• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 安全・安心・防災 > 防災 > 予防・啓発 > 自主防災 平常時と災害時の活動について

更新日:2015年2月24日

ここから本文です。

自主防災 平常時と災害時の活動について

メニュー

平常時と災害時の活動

地域全体を守るため、住民一人ひとりが役割を分担し、平常時と災害時の活動内容を把握し協力しましょう。

情報班

情報を住民に伝える訓練を実施し回覧やチラシなどで防災の啓発活動を行います。

イラスト

市や消防機関からの情報を伝え、地域の災害状況や避難状況を市へ報告します。

イラスト

消火班

消火器具の点検や効果的な消火技術の習熟を行い、住民へ取扱方法を指導します。

イラスト

周辺住民の協力を求めて初期消火を行い、火災の拡大を防ぎます。

イラスト

救出救護班

物資の備蓄・管理を行うとともにマキ炊飯、ろ水器を使った飲料水をつくる訓練などを行います。

イラスト

資機材を用いて救出作業を行うとともに、負傷者の応急手当てをし、医療施設や救護所に搬送します。

イラスト

避難誘導班

複数の避難経路・避難場所を把握しておき、誘導訓練を行います。地域内の危険箇所を把握しておくことも必要です。

イラスト

組織として安全な行動がとれるよう、避難場所まで住民を誘導します。

イラスト

給食給水班

物資の備蓄・管理を行うとともにマキ炊飯、ろ水器を使った飲料水をつくる訓練などを行います。

イラスト

炊き出し、飲料水を確保するほか食料品や救援物資の受け入れ、配給を行います。

イラスト

←前のページに戻る

お問い合わせ

総務部自治防災課防災・危機管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-6788

FAX:0771-24-5501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る