• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 安全・安心・防災 > 防災 > 被災者支援 > 東日本大震災における亀岡市の支援について

更新日:2012年3月9日

ここから本文です。

東日本大震災における亀岡市の支援について

 平成23年3月11日14時46分、東日本で発生した地震および津波によって甚大な被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
 亀岡市は、被災地に対しまして被害救済と復興支援のため必要とされるできる限りの支援を行ってまいります。

東日本大震災における支援施策

亀岡市の支援活動

 亀岡市では、震災直後から取り組んでまいりました下記の支援施策をさらに原則1年間延長し、これからも被災者・被災地の支援に取り組んでまいります。

1.実施済、継続中の支援策

 

支援策名

内 容

1

支援対策本部の設置

東日本大震災への支援のため市長を本部長として「東日本大震災支援対策本部」を設置【3月14日~】

2

災害用備蓄品の提供

本市の災害用備蓄品を京都府を通じ被災地へ搬送
【3月13日】非常用備蓄水「保津川のめぐみ」5,000本
【3月22日】非常用備蓄物資 乾パン1,008食、アルファ化米1,000食

3

被災者支援総合窓口の設置

京都府と連携し、市内に避難されている被災者に、出身市町村からの支援情報など提供のため、被災者相談・登録窓口を設置【4月18日~】

4

被災地支援車両の通行証の交付

【4月1日~】救援物資や人的派遣などで通行する有料道路を「災害派遣従事車両証明書」を発行することにより無料化を図る

5

義援金の受付

【3月14日~9月30日】義援金箱を市役所1階社会福祉課をはじめ、市内公共施設26カ所に設置

【10月1日~】義援金箱を市役所1階社会福祉課に設置

6

支援物資の受付

京都府と連携し、被災地からの要望に基づき、品目、期間を限定し支援物資を受付【3月28日~3月31日】、【4月4日~4月7日】

7

保健師の派遣

被災による避難者の健康管理に係る業務を行うため府保健師2人、長岡京市保健師1人とともに派遣
【5月6日~11日】1人
【場所】福島県会津若松市内(あいづ総合体育館など)
被災による避難者の健康管理に係る業務を行うため府保健師1人とともに派遣
【9月25日~10月1日】1人
【場所】福島県南相馬市

8

「第39回亀岡光秀まつり」における東日本復興支援コーナーの設置

第39回亀岡光秀まつりで、東日本復興支援コーナーを設置【5月3日】
横断幕・のぼり設置、募金箱設置、関東産野菜即売会

9

緊急避難のための公共施設の提供

被災地からの避難者の短期的な受入を市公共施設で実施
【3月18日~22日】福島県からの避難者1世帯6を受入

10

岩手県被災地給水支援

日本水道協会の要請による給水支援:給水車(加圧式2t車)
派遣先(岩手県)
【3月16日~3月21日】第1班:大船渡市、大槌町
【3月30日~4月14日】第2班~第4班:陸前高田市
【5月13日~6月1日】第5班~第8班:陸前高田市

11

児童生徒の転入学

被災児童生徒が住民票を異動しないままの場合でも転入学を可能とする
【期間】平成23年度中、【対象者】被災児童生徒

12

被災地図書館への本の寄贈

福島県内の被災した市町村立図書館への本の寄贈(府立図書館と連携)
【寄贈可能冊数】200冊(一般書150冊、児童書50冊)

13

事務職員の派遣

全国市長会からの要請に基づき、事務職員を被災地へ派遣
【9月20日~9月30日】1人
【10月1日~10月31日】1人
【場所】宮城県仙台市

14

市営住宅の提供

り災証明、被災証明が発行できうる被災者への住宅の提供
【9月28日】受入実施

15

避難者への生活物品の支給

市営住宅などへ入居される避難者に対し生活物品を支給
【9月28日】実施

16

児童生徒にかかる学用品費などの援助

経済的な理由で就学が困難な被災児童生徒に対し就学援助などの手続きを行う
【期間】平成23年度中【対象者】被災児童生徒

17

東日本大震災に伴うチャリティーイベントなどの庁舎使用料の免除

18

被災者などの申し出による各種証明などの手数料の免除

19

国民健康保険料減免

亀岡市国民健康保険に加入の場合、国民健康保険料を減額または免除(震災対応含む現行制度を適用)

20

幼稚園保育料の減額

公立幼稚園の幼稚園保育料の減額
【対象者】本市への避難者(保護者)
【幼稚園保育料】年間84,000円を最大78,000円減額

21

観光入込客数・消費額減少防止事業観光PR活動の推進事業

自然・農産物、地理的条件、歴史、伝統文化を活かし、観光協会・民間団体や市民の皆さまとの連携・協働により、観光入込客数・観光消費額の減少を食い止めるため積極的な観光PR活動を行う
【観光パンフレット増刷、観光PRうちわ作成】

