけるのではないでしょうか。

災害が起こった時、私たちの心はとてつもなく心細さや不安、恐怖を感じるでしょう。主食や副食、水はもちろん、疲れ果てた心と身体を癒してくれる「非常食」をあらかじめ考え、準備しておくことも大切ではないでしょうか。

おすすめ図書

「生き延びるための非常食[最強]ガイド」エクスナレッジ編集部編者/2011年発行

非常食の基礎知識から、定番の非常食や健康を維持するための食事法などが、分かりやすくまとめられています。チェックリストもついており、ポケットサイズながら心強い一冊です。

写真省略

防災・災害と男女共同参画について

「亀岡市男女共同参画に係る市民の意識と実態調査」では、防災・災害に関連して次のような設問があります。

  • Q.あなたは、防災・災害復興で性別の配慮が必要なことは何だと思いますか?(複数回答)
  • 避難所の設備(男女別のトイレ・更衣室、防犯対策)→72.7%(グラフ省略)
  • 出典:「亀岡市男女共同参画に係る市民の意識と実態調査」結果から抜粋

「男女別のトイレや更衣室、防犯対策の整備は、私たちの安全・安心に関わる大切な問題です。皆で話し合い、考えましょう。」イラスト省略

編集スタッフより

今回の「ゆう・あいネット」では、災害への備え、特に「非常食」の大切さについて取り上げてみました。

非常持ち出し袋は、押入れに入れておくのではなく、すぐ持ち出せるところに置いておくべきですね。準備するときは、楽しんですることも大切だと思いました。出来る範囲で、おいしいものや好きなもの、便利なものを準備すると、面倒な作業だと感じなくなるのではないでしょうか。日頃、家で料理をしない人も、ストックしている缶詰などを利用した非常食レシピを探してみたり、実際に作る練習をしておくのも良いかもしれません。

そして、非常事態かどうかに関わらず、ご近所に住む配慮が必要な人たちへ普段から心を配り、目を配る。必要な時には手を貸す。また、役割分担を決める際は、性別や年齢だけで割り振らず、お互いに協力しながら行う。こういったことがあたりまえの社会になることが望ましいと心から思います。

4面

市制60周年記念亀岡市男女共同参画推進事業「ゆう・あいフォーラム2015」

とき:11月15日(日曜日)午前10時~午後4時

ところ:ガレリアかめおか

講演会:午後1時15分~3時(午後1時30分講演開始)

「自立した幸せな生き方」~女と男、しなやかに楽しく生きる~

講師:石蔵文信(いしくらふみのぶ)さん(大阪樟蔭女子大学学芸学部健康栄養学科教授・医学博士)

オープニングで、ゆう・あいフォーラム企画運営委員が手話コーラスを披露します。

その他の企画

  • ワークショップ(一部有料のものがあります)
  • 「ゆう・あいフォーラム2015」参画団体等の活動紹介パネル展
  • 編笠だんご、パン、作業所自主製品の販売など

「ヒューマンフェスタ2015inかめおか~いのちと平和笑顔でつなぐ~」と同時開催。

詳しくは、「キラリ☆亀岡」おしらせ(11月1日号)または市ホームページをご覧ください。

写真省略

「亀岡市男女共同参画に係る市民の意識と実態調査」について

  • 調査対象:亀岡市在住の満20歳以上の男女2,000人を無作為抽出
  • 調査期間:平成26年10月1日~24日
  • 調査方法:郵送による配布・回収
  • 有効回収数:697通(有効回収率34.9%)

平成27年5月15日付けで、本調査に関する結果報告書(ダイジェスト版)の市内組回覧を行いました。

「報告書は、市役所1階の市民情報コーナーや、市ホームページでもご覧いただけます。」イラスト省略

編集後記

  • 非常食、一度に買い集めようとすると…ひとつひとつが高い。意味ないだろうな、と思って手を引っ込めるか、コツコツ続けるか。非常食に限らず。
  • 喉元過ぎれば…で、いい加減になってしまっていた非常食について、再度考える良い機会になりました。使わずに済んで良かったと思いながら、定期的に整理する習慣をつけたいです。
  • 初参加で、右も左も分からないまま突っ走った感のあった今回でした。読者側の新鮮な意見をアピールすべく、次号も頑張りたいと思います。ああ、楽しかった!
  • 備蓄、保存食、堅苦しく考えるのではなく、楽しく選んで美味しく味わう。しばらく色んな保存食の試食が我が家のブームになりそうです。

ゆう・あいネット編集スタッフ

  • 井上美佐緒
  • 彼末寧子
  • 森内裕子
  • 森下明美

記事に関する問い合せや意見がありましたら次までお願いします。

  • 亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係
  • 電話0771-25-5075、ファックス0771-22-6372
  • 電子メールjinken-keihatsu@city.kameoka.kyoto.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5075

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る