• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 男女共同参画 > 計画 > 男女共同参画のキーワード

更新日:2013年10月31日

ここから本文です。

男女共同参画のキーワード

ジェンダー

人間には生まれついての生物学的性別(セックス/SEX)がある。一方、社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」「女性像」があり、このような男性、女性の別を「社会的性別」(ジェンダー/gender)という。「社会的性別」は、それ自体に良い、悪いの価値を含むものではなく、国際的にも使われている。

 ジェンダーに敏感な視点

「女らしく」「男らしく」といったジェンダーを基礎とした思い込みを排し、人間として物事をとらえようという視点。

ジェンダー・エンパワーメント指数(GEM)

女性が政治および経済活動に参加し、意思決定に参加できるかどうかを測るもの。具体的には、国会義意に占める女性の割合、専門職・技術職に占める女性の割合、管理職に占める女性の割合、男女の推定所得を用いて算出する。また、最近ではこれまでのGDI(ジェンダー開発指数)とGEM(ジェンダーエンパワーメント指数)にかわり、男女間に存在する不平などを明らかにする指標としてGII(ジェンダー不平など指数)が使用されている。

ワーク・ライフ・バランス

 仕事と生活の調和がとれた状態を示す。仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章ではこれを実現した社会を「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」とされている。

ポジティブ・アクション

積極的改善措置。さまざまな分野において、活動に参画する機会の男女間の格差を改善するため、必要な範囲内において、男女のいずれか一方に対し、活動に参画する機会を積極的に提供するものであり、個々の状況に応じて実施していくもの。審議会など委員への女性の登用のための目標の設定や、女性公務員の採用。登用の促進などが該当する。

隠れたカリキュラム

学校における制度や慣行、教員の言葉や態度などを通して、無意識のうちに子どもたちに伝承され、影響を与えてしまう事柄。

家族経営協定

家族経営が中心の日本の農業が、魅力ある職業となり、男女を問わず意欲を持って取り組めるようにするため、経営内において家族一人ひとりの役割と責任を明確にするなど、農業経営を担っている世帯員相互のルールを文書にして取り決めたもの。

エンパワーメント

力(パワー)をつけること。政治・経済・社会・家庭など社会のあらゆる分野で、自分で意思決定し、行動できる能力を獲得すること。

リーガルリテラシー

法律や条例、条約などの法的知識を習得し、理解し、主体的に活用することができる力のこと。

メディア・リテラシー

メディアの内容を読み解き、主体的に選択し、活用できる能力のこと。メディアが描き出す男女のあり方や役割は、私たちの意識に大きな影響を与えている。多くの場合、メディアは、性別役割分担を固定化して描いたり、型にはまった男女のイメージを繰り返し流している。メディアに描かれるジェンダーを批判的に見抜けるよう、メディア・リテラシーを身につけることが重要。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツ

女性の性と生殖に関する健康と権利のこと。女性自身の全生涯を通した身体と性の健康が、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であること。安全な出産調整と自己決定の確立が重要だとされている。

パートナーシップ

お互いを自立した存在として認め合い、対などな立場で連携・協力し合う関係。市民と行政のパートナーシップの他に、男女のパートナーシップ、国同士のパートナーシップなどがいわれている。

ドメスティック・バイオレンス(DV)

 夫婦や恋人など婚姻の有無を問わず親密なパートナー間の身体的心理的暴力のこと。暴力には、身体的暴力(なぐる・蹴るといった行為)、心理的暴力(大声で怒鳴る、何を言っても無視するなどの行為)、経済的暴力(生活費を渡さないなど経済力を奪う行為)、社会的暴力(交友関係やメールの内容などを監視する、外出を禁止するなどの社会的に隔離する行為)、性的暴力(性的行為を強要する、避妊に協力しないなどの行為)などがあり、多様な形態をとる。2001年(平成13年)に配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(DV防止法)が制定された。

セクシュアル・ハラスメント

性的嫌がらせ。男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会報告書「女性に対する暴力についての取り組むべき課題とその対策」(平成16年3月)では、「継続的な人間関係において、優位な力関係を背景に、相手の意思に反して行われる性的な言動であり、それは、単に雇用関係にある者の間のみならず、施設における職員とその利用者との間や団体における構成員など、さまざまな生活の場で起こり得るものである。」と定義されている。

 

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5075

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る