• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2012年3月8日

ここから本文です。

ゆう・あいネットVol.25

男女共同参画情報紙「ゆう・あいネットVol.25」(2012年2月発行)

1面

亀岡市男女共同参画情報紙「ゆう・あいネットVol.25」
発行/編集

亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係
〒621-8501亀岡市安町野々神8

電話0771-25-5075ファックス0771-22-6372
電子メール:jinken-keihatsu@city.kameoka.kyoto.jp

ゆう・あいネット

あなたに、わたしに新しい発見!心豊かな暮らしを・・・

特集ジェンダーの視点で考えてみよう!

ちまたでよく聞くこのことば

集めてみました!!

最近の流行語

最近、耳にしている新語や流行語。みなさん、語源や意味は分かりますか?たとえば・・・、

  • 肉食系女子
  • 草食系男子
  • カジダン
  • イクメン
  • ソフリエ
  • うちカフェ
  • うち食
  • なか食
  • 弁当男子
  • なでしこジャパン
  • エンディングノート
  • 終活
  • 婚活
  • 離活
  • 燃え尽き症候群
  • パワハラ
  • モラハラ
  • おねえキャラ
  • ソーシャルメディア
  • どや顔
  • スマホ

あなたは、いくつ知っていましたか?

2面3面ジェンダーの視点で考えてみよう!ちまたでよく聞くこのことば

なでしこジャパン

2011年ワールドカップで優勝したサッカー女子代表チーム「なでしこジャパン」。このなでしこが、日本女性の美称である『大和撫子(やまとなでしこ)』から由来するのを知っている人がどれくらいいるでしょう?

『大和撫子』と聞くと「奥ゆかしい、男性の後ろを三歩下がってついていく」女性のイメージですが、「なでしこ」という言葉からは“決してあきらめない、芯の強い、明るくて元気な女性像”が思い浮かぶのは、やはり彼女たちの影響が大きいかもしれません。言葉もやはり、その時代背景を色濃く反映している象徴だと感じます。

おねえキャラ

“おねえ”とは女装家や性転換した男性を呼び、今ではテレビ番組などで見聞きしない日がないほどに。従来の「男性像」とは異なる強烈なイメージは、近年、目を引く存在かも。その個性の出し方、存在感は強く印象づけられます。

ソーシャルメディア

ミクシィー、フェイスブック、ツイッターなど、一度は耳にしたことがあるのでは?SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれ、インターネット上のページに自分が何か書き込むと、すぐに反応があって、簡単にお友達になれてしまうという感じです。

記事や写真についてたくさんの人からの反応がすぐに返ってくるのは、楽しい半面、個人情報をどこで露出すべきかなどの問題も。

うまく使えば、便利なものですが、ネット上の世界に入り込み、その中だけでコミュニケーションが成り立っているのも危険ですね。

婚活(こんかつ)/離活(りかつ)

婚活=結婚活動のこと。結婚するために必要な行動。

離活=離婚活動のこと。離婚するために必要な行動。

テレビドラマにも取り上げられるほど一般的になった言葉ですが、就職難やバブル崩壊などで、男性は結婚後共働きを希望する傾向にあり、一方20歳代女性では「専業主婦願望」は高まっています。

(2009年男女共同参画白書より)

草食系男子(そうしょくけいだんし)/肉食系女子(にくしょくけいじょし)

草食系男子とは恋愛に積極的でない男性を指し、恋愛以外でも様々な場面で草食動物のように穏やかでおとなしい男子が増えています。

一方、肉食系女子とは草食系男子の対語で、恋を手に入れる為に自ら積極的に行動する女性を意味します。

うちカフェ/うち食(うちしょく)/なか食(なかしょく)/弁当男子(べんとうだんし)

外食が日常化しているなか、仲間や家族とゆったりくつろぐために家庭で食事を楽しむ人たちが増えています。素材から調理してみんなで食べる「うち食」。買ってきた惣菜やお弁当で楽しむ「なか食」。家でスイーツやコーヒーなどを味わう「うちカフェ」、お弁当を手作りする男性「弁当男子」など。

好きな時に好きなものを好きなだけ食べられる時代だからこそ、どこで何を選んで食べるかは重要に。口に美味しいだけでなく、体が喜ぶ食材を取り入れることも大切です。食を通して、元気な身体を作りましょう。

イクメン/カジダン/ソフリエ

『イクメン』とは、育児を楽しむ、育児を積極的に行う男性を意味する言葉。「いい顔の男」意味する「イケメン(イケてる面・メンズ」から転じて生まれました。共働き夫婦の増加により家事を担う男性を『カジダン』。どちらも言葉が生まれたとたんブームのような扱いに。育児にも、“カッコいい”イメージがあると、男性も関わりやすくなるようです。

近頃では、共働き夫婦に代わって孫の面倒を見る祖父を『ソフリエ』(ソムリエから由来)と呼び、NPO法人が実施する検定試験もあります。日本社会全体で、子育てをする意識が高まっている「証し」なのでしょうか?

