• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 男女共同参画 > お知らせ > 「ゆう・あいフォーラム2016」開催報告

更新日:2016年12月28日

ここから本文です。

「ゆう・あいフォーラム2016」開催報告

平成28年11月20日(日曜日)に、「ゆう・あいフォーラム2016」をガレリアかめおかで開催しました。

開催趣旨

ゆう・あいフォーラムは、性別にとらわれず、誰もが自分らしく生きられるまち・亀岡を目指し、男女共同参画意識の浸透や参加者の相互交流・ネットワーク化を図るため、市民と行政の協働で開催しています。

 フォーラム2016集合写真

 

ゆう・あいフォーラム2016企画運営委員

 

 

 

 

 

企画運営委員会は、フォーラムの開催趣旨に賛同する市内のグループ、団体、個人と亀岡市で運営しています。

 

 

開催日時
平成28年11月20日(日曜日)午前10時~午後5時

開催場所
ガレリアかめおか

参加人数
約850人

開催内容

講演会

講演会オープニング

講演に先立ち、企画運営委員がゆう・あいフォーラムのテーマソング「You&I」を手話を交えて歌いました。また会場の皆さんとも一緒に手話コーラスを行い、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

2016手話コーラス

桂川市長のイクボス宣言

 講演会講師にお招きした安藤哲也(あんどうてつや)さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)に立ち合っていただき、 市長が「イクボス」(職場で働く職員のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司)になることを宣言しました。宣言するにあたり、市の副課長級以上に賛同者を募ったところ、市長を含めて122名が宣言、賛同しました。

市長は「子育てしやすく、働きやすい環境をどう作っていくかを亀岡の未来に向けた取組として進めており、そのために、まず役職をもった職員が理解をして環境を整え、市役所から民間企業や団体にも広めていきたい」と述べました。

イクボス宣言記念撮影

亀岡市イクボス宣言文(PDF:217KB)(別ウィンドウで開きます)

講演会

 講師:安藤哲也(あんどうてつや)さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)

テーマ:「イキイキ生きる親が社会を変える ~仕事と生活のベストバランス~」

市長のイクボス宣言に引き続き安藤哲也さんが講演を行いました。仕事と家庭どちらかを犠牲にするのではなく、寄せ鍋型のワーク・ライフ・バランスの感覚を持ってライフの中に仕事、子育て、介護、地域活動、趣味などの自分のベストバランスを考えることが大切で、地球上で父親ほど素晴らしい仕事はなく、母親を幸せにすることで父親自身も笑顔になり、それが子どもの幸せにつながると述べられました。

安藤哲也さん講演会

市民企画によるワークショップ(全11企画)

男女共同参画の視点を持って地域で活動するグループや団体が企画・運営するワークショップを開催しました。

 ジェンダーコント「これって変だね!」オムニバス集

 <ジェンダーフリーのまちづくり会議>

1階特設ステージでジェンダーの意識に気づいてもらおうとコントを行いました。

ジェンダーコント

日常の生活の中にある「これって変だね!」と思う事を学校編・自治会編・リストラ編で演じました。一億総活躍と言われる社会に向け、女性の力が発揮できるよう、「ジェンダー」の視点から問題提起しました。

ハワイアンフラ

<新日本婦人の会亀岡支部>

 日頃、サークルとして活動しているフラダンスを1階特設ステージで発表しました。

ハワイアンフラ

講演とゲーム「笑顔でAかめ」『みんなの認知症予防ゲーム』

<くらしを見つめる会>

 

「みんなの認知症予防ゲーム」を体験していただくことで、その趣旨を知り、少しでも日常生活に取り入れて認知症予防につなげられるよう楽しく学び、色々なことを話し合えました。

くらしを見つめる会

講演会「子どもと家族にやさしい社会とは?」-子ども・若者から見える教育の今-

<新日本婦人の会亀岡支部>

新日本婦人の会講演会

中西潔(なかにしきよし)さん(立命館大学講師)を講師に迎え、「そもそも教育って何?」を柱に、男女共同参画推進の歴史や憲法など豊富な内容について学びました。

手づくりで 楽しく!