2.準備済の支援策

 

支援策名

内 容

1

手話通訳士の派遣

聴覚障害者へのコミュニケーション支援のため、現地避難所などへの派遣手話【通訳士1ひt派遣可能】

2

宅地危険度判定者の派遣

被災宅地の危険度を判定
【有資格職員の把握】

3

緊急避難のための公共施設の提供

被災地からの避難者の短期的な受入について市公共施設を提供

4

緊急避難のための民間施設の提供

被災地からの避難者の短期または中長期の受入について民間施設、民間住宅を提供
【市民からの申出】申出者数12件

5

児童生徒用の机と椅子の提供

福島県内の小中学校への机・椅子の提供(京都府と連携)
【机】60、【椅子】60

6

文化財救出および、文化財行政サービス建て直しのための支援

被災した公共アーカイブの復旧のための支援および文化財や歴史的資料の救出のための支援
【文化財救出のための用品類の提供】、【資料保存などに関する情報の提供】

7

私立幼稚園保育料の補助

私立幼稚園保育料などの減免に対する補助
【対象者】私立幼稚園設置者
【補助額】年額299,000円[最大]

8

保育所保育料の減免

公立保育所の保育料の減免
【対象者】本市への避難者(保護者)
※保育所入所要件を満たしている人

9

就労の場確保・生活支援策として新規就農希望者への実践農場の整備支援
1担い手養成実践農場整備支援事業
 (1)実践農場の設置、(2)実践的な研修の実施、(3)農業経
 営の開始
2農の担い手新規就農支援事業
 認定農業者・法人に経営技術の習得などを研修・指導する
 ための経費の一部を助成
3就農支援資金助成事業
 返済時に返済額の一部を助成(条件あり)※据置期間後実
 施

10

府中小企業融資制度の融資を受けた中小企業者に「借入保証料助成」、「借入利子補給」を実施
(府融資制度は6月1日~)※借入保証料助成、借入利子補給は借入から1年以降に実施

11

市ふるさと雇用緊急支援助成事業の対象を拡大し、震災避難者など(転入者)を新たに雇用した市内企業に助成金を交付
【対象】市内の中小企業
【内容】新たに6箇月以上雇用(1人目から)
助成金額:障害者雇用250,000円/人、正規雇用200,000円/人、その他50,000円/人(震災避難者200,000円/人)

12

水道水ボトル缶入り保存飲料水の被災地救援物資としての活用

亀岡の水道水の普及・PR用の水道水ボトル缶入り保存飲料水『保津川のめぐみ』1万本を製造
被災地救援物資などとしての活用

 

亀岡市社会福祉協議会の支援活動

 

支援策名

内 容

1

現地災害ボランティアセンターへの支援

「災害時相互支援協定」に基づき、被災地災害ボランティアセンターの運営などを支援するため亀岡市社会福祉協議会から各1名を宮城県に派遣【4月7日~4月13日】、【4月23日~4月30日】、【4月27日~5月4日】、【5月17日~5月24日】、【5月25日~6月1日】

京都中部広域消防組合の支援活動

 

支援策名

内 容

1

緊急消防援助隊の派遣

緊急消防援助隊の京都府隊として、京都中部広域消防組合から救助隊1隊(救助工作車1台)を宮城県南三陸町に派遣し、救助活動を実施【3月11日~4月2日】第1次~第7次、延べ40人

 

亀岡市東日本大震災 被災者相談・登録窓口

 亀岡市では、京都府と連携し、亀岡市内に避難されている被災者の方に、居住されていた市町村からの支援情報などをお届けできるよう、「被災者相談・登録窓口」を設置しています。
 生活再建資金の支給、義援金の配分、応急仮設住宅の提供などの支援情報や、地元の復旧・復興の状況などの情報が被災者に提供されるよう、窓口で登録いただいた情報は、京都府災害支援対策本部を通じて、被災県と被災時に居住されていた市町村に提供します。(支援情報は、被災県または被災時に居住されていた市町村もしくは京都府支援対策本部から提供されます。)

支援物資の受付を一時停止します

 亀岡市では、支援物資の受け付けを一時停止します。
 東日本大震災で被災されました方々への支援物資につきましては、数多くのご提供をいただき、ありがとうございます。
 今までに受け付けをさせていただきました支援物資につきましては、被災地へお届けしておりますが、受け入れ施設の許容量を超える物資が集積されているため、当面の間、一時受け入れを停止させていただきます。
 今後、改めて支援物資の受け付けを再開させていただきます場合には、お知らせをいたしますので、市民の皆様のご協力をお願いいたします。
 なお、今までご提供いただきました支援物資の受付結果は次のとおりです。

災害ボランティアの案内

 災害ボランティアのご希望の人は、「京都災害ボランティア支援センター」まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部自治防災課防災・危機管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-6788

FAX:0771-24-5501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る