でも、まだまだ家事は、母親、女性の手伝い的な要素が強いのでは?

エンディングノート/終活(しゅうかつ)

終活=「人生の終わりに向けての活動」ということ最期の時に向けて葬儀や墓の準備を始めること

「万一」に備えて自分の希望を記入しておくための「エンディングノート」が話題になっており、たくさんの種類が出版されています。生命保険をはじめ、財産関係や介護延命治療の必要性などをわかりやすく記しておく事は、残される家族への思いやりです。

高齢者だけでなく、30代から40代といった世代でも自分たちがこれまで生きてきた道のりを振り返り、今後どう生きていくのかの指標として注目されます。

スタッフより

新語ができるたびに「これ、いったい誰が言いだしたのかな?うまい表現だ。」と思います。その言葉が生まれる背景には、さまざまな時代の価値観が映し出されています。この時代にはこんな出来事があって、人々はこんな思いで生きているのだという一面を『流行語』として多様な社会を生き続ける現代人に一石を投じているのだと思います。

4面

子育て・家事互いに支えあい共同参画を

ゆう・あいフォーラム2011開催報告

平成23年11月23日(祝日・水曜日)、ガレリアかめおかで男女共同参画推進事業ゆう・あいフォーラム2011を開催しました。

講演会前には、ゆう・あいフォーラム企画運営委員が手話コーラスを披露。手話の説明を行った後、会場の皆さんと一緒に大合唱しました。また、会場内では市内を拠点に活動しているグループによるワークショップを開催するとともに、カレーやパン、手づくり寿司などの販売でにぎわいました。ヒューマンフェスタ2011との同時開催により、家族連れがロビーギャラリーを行き交い、にぎわいのある一日となりました。

正木明さんの講演

講演会では、気象予報士・防災士の正木明さんが、子育て、家事、互いを尊重し合い支えあう“正木家のルール”について、わかりやすく、気さくに語りかけられ、会場は和やかな雰囲気に。テレビで見るのと変わらない正木さんの講演は、大変好評でした。

各種事業のおしらせ

各種セミナー・講座を開催

男女共同参画社会の実現を目指し、幅広い世代の市民が興味を持てる内容で多彩な講師をお迎えし、各種講座を開催しています。あなたも参加してみませんか?

KYISS登録グループからの新規事業のおしらせ

保育サポートあったかmam(あったかマム)

亀岡子育てネットワークでは、保育サポート事業「あったかmam」を運営しています。各種講座・講演・イベントなどに出張し、保護者が安心して参加できるようお子さまたちを安全に大切にお預かりしています。木のおもちゃも多数揃えており、子どもたちが楽しい時間を過ごせるよう、子育て経験および資格を持つスタッフがお手伝いさせていただきます。

保育対象

生後6カ月以上~就学前

基本料金(スタッフ1人につき)

1時間:1000円

交通費:500円

保育セット(おもちゃなど):1000円

詳細はお問い合わせください。

連絡先

NPO法人亀岡子育てネットワーク

電話・ファックス0771-20-1556(9時半~17時)

E-mail:attaka-mam@k-kosodate.net

編集後記

  • 流行語から変化していく社会を感じた時、物事の二面性を痛感・・・・・・。日本古来の価値観の中で「これは」と思う事は大切にしながら新しい感覚を受け入れる柔軟さを持つ人でいたいです。
  • 言葉が流行し定着するのは社会背景を分かりやすく表現しているからです。「ああ、なるほど」と納得しやすいですね。社会変化により、時代を映す言葉も年々多様化してきました。私たちは、それだけ多くの社会現象の中で『自分の生き方』を見つめていかなくては。と思います。
  • 流行語。「ナウい」って言葉があったなあと思い出します。今は、ツイッターなどでよく使う「〇〇〇(場所の名前)、なう」。こちらの方が英語的には正しいのかな。
  • 私達は、日々たくさんの言葉に囲まれて生活しています。新しい言葉が生まれては消えていき、社会の変化を感じます。そんな中、自分のみんなも明るく、元気になれるような言葉をたくさん使っていきたいなと思いました。

ゆう・あいネット編集スタッフ

北山尚美

田中沙季

福嶋悦子

森下明美

記事に関するお問合せやご意見がありましたら下記までお願いします。

亀岡市生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

電話0771-25-5075ファックス0771-22-6372

電子メールjinken-keihatsu@city.kameoka.kyoto.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5075

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る