• 京都・亀岡 ふるさと力向上寄附金(ふるさと納税制度)
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

総合トップ ホーム > 安全・安心・防災 > 防災 > 危機管理 > 弾道ミサイル落下時の行動について

更新日:2017年4月24日

ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動

北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合、日本に飛来する可能性があります。

ミサイル発射の緊急情報は、緊急速報メール(エリアメール)や防災情報かめおかメール、テレビ、ラジオなどの様々な広報媒体を活用して情報配信されます。

弾道ミサイルが落下する可能性があるとの情報を知ったら、即座に爆風や破片から自身の身を守るため、避難行動をとってください。

【屋外にいる場合】

  • 近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

【自動車を運転中の場合】

  • 車のガソリンに引火するおそれがあるため、車を止め、頑丈な建物に避難する。
  • 高速道路など車から出ると危険な場合には、安全な場所に車を止め、車内で姿勢を低くして身を守る。

参考資料  「弾道ミサイル落下時の行動について(その1)」(PDF:222KB)

詳しくは、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部自治防災課防災・危機管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5097

FAX:0771-24-5501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る