• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

更新日:2017年5月2日

ここから本文です。

まねっこ

生後5~11ヶ月

まねっこで成長する赤ちゃん

赤ちゃんはなぜまねっこが好きなの?

子どもが親をマネるのは、動物の持つ本能のようなものかもしれません。
その行動の裏には「少しでも親に近づきたい」という欲求があるのではないでしょうか。

どうやってまねを覚えていくの?

赤ちゃんは急にマネができるようになるのではなく、生まれた時から要素を持っているのです。
発達するにつれ、大好きなお母さんとの交流を喜ぶようになり、それがやがてお母さんのすることをまねることにつながっていくのです。
つまり、お母さんが日常生活でやっていることのすべてが赤ちゃんのモデルになっているのです。

まねっこで赤ちゃんは何を学んでいるの?

まねっこによって赤ちゃんは同じ行動パターンを繰り返し練習し、それを記憶しています。これが増えるほど、豊かな想像が広がります。頭の中にたくさんのイメージをため込むことは、このあとの言葉の発達を促してくれます。
また、生活の中で見たことをまねることは、生活習慣を身につけることにもなり、赤ちゃんの社会参加の第1歩にもなります。

イラスト

イラスト

お問い合わせ

健康福祉部こども未来課母子健康係

京都府亀岡市安町釜ヶ前82

電話番号:0771-24-5016

FAX:0771-25-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る