• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2017年5月2日

ここから本文です。

運動能力がぐんぐんのびる

3歳

運動もしっかりでき、もの心がついて、たくさんお話できる時期

運動能力がぐんぐんのびる

走ってもめったに転ばなくなり、かなり高い所からでも平気で飛び降りたりします。
運動神経ばかりでなく、平衡感覚の発達も目覚ましく、少しの間なら、片足で立ったり、つま先立ちしたり、走っていても急に止まって、方向を変えたりすることができます。
また、ぶらんこをこいだり、三輪車にも乗れるようになります。なるべく、体がたくさん使える遊びも取り入れていきましょう。

あのねあのね~ことばの発達

3歳時代は、言葉もかなり進歩します。サ行やラ行はまだ完全とは言えませんが、全般的には発音の誤りが少なくなってきます。
好奇心旺盛で、耳新しいことばに興味を示して、それを使おうとしていることで言葉を獲得します。
新しい発見のたびに、お話をしようとしますので、言葉が間に合わず、つい、あせり口調になってしまいます。こんなとき、お父さんやお母さんは子どもの話に辛抱づよく耳を傾けましょう。

平行遊びから協同遊びへ

まだ自己中心的でけんかはしょっちゅうですが、友だち遊びができるようになってきます。けんかをするなかで、友だちと仲良く遊べるようになり、社会性を発達させます。
また、目の前で周囲の大人がやっていることをそのまま真似たり、過去の経験を思い出しながら、ままごとやおうちごっこ遊びを楽しむようになります。
どんどん、お友だちと遊ぶ機会をみつけ、時には、お父さんやお母さんが相手になってあげましょう。

虫歯に注意

とても虫歯が増える時期です。
実際に、亀岡市では1歳半健診で虫歯保有率1.8%ですが、3歳半健診では30.5%に急増しています(平成16年度)。
自分で歯ブラシが持てても、みがき残しがあり、まだまだ大人の磨きなおしが必要です。夜寝る前だけでも仕上げみがきを習慣づけましょう。それから、小学校の低学年くらいまではお口の点検を忘れないでください。

虫歯生活習慣・社会のルールを身につける

3歳ごろになると聞き分けがよくなり、お父さんやお母さんが頼んだことを素直に聞くようになります。また、何でも自分でしたがるようになりますので、食事・排泄・清潔・衣服の着脱なども覚えさせましょう。
社会で生きるためのルールやマナーも、お父さんやお母さんが手本となって少しずつ教えていきましょう。うまくできたら、ほめることも大切です。
保育園や幼稚園に入るころには、外での生活の体験を通して友達と触れ合い、けんかをしながらもうまくやっていけると、相手の立場を考えてしたくないことを我慢したり、譲りあったり、集団の決まりを守ったりして、協同遊びや作業ができるようになります。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来課母子健康係

京都府亀岡市安町釜ヶ前82

電話番号:0771-24-5016

FAX:0771-25-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る