<亀岡地区更生保護女性会>

手づくりで楽しく!1ぼうし

犯罪防止、非行防止などの「防止」と「帽子」をかけ、これらの「防止」を願って帽子作りを行いました。他には万華鏡や飴入れの小さいバスケット作りも行いました。和気あいあいと楽しい雰囲気で盛り上がっていました。

写真展「しあわせのかたち」

<トコトコの会京都>

しあわせのかたち

障がいのある子どもを家族が撮った写真約70点を展示しました。それぞれの写真に添えられたメッセージには子どもに寄せる家族の思いが綴られ、子どもや家族の「しあわせのかたち」を表現しました。

ポップなカードで繋がろう!

<亀岡市働く女性の家・亀岡市勤労青少年ホーム>

ポップなカードで繋がろう!

パソコンを使い、大人は名刺づくり、子どもは名刺サイズのカードやシール、子ども免許証などを作成。カードは自己アピールのコミュニケーショングッズとして使ってもらいました。

カラータイプで心を見つめてみよう

<色キャンバス>

カラータイプ

色彩心理をベースにして作られたカラータイプカードを使い、選んだカードからジェンダーの視点で自分を客観的に見つめ、新たな気づきを得ていただきました。

夫婦ぜんざいで家族の輪

<京都府女性の船「ステップあけぼの」亀岡支部>

夫婦ぜんざい1夫婦ぜんざい2

美味しいおぜんざいを提供し、輪投げ遊びで楽しんでいただきました。輪は荷造りひもを参加者で協力して三つ編みで仕上げていただき、遊んだあとはプレゼントしました。

おはなしの世界でホッ!と

<おはなしのへや‟さらな”>

おはなしのへやさらな

絵本などの読み聞かせを行い、おはなしの世界の楽しさや、本を読んだり聞いたりすることの喜びを感じてもらいました。子どもから大人まで「ホッ!」とするひとときを過ごしていただきました。

パープルリボンメッセージ展

<ゆう・あいフォーラム2016企画運営委員会>

パープルリボンメッセージ展2016

11月12日から25日までの「女性に対する暴力をなくす運動」期間中、暴力根絶の象徴である“パープルリボン”について皆さんに知っていただこうとワークショップを実施しました。メッセージカードを書いたり、パープルリボンの絵柄などの缶バッジを作製したりと、多彩な催しで幅広い世代の人にパープルリボンやDVについて知っていただきました。

 

各種展示コーナー

<ゆう・あいフォーラム2016参画グループ・団体など活動紹介>

団体パネル展示1団体パネル展示2

ゆう・あいフォーラム2016参画のグループ・団体やKYISS(亀岡ゆう・あいサポートシステム)登録グループ・団体などの活動をイラストや写真を交えながら展示しました。

<ゆう・あいフォーラムのあゆみ展示>

あゆみ・告知

平成9年10月に、性別や世代などを問わず人として多様な生き方を認め合う社会、男女共同参画社会の実現を目指して、趣旨に賛同する市民の手で第1回「ゆう・あいフォーラム」を開催し、今回第21回を迎えました。フォーラムのこれまでのあゆみを写真とメッセージでつづりました。

<ゆう・あいステッププランと亀岡市男女共同参画条例>

条例プラン

平成23年3月に策定した「ゆう・あいステッププラン~亀岡市男女共同参画計画~」と亀岡市男女共同参画条例(平成15年4月1日施行)の内容を展示しました。

販売コーナー

第3亀岡作業所菜の花グループ

 

菜の花グループ・ワークスおーい・第三かめおか作業所・土曜サロン「風流音」にご協力いただき、編笠だんごやちらし寿司、パンなど様々な作業所製品やカレーライスなどの販売コーナーを設置しました。どの販売コーナーも好評で、たくさんの人でにぎわいました。

 

今後も市民の皆さんにとって分かりやすい啓発活動に努め、「性別にとらわれず、誰もが自分らしく生きられるまち 亀岡」の実現に向け、事業を展開していきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部人権啓発課男女共同参画推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5075

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る