• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2017年5月2日

ここから本文です。

ママ見て

1~2歳

1人で歩けるようになり、新しい世界が開け、新たな発見をしていく時期。まさに、よく遊び!その遊びからよく学びます!!

イラスト

ママ見て!聴いて!!遊んでよ!!!

「歩くの大好き!いろんな物を見て触ってまわりたい!今日もまた道端で変わったものをみつけた。しゃがみこんでのぞきこむ。触ると動き出した。あぁびっくり。これって一体何だろう?」
・・・とママがそれをとりあげて、「ダメヨ、バイバイ、バイ菌ヨ!!」とこわい顔。そして慌てて抱っこされて、車に乗って買い物へ・・・

買い物カートに乗せてもらって、次々と目に飛び込んでくる色、形、・・・「何だろう?」と思う間もなく通りすぎ、単調なカートに乗っているのも飽きてきた。
「退屈だ~!」とぐずってみても、ママは、「ホラ、これ買ってあげるから」と小さな箱を手渡した。

間もなくカートが止まって、ママは誰かとおしゃべり開始。
「こんにちは!」のおばさんの笑顔にうまく返せず、ママにしがみつく。ママは「家ではしゃべるんだけど・・・」と少し残念そうな顔。
やっとママの首に腕を巻きつけ指をすって、気持ちを立て直し、じっと相手の様子を見る。「どうも大丈夫そうな人だ!!今なら話しかけてくれてもいいのになあ~」
ようやく話が終わって、おばさんが何かをさしだした。「ありがとうは?」「バイバイは?」とママがいう。おじぎして「バイバイ」とまねて手を振ってはみたけれど・・・何とも複雑な気分だ!!

買い物が済んで家に帰る。
「やっと遊べる」と思って、ウロウロ。おもちゃをひっくり返し、引き出しの中を見てとりだし、ママのいる台所の方へ持っていき、ママのまねをしようとするが、ママは、またまた困り顔。
せっかく掃除した部屋が散らかり、おもちゃを与えてもすぐ飽きられて、どこからともなく小さく汚いものを探してきては口にしてしまいそうで、家にいても安心して食事の支度もままならないママは、ビデオをつけた。ビデオをつけると子どもはおとなしい。彼もじっとカラフルな映像を見いって、時々、主人公のセリフのまねをしている。
「ホラ!こんなにしゃべれるのにおかしいわ・・・」

こうして、段々、ママとボクのギャップは広がるばかり・・・
「ボクもっと、いきた体験、言葉のやりとりをしたいのに~」と一瞬思っていたボクもインパクトのある音と映像に没頭し、いつしか指を口にし、考えるのを止めてしまった。

そのうちパパが帰ってきた。
「やっと遊んでもらえる!」お風呂に入って、テレビを見て・・・11時。
「もう子どもは寝る時間!」というけれど、何やらママもパパも楽しそうでボクだって一緒に遊びたい! ・・・たしかにちょっとは眠いけど、1人放っておかれるのはイヤだ!でも眠い。眠いけど寝られない。うまく寝られないよ~、エーン、エーン、エーーン!!
とうとう、今日もボクはミルクをやめられず、指をすって眠りに就いた。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来課母子健康係

京都府亀岡市安町釜ヶ前82

電話番号:0771-24-5016

FAX:0771-25-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る